人生にゲームをプラスするメディア

再現度が高すぎる「ドミネーター」3月発売!自動変形機構、犯罪係数測定、音声再生機能などを搭載し、お値段79,800 円

その他 玩具

 
  •  
  •  
  •  
  •  
Cerevoは、スマート・トイ「ドミネーター」を3月に発売すると発表しました。予約受付は2月18日に直販サイト「Cerevo official store」で開始され、通常モデルが79,800 円(税別)/上位モデル「SPECIALEDTION」が89,800 円(税別)です。

他の角度から見る

この「ドミネーター」は、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」の劇中と同様の自動変形機構を備えたスマート・トイで、Production I.G 監督・塩谷直義氏、ニトロプラス デザイナー・石渡マコト氏の監修を受け、ドミネーターの特徴である「自動変形機構」「音声再生機能」「LED発光」「タッチセンサ制御」「犯罪係数測定」など、作品の世界観を忠実に反映されています。

なお、2月7日に開催される「ワンダーフェスティバル 2016」のCerevoブースでは、実機デモに加えてSPECIAL EDITIONを含むドミネーターの先行予約販売が行われます。

◆劇中同様の自動変形機構を搭載



日本電産の協力により、本製品のためにカスタマイズした専用ギヤードモーターを搭載し、「パラライザー」「エリミネーター」2つのモード間を対象の脅威判定に従って自動で変形する機構を搭載。電動による変形機構を備えたドミネーターは世界で初の商品化となります。

◆「犯罪係数」に連携した自動変形を実現



劇中で登場する「犯罪係数」を再現。ドミネーターを向けた相手の犯罪係数を測定し、測定結果を音声で読み上げるほか、ドミネーターの先端に搭載したカメラの映像をスマートフォンアプリでストリーミング再生し、測定した犯罪係数とともに表示できます。



また劇中同様、相手の犯罪係数によってドミネーターが自動でエリミネーターに変形する「トリガーロック」といった連携に加え、犯罪係数が表示された画面をキャプチャしてスマートフォンに保存することもできます。

◆日高のり子さんによる100種類以上の録り下ろし音声



ドミネーターのキャラクターボイス(CV)は劇中同様に日高のり子さんが担当。100種類以上の声を完全録り下ろしで収録しており、「グリップをにぎる」「特定の人に向ける」といったシーンに応じて内蔵スピーカから発声します。音声はスマートフォンのアプリから再生することもできるため、スマートフォンと接続できる外部スピーカを用意することで、より高音質で楽しむこともできます。

◆タッチセンサや200個以上のLEDで劇中の世界観をより再現



「PSYCHO-PASS サイコパス」の世界観をより再現するための機構として、グリップ部にタッチセンサを搭載。作中同様にグリップを握るとドミネーターが自動で起動するほか、不正ユーザーとしてトリガーをロックする、といった設定も可能です。さらに本体には総数 217 個ものフルカラーLED を搭載。通常時・変形時・執行時とモードに合わせて発光状態が変化します。

◆オプション品

ドミネーターを収納できる専用プロテクタケース、専用バッテリも追って発売。プロテクタケースは完全防水(IP67)、耐荷重、耐衝撃性を備えた特殊樹脂を用いたドミネーター専用デザインの保護ケースです。デザインについては追って発表。専用バッテリは 1 個が標準で付属しますが、長時間の動作向けにオプションとして別売さけますす。直販サイト「Cerevo official store」の価格はプロテクタケースが 12,800 円(税別)、バッテリが 1,580 円(税別)です。

◆スペシャルモデル「SPECIAL EDTION」

本体のグリップ部分に天然のローズウッド削り出しオイル磨き仕上げの素材を使用。公安局マーク部分は削りのアルミ素材による台座に合成ルビーをあしらい、アクセサリーのような質感になっています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  2. 【昨日のまとめ】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』ゲーム映像公開、『星のカービィ』25年間の歴代ゲームまとめ、洗脳されてしまったキャラクター7選…など(5/27)

    【昨日のまとめ】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』ゲーム映像公開、『星のカービィ』25年間の歴代ゲームまとめ、洗脳されてしまったキャラクター7選…など(5/27)

  3. 【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

    【特集】洗脳されてしまったキャラクター7選

  4. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】攻略情報に頼りたくないのに見てしまう

  5. 日本のゲーム産業の強みはエクイティファイナンス!【オールゲームニッポン】

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. バラエティ番組「しくじり先生」に高橋名人が登場! 「実はゲームが超下手」と語る名人が実行した“妙案”とは…

  8. 【特集】『時代を先取りしすぎたゲーム』5選

  9. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  10. あの“スライム”が目薬のボトルに!? 『ドラゴンクエスト』とロート製薬がコラボ

アクセスランキングをもっと見る