人生にゲームをプラスするメディア

映画「デスノート2016」新ビジュアルに竜崎が登場

その他 映画

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
  • (C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
2016年秋に公開を予定映画『デスノート 2016』が日本だけでなく、早くも海外で注目されている。2月11日から21日まで第66回ベルリン国際映画祭が開催され、併設の国際映画見本市European Film Marketで本作が大きく紹介された。
会場に設けられた本作のブースにてスペシャルムービーが公開。さらに会期中、会場で配られた映画専門誌「SCREEN Daily」の表紙を『デスノート 2016』の新画像が飾り、作品を強く印象づけた。

ブースでスペシャルムービーを目にしたバイヤーには「すぐに本編が見たい」と声を上げ、何度もブースに足を運ぶバイヤーが続出したという。
また「SCREEN Dairy」の表紙は、池松壮亮演じる竜崎がひょっとこのお面を被り、トイレのようなものへ腰を掛けている。一見留置所のような場所で、肌と髪の色だけに色味があるという特徴的なビジュアルだ。
映画『デスノート』でも、松山ケンイチ演じるLがひょっとこのお面を被っていたシーンもあり、どのような関係があるのか気になるところだろう。床には「The new saga begins(新たな伝説の始まり)」といったワードが書かれている。

映画『デスノート 2016』は、大場つぐみと小畑健による人気マンガ『デスノート』を原作とする。アニメ、小説、舞台と様々な展開を広げ、2015年にはテレビドラマ化、国内をはじめ127カ国で放映、配信された。いまなおその世界を拡張している。
『デスノート 2016』は、2006年に公開された映画『デスノート』の正当な続編として制作されている。これまでどこにも語られなかったストーリーとなっている。
2016年秋の公開に向け、海外からも大きく注目を集めるなかで、出演者の情報も続々明かされ、今後も動きがありそうだ。引き続き情報を待ちたい。

映画『デスノート 2016』
2016年秋、全国超拡大ロードショー
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

映画「デスノート」に竜崎の姿?! ベルリン国際映画祭で注目のビジュアル

《animeanime》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

    コーエーテクモ、カプコンからの特許権侵害訴訟に一部勝訴―『真・三國無双』シリーズなどに関する訴えが棄却に

  2. カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

    カプコン・コーエーテクモ訴訟問題まとめ ― 特許権侵害は『猛将伝』のMIX JOYか?特許期限が今年12月に迫る【追記】

  3. 【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第8回 当たり前のアタリ4コマ二本立て

    【漫画:ほんにゃかゲーム生活!】第8回 当たり前のアタリ4コマ二本立て

  4. C93に『シュタインズ・ゲート』ブース登場、鈴羽の誕生年記念の新作ドラマCDなどが販売

  5. 『FGO』で注目!ゲームによく登場する「クトゥルフ神話」って何?【特集】

  6. 【特集】閲覧注意な「最も過激なバイオレンスゲーム」TOP10

  7. 【昨日のまとめ】これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー、『VS.スーパーマリオブラザーズ』配信日決定、『スプラトゥーン2』遂に「ハコフグ倉庫」が復活…など(12/14)

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 『ロックマンX』シリーズの復刻版カードダスが発売、幻の「メガミッション4」初カード化!

  10. 【特集】『ゲームに登場するお父さんキャラ』8選―ディア・パパ!

アクセスランキングをもっと見る