人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった

世界200万人が熱狂したゲームの企画展「GAME ON」が3月2日~2016年5月30日まで日本科学未来館にて開催中です。

その他 全般
【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
  • 【レポート】“ゲームはなぜ面白いのか”を紐解く企画展「GAME ON」がゲーマー必見の内容だった
世界200万人が熱狂したゲームの企画展「GAME ON」が3月2日~2016年5月30日まで日本科学未来館にて開催中です。

「GAME ON」はテレビゲームの進化を一望する展覧会として、2002年に英・ロンドン市のバービカン・センターでの開催以来、世界中を巡回してきた企画展が日本初上陸。日本では「ゲームって なんで おもしろい?」をテーマに、オリジナルコンテンツも多数追加されています。



本企画展では、テーマごとに分かれた全8ステージ+ネクストステージを巡りながら、『PONG』『スペースインベーダー』『ゼビウス』をはじめとする貴重な筐体が勢揃いするアーケードコーナーを皮切りに、『オデッセイ』『ジャガー』『ファミコン』『プレイステーション』『セガサターン』などのなつかしの家庭用ゲーム機、『サイモン』『スーパーギャラクシアン』などの電子ゲーム機、現代のスマートフォンゲーム、もうすぐそこまで来た未来の「PlayStation VR」まで、実際に見て、触って、楽しめます。



リアルとの境界を越え、実社会に大きな影響を与えるようになったゲームの社会的・文化的な意味について、そして未来について、来場者のみなさんと考えていきたい――そんな思いのこもった企画展です。

本稿は開催前日に開かれたプレス向け内覧会の様子をひとりのゲームプレイヤーとしてレポートします。

◆ STAGE 1「プレイの誕生」




「STAGE 1」には創世記のコンピューターゲームの展示があります。まず目に入るのが、1961年に大学の研究室で開発された『スペースウォー!』。現在のゲームの原型が示されたといわれます。

会場では『スペースウォー!』(1962年/マサチューセッツ工科大学)のPDP1が展示。作者は当時学生だったスティーブ・ラッセル氏で、コンピューターのデモンストレーションには、ゲームを作るのが一番よいと考えて開発したとか。氏はLISP言語の実装者としても有名ですが、スペースウォーは「アセンブリ言語で書かれていた」ようです。このPDP1でプログラムを保存するのは穴を開けた紙テープでした。

また1971年には、そのスペースウォーを商業用にアレンジしたアーケードゲーム『コンピュータ―スペース』が誕生、翌年の『ポン』により、新しいメディアとしてのテレビゲームの幕が開けます。



『ポン』(1972年/アタリ)は、ピンポン(卓球)を題材としたゲームで、プロジェクターに投影した独特の展示でギャラリーも楽しめます。いま遊んでもそのシンプルなゲーム性は十分面白く、説明書もいらないですし、あらためて凄みを感じました。筐体もレトロな良さが存分に出ていて、持って帰って飾りたくなりました。(いや、もちろんそんなことはしちゃダメですよ)
《n_ryota》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

    『モンスターハンター:ワールド』生態系の破壊者“恐暴竜”と化したヨッシーが見られるリテクスチャMod!

  2. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  3. ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

    ガン闘病中の少年の声に応えたベセスダスタッフ、車で4時間かけて『Fallout 76』とサイン付きグッズを届ける

  4. 「お稲荷JKたまもちゃん!」のキャラは実在する?―吉田輝和がゲーム雑談しつつユウキレイ先生に色々訊いた!【漫画特集】

  5. すでに初回分完売!懐かしのアップライト筐体をお手頃サイズ&価格でご自宅へ―タイトーブース・ARCADE1UP【TGS2018】

  6. 『JUDGE EYES:死神の遺言』や『キャサリン・フルボディ』などがお出迎え!セガ/アトラスブースレポート【TGS2018】

  7. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  8. 【週刊インサイド】『遊戯王デュエルリンクス』「5D'sワールド」開放に読者の関心集まる─『モンハン:ワールド』イベント情報にも注目

  9. 100人の勇者に贈る!「ロトの剣」と「王者の剣 紅」を抽選でプレゼント─マクドナルド×ドラクエ RTキャンペーン第2弾

  10. ロシア・サンクトペテルブルク「ソビエトアーケード博物館」フォトレポート―鉄のカーテンの向こうではどんなゲームが…?

アクセスランキングをもっと見る