人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンクエストX』詐欺メールが進化、ドラクエ画像を使用したHTML形式に

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

今回流通している偽メール
  • 今回流通している偽メール
  • 現在稼働中の偽サイト
  • 2015年1月時の偽メール
  • 2015年7月時の偽メール
 フィッシング対策協議会は9日、スクウェア・エニックスのゲーム「ドラゴンクエストX」を騙るメールが出回っているとして、注意を呼びかけた。

 それによると、「[スクウェア・エニックス アカウント]のお知らせ」というタイトルのスパムメールが出回っているとのこと。9日時点ではフィッシングサイトは稼働しており、JPCERT/CCにサイト閉鎖のための調査を依頼済みとのこと。

 メールは、ドラクエの画像を使用したHTMLメールとなっており、表示されるURLも一見本物だが、実際には偽装されており、「http://hiroba.dqx.jp.mcsu.●●●●.cc」などの偽サイトに誘導される。

 「ドラゴンクエストX」を騙るフィッシングサイトは、過去にも周期的に出現している。最近では2014年6月、2015年1月、2015年7月などに、偽メールの流行と偽サイトの出現があり、同協議会が注意を呼びかけている。過去のメールは、テキストベースのもので見破りやすかったが、今回のメールは、巧妙に画像を用いているため、要注意だといえる。

 今後もひきつづき類似の偽メール・偽サイトが出現する可能性もある。協議会ではこのようなフィッシングサイトでアカウント情報(IDやパスワード)などを絶対に入力しないように注意を呼びかけている。

「ドラゴンクエストX」、詐欺メールも“進化”で要注意

《冨岡晶@RBB TODAY》

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選

    【特集】『GWで一気にプレイしたい海外良質RPG』10選

  2. 『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』日本語版の予約開始

    『エルダー・スクロールズ・オンライン:モロウウィンド』日本語版の予約開始

  3. SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

    SNSで“プレイヤーの性格を武器にする”3DACT『Last Standard』がSteam Greenlightに登場

  4. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  5. PC『エルダー・スクロールズ・オンライン』アップデートパッケージ『モロウウィンド』インプレッション―新クラスで懐かしの地を冒険!

  6. PC版『BLAZBLUE CENTRALFICTION』4月下旬配信―日本語フル対応

  7. まるでアーマード・コア!? スピード感溢れるロボットACTの体験版が配信中

  8. てんかんに苦しむ医師ホラー『Roots of Insanity』配信―日本語対応!

  9. PC版『ベヨネッタ』は10万本突破か―「同作の支持には圧倒されます」

  10. 8ビット版ベヨネッタが無料で!『8-Bit Bayonetta』Steamで配信中

アクセスランキングをもっと見る