人生にゲームをプラスするメディア

お化け屋敷に「人狼」を取り入れた『ゾンビバトルロワイヤル』開催決定!参加者同士で潰し合う“リアル”マルチプレイホラー

その他 全般

お化け屋敷に「人狼」を取り入れた『ゾンビバトルロワイヤル』開催決定!参加者同士で潰し合う“リアル”マルチプレイホラー
  • お化け屋敷に「人狼」を取り入れた『ゾンビバトルロワイヤル』開催決定!参加者同士で潰し合う“リアル”マルチプレイホラー
  • お化け屋敷に「人狼」を取り入れた『ゾンビバトルロワイヤル』開催決定!参加者同士で潰し合う“リアル”マルチプレイホラー
  • お化け屋敷に「人狼」を取り入れた『ゾンビバトルロワイヤル』開催決定!参加者同士で潰し合う“リアル”マルチプレイホラー
  • お化け屋敷に「人狼」を取り入れた『ゾンビバトルロワイヤル』開催決定!参加者同士で潰し合う“リアル”マルチプレイホラー
ミッションクリア型お化け屋敷「シカバネ迷宮編」を制作したBakecirは、「デスセレモニーエスケープ」を制作したP.E.Kとのコラボレーションプロジェクトチーム「Clover」を結成し、新たなイベント「ゾンビバトルロワイヤル」を開催すると発表しました。

埼玉県にあるサバゲーフィールド場「taap」にて、3月5日と3月6日に行われる「ゾンビバトルロワイヤル」は、お化け屋敷に「人狼ゲーム」のシステムを取り入れ、ゾンビの恐ろしさのみならず、参加者同士の心理戦も楽しめるという斬新なホラーイベントです。


このイベントは「ゲームモード」と「ストーリーモード」に分かれており、「ゲームモード」では大量のゾンビが溢れるフィールドを舞台に、参加者同士での潰し合いに挑むことに。また「ストーリーモード」でば、「ゲームモード」の要素に加え、多数のキャラクター(アクター)が登場し、1つの映画のような物語を体感できるとのことです。


「シカバネ 迷宮編」にも盛り込まれた、エンディングが分岐するマルチエンディングシステムを搭載。また、「人狼ゲーム」のにちなんだ「チーター(人狼)システム」も導入されます。この刺激溢れる「ゾンビバトルロワイヤル」が気になる方は、公式サイトも合わせてチェックしてみてください。また、「ストーリーモード」を紹介する動画も公開中です。


YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=XC4NSRygrzI

■ここが他の"お化け屋敷"と違う!Cloverの4つのお約束
●あなたの決断でエンディングが変わる!? マルチエンディングシステム
あなたの決断により、物語の結末が変化します。登場人物を生かすも殺すもあなたの選択肢次第。あなたはグッドエンディングにたどり着けるか? まるで本当にその世界に入ったのかのような感覚が味わえます。

●アトラクションの常識を超えた濃厚なストーリー。
一度プレイするだけでは語り尽くせない、物語の全貌。気づけば、あなたも物語の虜になっている。

●怖いだけじゃない!? ゲームのようなお化け屋敷
従来のお化け屋敷とは違い、ただ歩いていくだけではない。敵から隠れ、知恵を絞り困難を乗り越える、時には反撃する。まさしくホラーゲームで味わえる楽しさを、リアルな世界で楽しめます。

●4.深まる友情。新しい仲間。
恐怖体験を通し、深まる友情。お一人様の体験でも、他のグループの仲間と新しい友情が生まれることも!?
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

    フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  2. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

    【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

  3. 『FFVII』の「クラウド」と「セフィロス」をイメージしたオードトワレが、装いも新たに再登場

    『FFVII』の「クラウド」と「セフィロス」をイメージしたオードトワレが、装いも新たに再登場

  4. 『君の名は。』の「宮水三葉」と「立花瀧」がねんどろいどに―劇中の落書きシーンもバッチリ再現!

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  7. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  8. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  9. 【Inside Of Company】「お洒落すぎる」と話題の株式会社アカツキを見学、受付から想像を超えた世界が……!

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る