人生にゲームをプラスするメディア

今年のスーパーボウル、ゲームCMは『ポケモン』『モバイルストライク』の2本に

その他 全般

 
  •  
毎年、年間最高視聴率を記録するアメフトリーグNFLの優勝決定戦「スーパーボウル」。スポンサー各社が大規模なCMを投入することで知られている同試合の中継ですが、今年のゲーム関連のCMは『モバイルストライク』と『ポケモン』の2本にとどまりました。

50回目を記録する今年の「2016 Super Bowl 50」には、スーパーボウルの歴代MVPがゲストとして集合したほか、序幕式ではレディ・ガガが国歌斉唱を担当、ハーフタイムにはコールドプレイ、ブルーノ・マーズ、ビヨンセによるコラボレーションパフォーマンスが披露され、大きな注目を集めました。



そんな中で放送されたゲーム関連のCMは、アーノルド・シュワルツネッガー氏が出演しているモバイル向けシミュレーションゲーム『モバイルストライク』と、前もってアナウンスされていた『ポケモン』20周年記念CMの2本。昨年は、『クラッシュオブクラン』『ゲーム・オブ・ウォー 』『ヒーローズチャージ』といったモバイル向けタイトル3本のCMが放送されています。



初公開となる映画の予告も数多く放送されましたが、マーベルユニバース最新作『シビル・ウォー』、JJエイブラムス製作『10 Cloverfield Lane』、ディズニー実写版『ジャングル・ブック』、ボーンシリーズ最新作『ジェイソン・ボーン』、『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ:アウト・オブ・シャドウズ』、『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』、『X-MEN:アポカリプス』と、SFかアメコミ原作映画が大部分を占めていました。



また、ハルクが参戦していない『シビル・ウォー』の予告が放送された後、ハルクとアントマンが共演するコカ・コーラのCMを流すというファンには嬉しい演出も。

試合よりもCMを見るためだけにテレビをつけている視聴者も少なくないといわれているスーパーボウル。来年は一体、どのような大作CMが飛び出すのでしょうか。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

    【特集】ちょいフェチ!『ゲームに登場するメガネキャラ』10選

  2. “ねんどろいど”の顔を自分好みにチョイス! 新サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」開始

    “ねんどろいど”の顔を自分好みにチョイス! 新サービス「ねんどろいどフェイスメーカー」開始

  3. イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

    イベント「POKEMON×ISETAN」を伊勢丹新宿店にて開催! 8月2日よりカフェラウンジの予約受付を開始

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. ステージに向かう「渋谷 凛」の新作フィギュアが登場―白と青を基調にしたフリルドレスのクオリティが高すぎる…!

  6. フリーゲーム『殺戮の天使』がTVアニメに! 記憶をなくした少女と殺人鬼の物語をアニメで描く

  7. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』脱初心者の8箇条、『アイドル事変』サービス終了、『ウルトラストII』隠しコマンドで真豪鬼が…など(7/24)

  8. 【昨日のまとめ】『スプラトゥーン2』「サーモンラン」を生き残る労働術、『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に、『マリオカート8 DX』354万本『ARMS』118万本を販売…など(7/26)

  9. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

  10. 愛知教育大学、今年は「化物語(上)」を教科書に…テクスト分析の方法を習得することが目的

アクセスランキングをもっと見る