人生にゲームをプラスするメディア

「ドルアーガの塔」に続き、Kindle版「展覧会の絵」も配信開始…週末に“ゲームブック”をどうぞ

1980年代後半に大きなブームを巻き起こした“ゲームブック”。番号が割り振られたパラグラフ(段落)を辿ることで物語が進行し、展開や過程を読者自身が決定するという斬新なプレイ体験が、多くの少年少女の冒険心をかきたてました。

その他 全般
「ドルアーガの塔」に続き、Kindle版「展覧会の絵」も配信開始…週末に“ゲームブック”をどうぞ
  • 「ドルアーガの塔」に続き、Kindle版「展覧会の絵」も配信開始…週末に“ゲームブック”をどうぞ
1980年代後半に大きなブームを巻き起こした“ゲームブック”。番号が割り振られたパラグラフ(段落)を辿ることで物語が進行し、展開や過程を読者自身が決定するという斬新なプレイ体験が、多くの少年少女の冒険心をかきたてました。

そんなゲームブックの歴史は今もなお続いています。先日も、国産ゲームブックの中でも名作として名高い「ドルアーガの塔」三部作が、Kindle向けに電子化を実現。全60階を踏破する刺激に満ちたこの冒険が与える興奮は、今の時代でも全く衰えておらず、ドルアーガに挑む冒険に出かける“ギル”たちがTwitter上などで数多く見受けられます。


そしてこのたび「ドルアーガの塔」三部作に続く形で、Kindle版「展覧会の絵」の配信がスタートしました。本作の主人公は、剣と魔法を操るヒーローではなく、琴を持った「楽師」。また、タイトルからも分かる通りピアノ曲「展覧会の絵」をモチーフとしており、これまで登場したゲームブックとは様々な面で一線を画す刺激に溢れています。

この「展覧会の絵」が今回、Kindle版として再誕。これまで、2002年に創土社にて復刊され、2012年にはiOSアプリとしてリリースされましたが、iOS版の配信はすでに終了。また書籍は、取り寄せなどでどうしても時間とお金がかかりがちです。ゲームブック「展覧会の絵」へ手軽にアクセスしたい方には、今回のKindle版リリースは絶好の機会かもしれません。

興味が湧いた方は、このちょっと不思議な世界に出かけてみてはいかがでしょうか。なおKindle版「展覧会の絵」の価格は、400円です。また公式サイトでは、印刷して使用できるアドベンチャーシートが配信されているので、プレイ予定の方はそちらもチェックしてみましょう。

■幻想迷宮書店「展覧会の絵」
URL:http://gensoumeikyuu.com/2016/03/11/%E5%B1%95%E8%A6%A7%E4%BC%9A%E3%81%AE%E7%B5%B5/

(C) 幻想迷宮書店. all rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『UNDERTALE』ホロライブ・宝鐘マリンさんより判明!フラウィ「なんて すてきな アイデア!」の声はトビー・フォックス氏本人

    『UNDERTALE』ホロライブ・宝鐘マリンさんより判明!フラウィ「なんて すてきな アイデア!」の声はトビー・フォックス氏本人

  2. 東方Project第18弾『東方虹龍洞』発表! 霊夢、魔理沙、咲夜、早苗の4人が異変に臨む─“能力”を任意で装備する、挑戦的システムを採用

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  4. リマスターが熱い!今後発売予定の『サガ フロンティア』や『聖剣伝説レジェンド オブ マナ』など注目作5選

アクセスランキングをもっと見る