人生にゲームをプラスするメディア

プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる

レゴ エデュケーションは、教材「レゴ WeDo 2.0」を2016年4月1日に発売します。

その他 全般
プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
  • プログラミングできるレゴブロックが4月1日発売、モデル制作や無線技術も学べる
レゴ エデュケーションは、教材「レゴ WeDo 2.0」を2016年4月1日に発売します。

「レゴWeDo 2.0」は、日常生活に関連した科学的問題を題材に、レゴブロックを使ったモデル制作、プログラミング、無線技術が学べる教材です。アイコンのドラッグ&ドロップで簡単にプログラミングができるほか、文章に画像や動画を組み合わせて発表資料を作成することも可能となっています。


この教材を使うことによりモデル制作を手軽に行えるほか、専用アプリでプログラミングを直感的に覚えていくことが可能。また、教師側にプログラミングや情報教育の専門的な知識がなくとも、子供たちが楽しみつつ学ぶことができるようになっています。

なお、内容は小学校理科で扱う内容とリンクしており、完全版ソフトウェアには16のプロジェクトが収録。たとえば「引く力」というプロジェクトでは、バスケットに入れられた物体を引っ張るプルロボットを作り、実験をしながら、釣り合う力や摩擦などについて学ぶことができます。これらのプロジェクトを通し、「調べる」「組み立てる」「発表する」というプロセスを経て、子供たちの意欲を維持したまま学習を進められるとのこと。



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

「レゴWeDo 2.0」は2016年4月1日発売予定。価格は以下のようになります。

・レゴWeDo 2.0基本セット
24,000円(税別)

・レゴWeDo 2.0カリキュラムパック
38,200円(税別)

LEGO and the LEGO logo are trademarks of the LEGO Group. (C)2016 The LEGO Group.
《すしし》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ちいかわ』が回転寿司チェーン「くら寿司」とコラボ!ハチワレ、うさぎらのオリジナルフィギュアなどが登場へ

    『ちいかわ』が回転寿司チェーン「くら寿司」とコラボ!ハチワレ、うさぎらのオリジナルフィギュアなどが登場へ

  2. 漫画「ファイナルファンタジーXIV 私立エオルゼア学園」単行本が発売!連載元の「マンガUP!」では1話の試し読みも

    漫画「ファイナルファンタジーXIV 私立エオルゼア学園」単行本が発売!連載元の「マンガUP!」では1話の試し読みも

  3. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

    『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  4. 『ホグワーツ・レガシー』を4Kの美しいグラフィックで遊びたい人必見!おすすめのゲーミングモニター5選

  5. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  6. 任天堂がARを活用したスマホ向け『nintendogs』を開発中か?気になる特許情報が浮上

  7. 【今日のゲーム用語】「AAAタイトル」とは ─ ゲーム業界の活性化には欠かせない重要な存在

アクセスランキングをもっと見る