人生にゲームをプラスするメディア

「戦姫絶唱シンフォギア」第4期&第5期の制作決定!シンフォギアライブ2016で制作発表

その他 アニメ

 
  •  
  •  
  •  
音楽とアニメの見事なシンクロでアニメファン、音楽ファンの心を捉えてきた「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズに新たな作品が誕生する。2月28日に日本武道館で開催されたイベント「シンフォギアライブ2016」ステージ上にて明らかになった。
しかも今回は、シリーズ第4期、第5期の制作を同時発表である。リリース時期や正式タイトル、そして第4期と第5期の制作決定の同時告知の意味などは明らかにされていない。サイプライズなビッグニュースだけに、今後の動きが気になるところだ。

「戦姫絶唱シンフォギア」シリーズは、2012年1月からテレビ放送された『戦姫絶唱シンフォギア』がスタート。サウンドプロデュースグループElements Gardenの代表・上松範康とゲームクリエイター金子彰史が「歌」をテーマに原作を手掛けた。音楽が重要な要素となっており、シリーズからは数々の名曲が誕生している。
第1作の人気を受けて、2013年夏に『戦姫絶唱シンフォギアG』、2015年夏には『戦姫絶唱シンフォギアGX』がテレビ放送されている。これに続く新シリーズとなれば、ファンならずとも心が高鳴るに違いない。

発表のあった「シンフォギアライブ2016」は、シリーズをテーマにしたライブイベントで、2月27日、28日の2日間、日本武道館にて開催された。2日間の動員は約1万8000人にもなった。シリーズのイベントとしては過去最大規模である。
ステージには悠木碧、水樹奈々、高垣彩陽、日笠陽子、南條愛乃、茅野愛衣、井口裕香、水瀬いのりと作品ゆかりの8人の声優・アーティストが出演した。なかでも水瀬いのりは、シリーズ第3期に敵キャラクターのキャロルとして初出演。イベントも今回初だ。
ライブでは水樹奈々によるオープニングテーマ「Exterminate」など第3期のキャラクターソングを中心に、さらに第1期、第2期の人気楽曲も披露された。その数は全31曲。その興奮も分かるだろう。

大きなサプライズが待っていたのはアンコールである。「RADIANT FORCE」のイントロが流れるなかで、ステージ上のスクリーンに「TVアニメ第4期、第5期制作決定」が映し出された。実は前日の27日(土)には「シリーズ続編の制作決定」のみが発表されていた。これに続く28日の新たな情報で怒濤の展開となった。これについて悠木が「4期、5期決定したんですよ。こんなにみんなと一緒に長くいられて幸せだなぁ」と語った。
この興奮を受けてのアンコールのラスト曲は、「虹色のフリューゲル」をシンフォギア装者っである悠木碧、水樹奈々、高垣彩陽、日笠陽子、南條愛乃、茅野愛衣の6人で披露。最後に出演者全員がステージに現れ、シリーズへの熱い想いを語り、熱いステージの幕を閉じた。

『戦姫絶唱シンフォギアGX』 公式サイトhttp://www.symphogear-gx.com

「戦姫絶唱シンフォギア」は第4期、第5期に続く シンフォギアライブ2016で制作発表

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コミケ94】中国美女コスプレイヤーの圧倒的クオリティを見よ! 厳選写真64枚を一挙お届け

    【コミケ94】中国美女コスプレイヤーの圧倒的クオリティを見よ! 厳選写真64枚を一挙お届け

  2. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】他人のガチャ自慢が耐えられない

    【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】他人のガチャ自慢が耐えられない

  3. コミケ3日目の美女コスプレイヤーまとめ 酷暑を吹き飛ばす圧倒的美しさ!【C94】

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 【コミケ94】これは撮らずにはいられない! 最終日に会場を沸かせたネタ系コスプレイヤーまとめ

  6. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る