人生にゲームをプラスするメディア

米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140

先日より日本国内でも配信され、世界的な人気を誇っている『ポケモンGO』。アメリカ、アラバマ州の動物園が、園内の動物に本作風の説明を施しています。

その他 全般
米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140
  • 米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140
  • 米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140
  • 米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140
  • 米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140
  • 米動物園、『ポケモンGO』風のユニークな説明看板を作成…フラミンゴはCP140

先日より日本国内でも配信され、世界的な人気を誇っている『ポケモンGO』。アメリカ、アラバマ州の動物園が、園内の動物に本作風の説明を施しています。


TumblrユーザーKeeper of the Zooが作成したこの『ポケモンGO』風看板では、コリ バスタードやカリビアン フラメンゴなどを始めとした動物園で飼われている動物の特徴や生息地などを説明。CPの数値はもちろん、技名もそれぞれ固有に考えてある徹底ぶりで、ファンならニヤリとしてしまう小ネタが満載です。


なかでも、ヒクイドリは、「Bite」と「Ultra Kick」というわざを習得していて、凶暴な鳥として知られているからか、CPも1,150と高めに設定されています。これを報じた海外メディアや、Keeper of the Zooによりますと、これらの説明看板は、The Birmingham Zoo(バーミンガム動物園)で掲載されているとのこと。


Keeper of the ZooのTumblrページはこちらから確認可能。動物に関する情報を掲載しています。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケモンカード』の盛り上がりと「名探偵ピカチュウ」カード化の経緯、自由(すぎる)公式チャンネルに込められた情熱に迫る【インタビュー】

    『ポケモンカード』の盛り上がりと「名探偵ピカチュウ」カード化の経緯、自由(すぎる)公式チャンネルに込められた情熱に迫る【インタビュー】

  2. 【魁!インサイドちゃんズ】第1話「清楚と優雅?これがウワサのインサイドちゃん!」

    【魁!インサイドちゃんズ】第1話「清楚と優雅?これがウワサのインサイドちゃん!」

  3. 『SEKIRO』を「タルコンガ」でプレイする猛者現る―ついにはゲームをクリア!?

  4. 「Fate[HF]」マスター&サーヴァントの輝きをその手に!ボールペン&ネクタイ登場

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  6. 中国ゲーム審査のプロセスが変更に―死体や血溜まりへの表現規制も明示化

  7. 『ペルソナ5』新展開『P5S』公式サイトオープン! 次こそスイッチ版になるのか?

アクセスランキングをもっと見る

1