人生にゲームをプラスするメディア

PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる

ソニー PSV

PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
  • PS Vita『クラシックダンジョン 戦国』情報一挙公開!自分で打ったドットキャラでマルチプレイできる
日本一ソフトウェアは、PS Vitaソフト『クラシックダンジョン 戦国』を発表しました。

本作は、立ちはだかる敵を倒し、罠をかいくぐりながらダンジョンを攻略を目指すという、2DアクションRPG『クラシックダンジョン』シリーズの最新作です。懐かしさ溢れるドット絵で描かれるグラフィックやレトロなサウンド、また簡単な操作でアクションを繰り出しせる一方で奥深いやり込みが可能な育成など、多彩な魅力を受け継いでPS Vitaに登場します。


人気シリーズが和風な装いで帰ってくる形となった本タイトルですが、今回はゲームの基本的なシステムのみならず、独自のシステムとなる“魔装陣”や、キャラメイクで選べる多彩な職業、PS Vitaの通信機能を使った様々な要素を紹介します。シリーズファンのみならず、個性的なアクションRPGを探していた方もどうぞお見逃しなく。

◆物語



時は戦国。多くの想いが交差し、群雄割拠の時代が終焉を迎えし時がきた。

物語の舞台は“魔の開かず”。未練を残した魂が辿り着く死後の世界。ここに出口はなく、再び輪廻に戻る方法はただ一つ、“未練”を果たすこと。

夢叶えし者、夢破れし者、それぞれが各々の人生を噛み締めている刻、この物語は幕を開ける。

◆『クラシックダンジョン 戦国』ゲーム概要



『クラシックダンジョン 戦国』は、未練を残した魂がたどり着く死後の世界“魔の開かず”を舞台に繰り広げられる、戦国和風のアクションRPGです。プレイヤーは、“魔の開かず”をさまよう戦国武将たちの“未練”を果たすため、“未練”の手掛かりが隠されたダンジョンへ挑戦します。

■魔の開かず

「魔の開かず」は物語の舞台であり、プレイヤーの拠点となる場所です。ここでは「万屋」や「お城」といった施設が存在し、装備の購入や、ダンジョンを攻略するための準備が可能です。また、「魔の開かず」にある施設を利用することで、新たな操作キャラクターを作成することができます。

■ダンジョン

ダンジョンでは、キャラを操作してダンジョンの奥にある出口を目指します。戦闘はリアルタイムで進行。様々なアクションを駆使してダンジョンを攻略しましょう。


攻撃や回復、ステータスアップなど、様々な「まほう」・「わざ」を駆使するのが攻略のポイント。ダンジョン内には、踏むと矢が飛んできたり爆発したりするトラップの数々が。そして奥には、強力な攻撃を仕掛けてくるボスが待ち受けています。


ダンジョンにはもちろん宝箱もあり、様々なアイテムが手に入ります。ダンジョンによっては、沢山の宝箱があることも・・・!?

■武器

キャラクターが使用できる武器は全部で8種類。「刀」、「鈍器」、「杖」、「槍」、「弓」、「脇差」、「手裏剣」、「鎖鎌」があります。武器にはそれぞれ長所・短所があり、武器によって攻撃の範囲やアクションが変化します。挑戦するダンジョンやキャラクターの職業、プレイスタイルに応じて、武器を変更しましょう。


「鈍器」は、攻撃モーションは遅いが強烈な一撃を繰り出すことができます。また、特定の壁を破壊することも。「弓」は、離れた場所からの安全な攻撃をすることが可能。「槍」は中距離での攻撃が得意なので、付かず離れずの距離を維持して攻撃できます。

次ページ:職業やキャラメイク・エディット


《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  2. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

    『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  3. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

    ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  4. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  5. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  6. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  9. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  10. 【インタビュー】『バレットガールズ2』どう見てもアヘってる“拘りの表情”に迫る…ボツネタも独占公開

アクセスランキングをもっと見る