人生にゲームをプラスするメディア

「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か

ドスパラ上海問屋がこのたび、まっすぐ前を見たまま真下が見えるメガネの販売を開始しました。

その他 玩具
「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
  • 「前を向きつつ真下が見えるメガネ」登場!会話や授業中のゲームプレイに最適か
ドスパラ上海問屋がこのたび、まっすぐ前を見たまま真下が見えるメガネの販売を開始しました。

このユニークなメガネがもたしてくれる視界は、顔が向いている方向ではなく、その真下。立っている状態で使用すれば、「前を向きつつ足元が見える」という状態となります。


商品説明には、「頭をクッションや枕に沈めたまま、リラックスしてテレビを観ることができます」とあり、より幅広いライフスタイルを提供するアイテムとして紹介。また、友人やパートナーと会話している最中、「きちんと話を聞いている雰囲気を演出しながら手元のスマホを操作できます」ともあり、人間関係と自身の欲求の両立も図れるとのことです。


確かに、露骨に視線を下げてスマホを弄られたら、向き合っている相手からすればかなりぞんざいな態度に映るもの。ですがこのメガネを使うことで、少なくともその視線はかなり辿られづらくなることでしょう。会話中だけでなく、例えば授業を受けている間に、教師の方を向きながらスマホや携帯ゲーム機を楽しむ、というのも不可能ではなさそうです。


ただ問題は、このメガネそのものが実に目立つということ。このメガネを着用した際に、相手がいつも通り振る舞ってくれるかどうかが難しいポイントと言えるでしょう。「効果には個人差があります」ともあるので、授業や会話中などには使用せず、あくまでにユニークに楽しむことをお薦めします。ちなみに、価格は999円(税込)です。

Copyright (C)SHANGHAI DONYA. All rights reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ラスボスキャラといえば?「ジョジョ」DIOを抑えたトップは!?「ジャンプ」アニメのボスが集結

    ラスボスキャラといえば?「ジョジョ」DIOを抑えたトップは!?「ジャンプ」アニメのボスが集結

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. ポケカ「GXウルトラシャイニー」で狙ってるGXポケモンを教えて!【読者アンケ】

    ポケカ「GXウルトラシャイニー」で狙ってるGXポケモンを教えて!【読者アンケ】

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

  6. 【吉田輝和の絵日記】おじさんも出演したアニメ「ちおちゃんの通学路」円盤BOX特典の横スクACTをプレイしてきた!

  7. 「OCG」20周年記念「遊☆戯☆王チップス」発売決定!「ブラック・マジシャン」をはじめとした全20種から1枚のカードが同梱

  8. “手塚治虫タッチの初音ミク”公式イラストが公開!手塚アニメ楽曲の初CD化も決定

アクセスランキングをもっと見る