人生にゲームをプラスするメディア

【特集】「不気味すぎるゲーム会社ロゴ映像」10選

その他 全般

【特集】「不気味すぎるゲーム会社ロゴ映像」10選
  • 【特集】「不気味すぎるゲーム会社ロゴ映像」10選
ゲームの起動時に必ず挿入されているパブリッシャーやデベロッパーなどの企業ロゴアニメ。普段はしっかりと観ていなかったり、または飛ばしてしまう人も多いかもしれないこの部分ですが、実は数多ものゲーム作品の中には、思わずドキっとする不気味なロゴアニメーションも存在するのです。

本稿では、新旧様々なゲーム会社ロゴアニメーションの中から、特に不気味で恐ろしいものを10点選出してお届けします。心の準備はよろしいでしょうか……それでは不気味ロゴアニメーションの世界を見ていきましょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

■Visceral Games


『Dead Space』の開発でおなじみVisceral Games。レントゲン写真をモチーフとしたようなイメージがロゴとなっている同社。静止画でもそのインパクトは絶大ですが、映像ではよりその恐怖感が強調。所謂画面上に爆音と共に恐怖写真が出るドッキリ映像的演出に近く、ゲームスタート前から心を折られた方もいるかも……。


■Starbreeze Studios


『The Darkness』や『The Chronicles of Riddick: Escape from Butcher Bay』の開発で知られ、近年では『Syndicate』や『Payday 2』といった作品を手掛けるスウェーデンのデベロッパーStarbreeze Studios。不敵な笑みを浮かべる太陽風のロゴは「The Evil Sun Bacteria」とも呼ばれ、実写映像を組み合わせたロゴアニメーションには、こちらを睨み付ける男性、何らかの実験を彷彿とさせるチューブを伝う血液など、マッドサイエンティストな雰囲気が見るものをゾッとさせます。


■Volition


暗闇から突然ものが現れたら…怖いですよね。車だったり人だったり、またはネコや置物でも怖いかもしれません。でもこのVolitionのアニメーションは暗闇から白い顔が現れます。一番怖いかも。


■Neversoft


スケボーゲーム『Tony Hawk's Pro Skater』シリーズでお馴染みNeversoft。同社のロゴにはスポーツゲームのデベロッパーとしてはややアクが強い「目玉」がワンポイントで添えられ、尚且つマスコットキャラクターとして定着していました。同社のロゴアニメーションパターンはゲーム毎にバリエーションがあり、その中でも衝撃度が強いのは『Tony Hawk's Pro Skater 4』。ゴリラが鼻をほじり、そこから生々しく目玉が引き抜かれるさまはあまりにも……。


■Tigon Studios


画面を覆いつくさんばかりの虎の顔が牙と敵意をむき出しに威嚇。その眉間が企業ロゴと重なり形になるという内容のアニメーションになっていますが、ここまで迫力があると至近距離や大画面で見るには勇気がいるかも…。

次ページ:昨年30周年を迎えたあの会社や、Steamゲーマーおなじみのロゴも!

《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する方法、ダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』、『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MOD…など(1/19)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する方法、ダンボールコントローラーで遊ぶ『Nintendo Labo』、『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MOD…など(1/19)

  2. 日本一ソフトウェア、新作を発表―異種間恋愛を描く『嘘つき姫と盲目王子』と実写ADV『プロジェクト ナイトメア』

    日本一ソフトウェア、新作を発表―異種間恋愛を描く『嘘つき姫と盲目王子』と実写ADV『プロジェクト ナイトメア』

  3. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  4. 「サイリウムチェンジ!」の声でコスプレ衣装が光り輝く! 音声認識を取り入れた“らぁら”の電飾衣装が見事な完成度

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  6. プラキット「ロックマン」のリパッケージ版が登場、E缶だってついてくる!

  7. 日本一ソフトウェアの社長が「あの映像」をインスパイア!? 1月18日に新作ソフトを“直接”ご紹介

  8. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  9. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選、「クトゥルーの呼び声」の帯に『FGO』アビゲイルとラヴィニアが、スイッチ版『SDガンダム ジージェネレーション ジェネシス』発売決定…など(1/17)

  10. カプコンカフェにて『モンスターハンター:ワールド』とのコラボがスタート―ハンターの食事も楽しめる!

アクセスランキングをもっと見る