人生にゲームをプラスするメディア

マーベル映画「デッドプール」6月全国公開…アンチ・ヒーローが日本上陸

その他 映画

(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
  • (c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.
マーベル・コミックのヒーローを原作とする映画最新作『デッドプール』の日本公開時期が決定した。2016年6月にTOHOシネマズ 日劇1ほかにて全国ロードショーとなる。
アンチ・ヒーローとして多くのファンを持つデッドプールの初映画だ。映画公開で、日本でもファンが増えそうだ。

デッドプールはマーベル・コミックの中でも最も型破りと言われる異色ヒーローだ。金次第で敵にも味方にもなる傭兵で、自分がコミックの登場人物であることを知っているメタ発言など、ユニークな設定で人気を博している。
日本では2013年に初翻訳本『デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス』を刊行。その後も関連作品が多数リリースされている。2014年から15年にかけて放送されたテレビアニメ『ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ』ではゲストキャラとして出演し、視聴者に向って話しかけたり、パロディを披露したりと、デッドプールらしい暴れっぷりを見せつけた。

映画『デッドプール』はそんなアンチ・ヒーローがいかにして生まれたのかを描く誕生のストーリーだ。主人公のデッドプールことウェイド・ウイルソン役はライアン・レイノルズが担当。2010年に「ピープル」誌が選ぶ最もセクシーな男に選ばれ、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でもデッドプールを演じた彼の熱演に期待したい。

デッドプールは「X-MEN」シリーズのウルヴァリンと同じように、ウェポンX計画によって不死の体を手にしている。映画では新たに身に着けた能力とブラックユーモアを交えながら、自分を死なせかけた男を追跡することになる。
一般的なヒーロー像を破壊する過激なストーリーはもちろん、傭兵という経歴ゆえに二丁拳銃から日本刀まで扱えるデッドプールのアクションも見どころになるだろう。
[高橋克則]

映画『デッドプール』
2016年6月、TOHOシネマズ 日劇1ほか全国ロードショー
(c)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

「デッドプール」2016年6月全国公開 マーベルのアンチ・ヒーローが日本上陸

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『FGO』などの代表作を持つディライトワークス、新規プロジェクトに向けたメンバー募集を開始

    『FGO』などの代表作を持つディライトワークス、新規プロジェクトに向けたメンバー募集を開始

  2. 『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

    『GOD EATER3』主人公のイメージイラストや新アラガミを公開、グラフィックも大幅進化!

  3. サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

    サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース!かわいすぎるグッズになって登場

  4. 【昨日のまとめ】サンリオが『FGO』のキャラをデザイン・プロデュース、『けものフレンズぱびりおん』事前登録スタート、ディライトワークスが新規プロジェクトのメンバー募集…など(10/19)

  5. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  6. NHK Eテレのショートアニメ「あはれ!名作くん」に初音ミクさんが登場! 10月20日オンエア

  7. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  8. 【昨日のまとめ】『FGO』どのアルトリアが一番好き?、「ロケット団」の求人案内が出現、『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』時田貴司に直撃インタビュー…など(10/18)

  9. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  10. “不気味の谷を超えた”と話題のCG美少女「Saya」が更に進化! 既に動きのシステムも稼動

アクセスランキングをもっと見る