人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!

RPGというゲームジャンルや全年齢対象に向けたキャラデザなどが特徴の『モンスターハンター ストーリーズ』。そのプロデューサー辻本良三氏によるプレゼンテーションと、本作のプレイインプレッションをお届けします。

任天堂 3DS
【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!
  • 【レポート】モンスターの魅力を引き出すRPG『モンスターハンター ストーリーズ』を体験―辻本Pがプレゼン!

カプコンから2016年10月8日(土)に発売予定の、3DS向けRPG『モンスターハンター ストーリーズ』。ハンティングアクションの『モンスターハンター』シリーズのもう一つの柱として開発中の最新作は、モンスターと絆を結んで生活するモンスターライダーの世界を描いた新機軸の作品です。

RPGというゲームジャンルや全年齢対象に向けたキャラクターデザインなどで注目を集めている本作ですが、都内でメディア向け体験会が開催されました。プロデューサーの辻本良三氏によるプレゼンテーションと、本作のプレイインプレッションをお届けします。

体験会では、はじめに辻本氏のプレゼンテーションが行われました。「大作RPGを作りたい」というコンセプトの元に開発がスタートした本作。モンスターと一緒に生活するモンスターライダーという者を登場させ、モンスターのキャラクター性を感じてもらうためのシステムをたくさん入れているとのことです。


『モンスターハンター』シリーズに登場したモンスターたちは、本作ではオトモン(ライダーと絆を結んだモンスター)や野生モンスターとして登場。旅をしながらオトモンを集めていき、プレイヤーの頼もしい相棒となります。フィールド上では水上移動の特技を持つラギアクルスを使って川を渡ったり、ブラキディオスは腕力を用いて岩で塞がれている道を超岩砕きで先に進む、アプトノスは植物探知で下画面のマップにアイテムの場所を表示するなどの特徴的なライドアクションが可能です。

オトモンは、フィールドにランダムで出現するモンスターの巣に入りタマゴを手に入れ、厩舎でふ化させることで誕生します。中にはレアなオトモンが出現しやすい金色の巣もあるため、ストーリー途中でも寄り道をしたくなる作りとなっています。



※画面は体験会で試遊した内容のため製品版とは異なる場合があります。

さらに、オトモンは個体ごとに異なる絆遺伝子を持っており、伝承によってオトモンから別のオトモンに絆遺伝子を受け継がせて、隠された能力を目覚めさせることができます。絆遺伝子を渡すためのオトモンを集めたり、たくさんのスロットをもつオトモンを探したりと、シンプルながら奥が深いシステムです。


本作はターン制バトルシステムとなっており、相対するモンスターの特性を見抜き、「スピード・パワー・テクニック」の3すくみの関係を考えながら攻撃を仕掛けていきます。オトモンは意志を持った存在で、自ら考えて行動します。バトル中の行動によってオトモンとライダーの絆が深まると下画面の絆ゲージがたまり、オトモンにライドオンが可能になり、一発逆転のパワーを秘めた絆技を繰り出せます。絆技はオトモンによって異なり、演出も凝っているので注目してほしいとのことでした。


プレイしてみると、見た目はかわいらしくデザインされていますが、しっかりと『モンスターハンター』の要素が随所に盛り込まれていると感じました。バトルでは駆け引きが熱く、通常バトルのほかにもボス的なモンスターとのバトルでは、ダウン、部位破壊、怒り状態などシリーズならではの状態変化があり、バトル中にリアルタイムで戦況が変化していく緊張感がありました。また、Xボタンで早送りができるので、テンポ良く進められました。絆技では、オトモンのかっこいいモーションだけでなく、ナビルーのコミカルな動きも見られるので、すべてのオトモンを見てみたいと感じました。


また、オトモンを手に入れるためのタマゴは、一度でいいものが出なくても何度か引くことが可能です。中身は重さなどによってある程度傾向を示してくれ、ランダムで生まれます。しかし、引ける回数に制限があるため、たとえば「ふつうの卵」の次に「とてもかるい卵」が出て引けなくなってしまうことも。あんまり引き直していると野生モンスターが登場することもあるので、採るタイミングも肝心です。なお、タマゴの部屋から外に出れば自動的に巣の外に移動し、タマゴを手に入れられる手軽さもありました。


今回体験したバージョンは、7月16日より開催予定の店頭体験会などでもプレイできます。日程は次のとおりとなっていますので、気になっているユーザーは会場で試遊をしてみましょう。

7月16日(土) ヤマダ電機 LABI渋谷
7月17日(日) ヨドバシカメラマルチメディア横浜
7月17日(日) ヨドバシカメラマルチメディア京都
7月18日(月) ビックカメラ新宿西口店
など
※詳しくは公式サイトで最新情報をご確認ください。
http://www.mh-stories.jp/promotion/09.html
《カミヤマ》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

    任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

    「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  4. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  8. 任天堂の不思議なキャラ10選

  9. 任天堂のかわいいゲームキャラ10選!“かわいい”にもいろいろあるかも?

  10. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』かつてゴールドラッシュにわいた「オッカムル島」が公開!地下には謎の古代神殿がそびえる…

アクセスランキングをもっと見る