人生にゲームをプラスするメディア

弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ

その他 全般

弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
  • 弓矢オンリーのサバゲー「アーチェリーハント」が面白そう!アーチャーとなりドッジボールせよ
ASOBIBAは、オーストラリア発祥の新感覚アクティビティ「アーチェリーハント」を、東京都江東区東雲のフットサルコート「ラモスフィールド」にてサービスの提供を開始しました。

カラーインクを入れた水鉄砲で撃ち合う「カラーガン」、全身をデコレーションしダンスミュージックに乗せて赤外線銃を撃ち合う「エレクトリックガン」など、エンターテイメント性とサバイバルゲームを融合させたイベントを手掛けてきたASOBIBAが、2016年のイチオシ企画として発表したのが「アーチェリーハント」です。


“弓矢×サバゲー×ドッジボール”と発表された「アーチェリーハント」は、2チームに分かれて矢を打ち合う、弓矢を使ったサバイバルゲームです。サバイバルゲームの撃ち合う楽しさを中心に、銃をアーチェリーに持ち替え、またドッジボールのようにそれぞれの陣営から相手を狙い打ちます。矢は複数用意されているので、複数のボールが飛び交うドッジボールといった様相になるのでしょう。


「アーチェリーハント」のルールは実にシンプルで、両陣営は矢を持たずにスタンバイし、スタートの合図と共にプレイフィールドの中央に置かれた矢をゲット。以後は相手をゲームから脱落させるために矢を撃ち、当て合います。相手を全員脱落させるか、中央に設置された的を全て撃ち抜いた方が勝利。対戦型のスポーツなので勝敗を競い合いますが、ハイテンションにゲーム自体を楽しむことが醍醐味な「ファンスポーツ」と言えます。


使用する矢は、先端が柔らかいスポンジになっており、当たっても痛くない安全仕様。また顔の前面をマスクで覆うといった配慮も。オーストラリア発祥のこのスポーツは欧米を中心に人気を博しており、新しいアクティビティ好きにとっては待望の日本上陸となります。映像も公開されているので、そちらで雰囲気をチェックしてみてください。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=pZYGsP--vvc

■「アーチェリーハント」サービス概要
●アクティビティ名:アーチェリーハント
●サイトURL:http://archeryhunt.asobiba-tokyo.com/
●会場:ラモスフィールドインドアフットサル
●住所:東京都江東区東雲2-11-2
●アクセス:りんかい線「東雲駅」徒歩1分(JR大崎駅から15分)、有楽町線「辰巳駅」徒歩10分
●参加費:前売券3,800円(税込)、当日参加4,300円

●予約方法:WEB決済システム「Peatix」よりご予約下さい
・6月イベント予約ページ:https://archeryhunt201606.peatix.com
・7月イベント予約ページ:https://archeryhunt201607.peatix.com

●参加条件:高校生以上
●お持ち物:動きやすい服装、運動靴


株式会社ASOBIBA (C) 2016 ASOBIBA Inc. All Rights Reserved
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  2. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

    “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  3. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

    【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

  4. ドラマ「光のお父さん」第1話の制作秘話を原作者が語る―サイト「一撃確殺SS日記」にて連載開始

  5. 『ウイイレ 2017』アジア頂点が決まったe-Sports大会レポ―北澤豪にもインタビュー!

  6. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】若いころはゲームキャラと恋ができたのに…

  7. 【昨日のまとめ】海外レビューハイスコア『マリオカート8 DX』、『EGGLIA~赤いぼうしの伝説~』英語版が製作、『サカつくシュート!2017』と「GIANT KILLING」がコラボ…など(4/22)

  8. 【昨日のまとめ】「P5D.jp」「P5U.jp」など『ペルソナ5』関連の複数ドメイン見つかる、『スプラトゥーン2』amiibo要素の続報、「一番くじ ゼルダの伝説」5月20日発売…など(4/21)

  9. 東方Project第16弾は『東方天空璋』! リリースは夏コミ─体験版の配布予定も

  10. 「HONEY∞PARADE GAMES」5月9日設立、高木謙一郎が代表取締役に─『閃乱カグラ』を中心にしつつ次世代IPの創出も

アクセスランキングをもっと見る