人生にゲームをプラスするメディア

プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる

その他 全般

プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
レゴ エデュケーションは、教材「レゴ WeDo 2.0」を2016年4月1日に発売します。

「レゴWeDo 2.0」は、日常生活に関連した科学的問題を題材に、レゴブロックを使ったモデル制作、プログラミング、無線技術が学べる教材です。アイコンのドラッグ&ドロップで簡単にプログラミングができるほか、文章に画像や動画を組み合わせて発表資料を作成することも可能となっています。


この教材を使うことによりモデル制作を手軽に行えるほか、専用アプリでプログラミングを直感的に覚えていくことが可能。また、教師側にプログラミングや情報教育の専門的な知識がなくとも、子供たちが楽しみつつ学ぶことができるようになっています。

なお、内容は小学校理科で扱う内容とリンクしており、完全版ソフトウェアには16のプロジェクトが収録。たとえば「引く力」というプロジェクトでは、バスケットに入れられた物体を引っ張るプルロボットを作り、実験をしながら、釣り合う力や摩擦などについて学ぶことができます。これらのプロジェクトを通し、「調べる」「組み立てる」「発表する」というプロセスを経て、子供たちの意欲を維持したまま学習を進められるとのこと。



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「レゴWeDo 2.0」は2016年4月1日発売予定。価格は以下のようになります。

・レゴWeDo 2.0基本セット
24,000円(税別)

・レゴWeDo 2.0カリキュラムパック
38,200円(税別)

LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2016 The LEGO Group.
《すしし》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【昨日のまとめ】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始、スクエニの今後の展望「大型タイトルを順次発表」、『FGO』異端なるセイレムの情報をおさらい…など(11/21)

    【昨日のまとめ】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』配信開始、スクエニの今後の展望「大型タイトルを順次発表」、『FGO』異端なるセイレムの情報をおさらい…など(11/21)

  2. 【特集】あの安室奈美恵だって出てたんだぜ…青春を捧げたセガハードが集結ー忘れられない“伝説”を、もう一度!

    【特集】あの安室奈美恵だって出てたんだぜ…青春を捧げたセガハードが集結ー忘れられない“伝説”を、もう一度!

  3. リュウが変形ロボに!?『ストリートファイターII』×「トランスフォーマー」シリーズ発売決定

    リュウが変形ロボに!?『ストリートファイターII』×「トランスフォーマー」シリーズ発売決定

  4. 【祝】11月22日はセガサターンの誕生日!―セガ公式Twitterに祝福のリプライが多数届く

  5. 【特集】編集部が選ぶ「影がうすい空気ゲームキャラ」10選

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. グッスマ、『FGO』フィギュア展示会を11月24日より開催―「マンガで分かるFGO マフィア梶田」を限定販売

  8. AC向け2D対戦格闘『ミリオンアーサー アルカナブラッド』が稼働開始!―ゲーセン初心者に向けたガイドも公開中

  9. 【特集】『連休に没頭できるSteamゲーム』10選

  10. スクウェア・エニックス社長が明かす今後の展望─今年度末からE3にかけて大型タイトルを順次発表、Nintendo Switchにも意欲

アクセスランキングをもっと見る