人生にゲームをプラスするメディア

恐怖の新種マルウェア「JIGSAW」登場…感染すると「SAW」ビリーが現れ、徐々にファイルが消えていく

 「さあ、ゲームをしよう」……不気味な殺人鬼が、登場人物たちを絶望の淵に叩き込むホラー映画「SAW」。7作目まで作られた人気シリーズだが、その恐怖が2016年に甦ることとなった。

PCゲーム その他PCゲーム
腹話術人形ビリーの画像を表示する「JIGSAW」
  • 腹話術人形ビリーの画像を表示する「JIGSAW」
  • タイマーが始動し圧力をかける
  • 再起動を試みると表示されるメッセージ
  • JIGSAWの亜種もすでに出現
 「さあ、ゲームをしよう」……不気味な殺人鬼が、登場人物たちを絶望の淵に叩き込むホラー映画「SAW」。7作目まで作られた人気シリーズだが、その恐怖が2016年に甦ることとなった。

 トレンドマイクロによると、「JIGSAW」(ジグソウ)と呼ばれる悪質な暗号化型ランサムウェアが確認されたという。

 「JIGSAW」に感染すると、「SAW」にも登場する腹話術人形ビリーの画像、そして赤いデジタル時計が表示される。そしてPC内のファイルがロックされ、拡張子「fun」ファイルに暗号化される。さらに、カウントダウンとともに、徐々にファイルが削除されていくのだ。1時間ごとに、削除されるファイルと身代金も増加。これを止めるためには、要求された身代金を支払う必要がある。

 JIGSAWは、無料のクラウドストレージサービスを悪用していたが、すでにこのリンクは削除済みとのこと。脅迫メッセージは、英語とポルトガル語が現在確認されており、24時間以内のビットコインでの支払いを要求してくる。身代金の最小金額は、20ドルから150ドル(約2,200円から16,400円)に設定されている。72時間以内に身代金が支払われなかった場合には、暗号化されたファイルは削除される。

 すでにさまざまなランサムウェアが出現しているが、このような“演出”で、ユーザーの恐怖心を煽り、より効率良く身代金をせしめようとするタイプは珍しい。すでに亜種や新バージョンも出現しているため、トレンドマイクロでは、「3つのコピーを、2つの種類の端末に保存し、1つを別の場所に保存する」という“3-2-1ルール”を推奨している。

「さあ、ゲームをしよう」、不気味なランサムウェア新種「JIGSAW」登場

《赤坂薫@RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  2. 「京極家の家宝展」で『刀剣乱舞』コラボ企画開催、にっかり青江等身大パネルが登場

    「京極家の家宝展」で『刀剣乱舞』コラボ企画開催、にっかり青江等身大パネルが登場

  3. 【レポート】『RPGツクールMV』仕掛け人・ゲームメーカー・クリエイターが語る“ツクラーコミュニティ”の未来とは

    【レポート】『RPGツクールMV』仕掛け人・ゲームメーカー・クリエイターが語る“ツクラーコミュニティ”の未来とは

  4. ソーシャル版『ヴァルキリードライヴ』7月29日でサービス終了

  5. 【吉田輝和の絵日記】ロボットゾンビおじさんの『からかい上手の高木さん からかいシミュレーションゲーム』

  6. 汚家リフォームシミュ『House Flipper』プレイレポ―あの黒い害虫も消し去り、リフォームの匠になれ!

  7. 【レポート】PC版「PS Now」はウィンドウ表示も可能! PCの推奨スペックや操作性など、気になるアレコレに注目

  8. 『三国志ツクール』12月10日配信開始 ― シナリオ共有やTwitter連動など、各機能をまとめたPVも公開

  9. PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

  10. 北朝鮮観光×恋愛ADVな問題作『Stay! Stay! Democratic People's Republic of Korea!』Steamで配信

アクセスランキングをもっと見る