人生にゲームをプラスするメディア

350万個販売した「Canバッチgood!」が復活!PCやスマホから素材編集が可能に

その他 玩具

350万個販売した「Canバッチgood!」が復活!PCやスマホから素材編集が可能に
  • 350万個販売した「Canバッチgood!」が復活!PCやスマホから素材編集が可能に
  • 350万個販売した「Canバッチgood!」が復活!PCやスマホから素材編集が可能に
  • 350万個販売した「Canバッチgood!」が復活!PCやスマホから素材編集が可能に
  • 350万個販売した「Canバッチgood!」が復活!PCやスマホから素材編集が可能に
  • 350万個販売した「Canバッチgood!」が復活!PCやスマホから素材編集が可能に
バンダイは、世界にひとつだけのオリジナル缶バッジが作れる「Canバッチgood!」(3,996円・税8%込/3,700円・税抜)を、2016年3月26日に発売すると明かしました。

2002年より全世界で累計350万個以上を販売した、メイキングホビー「Canバッチgood!」シリーズ。このヒット商品をベースに、本体サイズをコンパクト化。また、素材パーツを1度にセットして作ることができるなど、様々な改善が施され、このたび新たなリリースを迎えます。


作り方は実にシンプルで、本体に自分の好きな絵柄(描いたイラストや写真のコピーなど)とカンバッチパーツをセットし、ハンドルを回す。これだけで、オリジナル缶バッジを簡単に作ることができます。なお、別売りパーツ「3cmバッチ素材セット」(1,296円・税8%込/1,200円・税抜、バッチ素材15個分)、「3cmバッチ素材いっぱいセット」(2160円税8%込/2,000円・税抜、バッチ素材30個分)も同時発売されます。

7~9歳の女児を主なターゲットとしており、全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売場、雑貨店、インターネット通販などで販売を予定。「Canバッチgood!」の専用サイト(http://design.canbadgegood.com)では、写真やイラストを拡大・縮小したり、スタンプ、文字入れなどのいろいろな加工をしたりすることができ、よりオリジナル性の高いバッジデザインを作成することができるので、購入した方はそちらも存分にご活用ください。専用サイトは、パソコンやスマートフォンからアクセスが可能です。

■商品概要
・商品名:Canバッチgood!
・発売日:2016年3月26日(土)
・メーカー希望小売価格:3,996円・税8%込/3,700円・税抜
・対象年齢:6歳以上
・本体サイズ:H約175mm×W約80mm×D約100mm
・主な素材:ABS・POM・PC
・セット内容:本体、デザインシート(1枚)、テンプレート、上パーツ(10個)、下パーツ(10個)、安全ピンパーツ(10個)、透明シート(10枚)、取扱説明書
・販売ルート:全国の玩具店、百貨店・家電店・量販店の玩具売場、雑貨店、インターネット通販など

■使用方法
1.素材をセット
本体の台座パーツに、カンバッチ素材の下パーツ、上パーツ、丸く切り抜いた絵柄、透明シート順に置く。



2.ハンドルを回す
本体に台座パーツをセットし、ハンドルを時計回りにカチッと音がするまで回す。更にハンドルを半時計回りに回して戻し、切換レバーを移動する。



3.完成
2と同様に、ハンドルを時計回りそして半時計回りに回してから、台座パーツを取り外し、カンバッチ裏側に安全ピンパーツを差し込めば、できあがり。



(C)BANDAI2016
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

    【週刊インサイド】『FGO』のアンケートや特集に人気集中─「ロケット団」求人案内や『スプラトゥーン2』新ブキも注目必至

  2. 『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

    『FGO』のマシュをイメージした眼鏡が登場! 左テンプルには「盾」、ツルの先端に「フォウくん」のワンポイントが

  3. 【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

    【特集】『エースコンバット』歴代シリーズ解説―最新作『7』との関係は?

  4. ボードゲーム版『バイオハザード2』Kickstarterが約1億円を調達、最終ストレッチゴールに向けてスパート

  5. 「2017年サンリオキャラクター大賞」コラボ部門に『どうぶつの森』がエントリー!

  6. 【特集】実写映画よりもド迫力!?『ドット絵の名作Steamゲーム―アクション編』7選

  7. 【特集】編集部が選ぶ「影がうすい空気ゲームキャラ」10選

  8. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  9. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】俺の好きなゲームはクソゲーなんかじゃない!

  10. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る