人生にゲームをプラスするメディア

『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

『P.T.』の影響を受けた一人称ホラーとして2015年に注目を集め、パブリッシャーTeam17の下で開発が進められていたものの今年6月にデベロッパーのLilithより突如として開発中止が発表されていた『Allison Road』。

ゲームビジネス インディ
『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!
  • 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!
  • 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!
  • 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!
  • 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

『P.T.』の影響を受けた一人称ホラーとして2015年に注目を集め、パブリッシャーTeam17の下で開発が進められていたものの今年6月にデベロッパーのLilithより突如として開発中止が発表されていた『Allison Road』ですが、クリエイターのChristian Kesler氏は彼のビジネスパートナーである妻とともに設立した新レーベル“Far From Home”にて開発を継続することを明らかにしました。




現在は開発を再開するにあたって何が必要かを確認するため、これまでに行われた全ての仕事を再評価。そして物語とフローに僅かな変更を加え始めているとのこと。リリース時期は未定となっています。

過去に公開された映像

『Allison Road』は発表以来、多くのゲーマーが期待を寄せていただけに、開発再開の一報は非常に嬉しいニュースではないでしょうか。今後のさらなる続報を楽しみに待ちましょう。なお、以前Team17の下での開発が中止となった理由は明かされていません。
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

    ゲーム開発のマイルストーン社長が逮捕、金融商品取引法違反

  2. 【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

    【CEDEC 2009】文化の差はどう乗り越える!? 「日本から海外へ!-今日から役立つローカライズ技法-」

  3. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

    暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  4. メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  5. サウジ政府系ファンドが任天堂の株式を5.01%保有していることが明らかに―カプコン、コーエーテクモ、ネクソンの株式も大量保有

  6. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  7. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  8. これが“遊び心と技術力”を掲げる「トイロジック」だ! 自社エンジンへのこだわりから開発環境まで、岳洋一氏と社員に直撃―社長へのダメ出しも!?

  9. なぜ「アイカツ」のライブ映像は、ユーザーを魅了するのか…製作の裏側をサムライピクチャーズ谷口氏が語る

  10. 【CEDEC 2012】ハンソフト、カプコンへプロジェクト管理ツール「Hansoft」を提供

アクセスランキングをもっと見る