人生にゲームをプラスするメディア

『ポケモンGO』アクティブユーザー数がTwitterに迫る勢いで増加、驚愕の統計データも

現在、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアでのみ配信されている任天堂のモバイル向け新作『Pokemon GO』。本作のデイリーアクティブユーザー数が、凄まじい勢いで増加中であると、海外メディアより報じられています。

モバイル・スマートフォン 全般
『ポケモンGO』アクティブユーザー数がTwitterに迫る勢いで増加、驚愕の統計データも
  • 『ポケモンGO』アクティブユーザー数がTwitterに迫る勢いで増加、驚愕の統計データも
  • 『ポケモンGO』アクティブユーザー数がTwitterに迫る勢いで増加、驚愕の統計データも
  • 『ポケモンGO』アクティブユーザー数がTwitterに迫る勢いで増加、驚愕の統計データも
現在、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリアでのみ配信されている任天堂のモバイル向け新作『Pokemon GO』。本作のデイリーアクティブユーザー数が、凄まじい勢いで増加中であると、海外メディアより報じられています。

ウェブサイトトラフィックや、モバイル向けアプリの解析などを行っているSimilarWebが発表した内容によると、『Pokemon GO』のアクティブユーザー数は2016年7月5日を境に増加傾向にあり、その勢いは有名SNS「Twitter」に迫るほど。同年7月8日時点で「Twitter」のデイリーアクティブユーザー数を追い抜いてはいないものの、驚異的な伸び率を記録しています。


デイリーアクティブユーザー数(SimilarWeb発表)

また、アメリカ内の全Androidデバイスのうち、5.6%ものAndroidに『Pokemon GO』がインストールされており、その数は出会い系アプリ「Tinder」を超えているそうです。それだけではなく、平均的なユーザーは、「Snapchat」のようなアプリよりも2倍近くの時間を本作に費やしているとのことです。


Google検索トレンドにおける「Pokemon」の検索数

記事執筆時点で3ヵ国でしか配信されていないにも関わらず、異様な盛り上がりを見せている『Pokemon GO』。既に様々な地点で「ポケモン、ゲットだぜ!」を体現するユーザーも現れており、今後配信地域が広がっていくごとにその勢いは増していくのかもしれません。
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』対戦機能「トレーナーバトル」実装!利用するにはトレーナーレベル10以上が必要

    『ポケモンGO』対戦機能「トレーナーバトル」実装!利用するにはトレーナーレベル10以上が必要

  2. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  3. 『FGO』新サーヴァント「★5ブラダマンテ」(ランサー)発表! ピックアップ召喚対象に─全体攻撃のクイック宝具持ち

    『FGO』新サーヴァント「★5ブラダマンテ」(ランサー)発表! ピックアップ召喚対象に─全体攻撃のクイック宝具持ち

  4. 『アナザーエデン』「メリナ」のアナザースタイル「パニッシュメント」が公開!配信は12月13日12:00頃を予定

  5. 『チェンクロ3』xTVアニメ『とある魔術の禁書目録III』コラボが12月14日開幕 ─コラボPVを公開中!

  6. 『メギド72』1周年イベントクエスト後編「魔を呼ぶ狂気の指輪」開催中─「シトリー」のクリスマス衣装を手に入れよう

  7. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  8. 『FGO』第2部第3章「人智統合真国 シン 紅の月下美人」を考察【特集】

  9. 『サカつく RTW』“Jリーグモード”に登場する選手リストが公開―「J1」から「J3」まで合計54クラブ!

  10. 『サカつくRTW』金満オーナーが「Jリーグ」に挑戦したら、真逆の経営に面食らうも面白さは倍増!

アクセスランキングをもっと見る