人生にゲームをプラスするメディア

【ゲームの中では傍若無人】27回:『聖剣伝説 FF外伝』あんたも成長したもんだ。でもラビは一発で倒せない。

その他 フォトレポート

ゲームの仲では傍若無人
  • ゲームの仲では傍若無人
  • ゲームの仲では傍若無人
  • ゲームの仲では傍若無人
  • ゲームの仲では傍若無人
  • ゲームの仲では傍若無人


ゲームボーイの名作アクションRPG『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』のリメイク版がPS Vita/iOS/Androidで配信されました。

グラフィックは3Dに変化し、音楽もアレンジされ、全体的に壮大さが増しています。ですがアイテムのショートカットやリングコマンド等のUIの変更以外はあえてシステムをいじっておらず、レトロゲームのリメイクらしい丁寧過ぎないゲーム性に好感が持てる作品です。


ファミコン・ゲームボーイ時代をご存知の方は、本作のような、物語の背景もわからぬままいきなり戦場に送り込まれて「習うより慣れろ」で進めるスタイルが懐かしく感じるのではないでしょうか。そうそう、当時のゲームってこんな感じだった!昨今の丁寧なゲームに慣れてしまうと、投げっぱなしジャーマンな当時のゲームで感情移入できるの?と思ってしまいますが、あえて多くを語らないスタイルがむしろ行間の想像力を膨らませてくれるものだなぁと感じます。また、世界観がリアルすぎないから笑えない要素がマイルドになっているなぁと思います(サイボーグチョコボとか…)。
水陸両用チョコボ。シュール。

単純にいろんな武器を使って敵をザクザクと倒すだけでも爽快感があります。でもただ叩くだけではダメ。物理攻撃が効かないモンスターもいるし、盾を持った敵は正面から攻撃するとはじかれてしまいます。さまざまな戦略があって、トライ&エラーを繰り返して強い敵の攻略法を見つけ出していく。ゲーム本来の面白さを思い出させてくれる作品です。ボロボロに負けた相手でも、攻略法をみつけるとノーダメージであっさりクリア、レトロゲームあるあるですね。

しかし筆者は攻略法もくそもない、単純に叩くだけで倒せるザコ中のザコ、「ラビ」が最も苦手であると気が付いてしまいました。ふわ~っとジャンプするあの動き、着地点が読みづらいあのジャンプ!剣による直線攻撃の範囲がシビアなので攻撃がまったく当たらず、空振りしまくり、攻撃を受けまくり、気が付けば満身創痍に。レベルを上げて力をつけても、ラビの姿をみると怖くて怖くて震える…

ホンネ君「相手がザコだと思ってたらお前がザコだったんだなぁ…」 はい、その通り…

『聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-』はPS Vita/iOS/Androidで配信中。価格は1,400円(税込)です。

■著者紹介
みかめ ゆきよみ
ゲーム好き、日本史好きの漫画家兼フリーライター。ゲームはジャンル問わず下手の横好きでなんにでも手を出す。歴史マンガ、コラム、イラストなど雑多に活動中。

(C) 1991,2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《みかめ》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

    “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  2. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  3. シリーズ最新作『ボンバーガール』ロケテスト開催中! 華やかな協力対戦ACTをいち早く体験しよう

    シリーズ最新作『ボンバーガール』ロケテスト開催中! 華やかな協力対戦ACTをいち早く体験しよう

  4. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』シオカラーズのストーリー第一話、『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談、New 2DS LL「はぐれメタルエディション」…など(4/28)

  5. 「けものフレンズ」オリジナルクッキー発売決定 熊本市動植物園への寄付金付き

  6. Wピースがかわいすぎ!「ねんどろいど レーシングミク 2017 Ver.」の情報が公開

  7. 『FFXIV』エオルゼアカフェにて「紅蓮のリベレーター」発売記念イベントが開催!侍やラクシュミのコースター追加も

  8. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  9. “ここはジャパリパーク”ポーズも再現できる「ねんどろいど サーバル」彩色原型が公開、「かばんちゃん」のねんどろいど化も決定

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る