人生にゲームをプラスするメディア

名作ゲームブック「ドルアーガの塔」三部作が電子化、Kindle向けに500円以下で販売

その他 全般

名作ゲームブック「ドルアーガの塔」三部作が電子化、Kindle向けに500円以下で販売
  • 名作ゲームブック「ドルアーガの塔」三部作が電子化、Kindle向けに500円以下で販売
  • 名作ゲームブック「ドルアーガの塔」三部作が電子化、Kindle向けに500円以下で販売
  • 名作ゲームブック「ドルアーガの塔」三部作が電子化、Kindle向けに500円以下で販売
20年以上前に、大きなブームを巻き起こしたゲームブック。番号が割り振られたパラグラフ(段落)を辿ることで物語が展開していくため、本でありながら時には物語が大きく変わることも。そのため想像力と冒険心を大きく刺激され、当時多くの方がプレイに興じました。

壮大な物語が展開された「ソーサリー」四部作や、様々な作家が参加した「ファイティングファンタジー」シリーズ、独特な言い回しや皮肉たっぷりの文章が光る「グレイルクエスト」シリーズなど、海外からやってきた名作だけでも実に多彩なラインナップを誇ります。

もちろん国内でも様々な名作が誕生しており、伝奇や民話を丁寧に織り込みつつ少年少女の物語を描いた「送り雛は瑠璃色の」や、モンスター側に視点を置いた意欲作「モンスターの逆襲」、ゲームブックでは比較的珍しいSFモノながらもキャラクターおよびストーリーで読者を魅了した「フォボス内乱」など、枚挙に暇がありません。


そして、ゲームブックを語る上で決して欠かせないのが、ナムコ(当時)がリリースしたタイトルを原作とし、独特の魅力を加えて誕生した「ドルアーガの塔」三部作です。全60階となる塔の冒険を、「悪魔に魅せられし者」「魔宮の勇者たち」「魔界の滅亡」の三冊で紡いだ本シリーズは、原作が持つ要素とゲームブックの特徴を高いレベルで融合。ページをめくる指はそのままダンジョンを進む1歩となり、冒険の疑似体験を楽しむことができました。

そんな名作シリーズを含むゲームブックの数々が、Kindle版として電子書籍化を果たします。今回の「ドルアーガの塔」三部作は、2013年に創土社より復刊されたバージョンをベースに若干の修正を施し、このたび配信を開始。価格は1作目・2作目が各400円、「魔界の滅亡」のみ500円です。

当時ゲームブックを楽しんだ方にとって、再び手軽に遊べる機会の訪れは嬉しいものだと思います。もちろん、興味を持った未読の人にとっても、古きをたずねて新しきを知ることができるでしょう。今後、「展覧会の絵」や「魔人竜生誕」のリリースも予定されているので、この新たな動きをどうぞお見逃しなく。


(C) 幻想迷宮書店. all rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

    狂気ホラー『Year Of The Ladybug』中止声明全文―「素晴らしい旅だった」

  2. 中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

    中世の職業を“ゲームユニット”風に解説する「十三世紀のハローワーク」発売…松野泰己が「これ、パクってイイ?」と絶賛

  3. SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

    SFC向け新作格ゲー『ザ・ダークネス・ハンター』対戦の様子を収録したゲーム映像が公開

  4. ニンテンドースイッチ本体、海外での初回予約は続々終了

  5. 【昨日のまとめ】『ポケモンGO』アップデート実施、「ニンテンドースイッチ」ラインナップ映像公開、『FFXV』次回アップデートで「セルフ撮影機能」実装…など(1/18)

  6. 「ねんどろいど カイロ・レン」予約開始―朽ち果てたダース・ベイダーのマスクも!

  7. 【特集】自販機でジュースを買い、『鉄拳7』をさらに極める方法とは?

  8. 『GRAVITY DAZE』キトゥンが再びfigma化―新パーツで最新作のシーンを再現可能

  9. 【日々気まぐレポ】第182回 「HGBF ルナゲイザーガンダム」登場!意外な組み合わせで誕生した異色のガンプラに迫る

  10. 話題の狂気ゲーム『Year Of The Ladybug』ってどんなゲームなの?主人公はインテリアデザイナー

アクセスランキングをもっと見る