人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】「ザクとうふ」ヒットの裏側…「社長、なんか凄いことになっていますよ」

その他 アニメ

相模屋食料で代表取締役社長を務める鳥越淳司氏
  • 相模屋食料で代表取締役社長を務める鳥越淳司氏
  • 日本ものづくり大賞を受賞した「ナチュラルとうふ」シリーズ
  • ガンダムとコラボした「ザクとうふ」
  • 他にも、様々なガンダムコラボ商品を展開
  • 豆腐惣菜のブームに火をつけた「ひとり鍋」シリーズ
 14年8月30日、第25回神戸コレクションが開催。日本最大級のファッションショーと呼ばれるこのイベントで、ランウェイを歩くモデルが手にしていたのは豆腐だった。ショーで豆腐の新商品をデビューさせる――。前代未聞のチャレンジを行ったのは、群馬県に本社工場を持つ相模屋食料株式会社。26年度には売上178億円を記録した、業界最大手の豆腐メーカーだ。

 その後、「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」は、翌月7日の東京ランウェイにも登場し、会場の女性から喝采を浴びた。新開発のUSS製法による豆乳クリームを使用したことで、15年にはものづくり日本大賞を受賞している。

 製品を開発したのは、相模屋食料で代表取締役社長を務める鳥越淳司氏。社長自らが企画し、開発からプロモーションまでを手掛けたというこの製品は、一体どのような経緯から生まれたのか? そこには豆腐の新たなジャンルを作りたいという、鳥越氏の思いがあった。

■勝負に出て、自分の夢をかなえる
 鳥越氏が相模屋食料に入社したのは02年のこと。以前は雪印乳業(現雪印メグミルク)で営業職に就いており、その中で鳥越氏は00年、集団食中毒事件を経験することになる。各方面へと謝罪に向かう中、鳥越氏が痛感したのは製品に対する知識不足だった。雪印乳業では製販分離が徹底されていたため、営業職の人間が工場に入ることは無かったという。

 同じような経験を繰り返したくない。そんな思いから、鳥越氏は入社してすぐに工場に入り、豆腐の製造に携わることになる。夜中の1時に作業を開始し、大豆から豆乳を絞り、その味をみて、豆腐をよせて。その頃、義父にあたる江原寛一社長(現会長)から聞かされたのが、建設予定の第三工場についての話だった。


 江原氏は当時、日本最大規模となる豆腐工場を計画していた。必要とする予算は41億円。当時、会社の売り上げが32億円だった頃、それはあまりに身の丈に合わない話だった。社内で誰もが反対する中、唯一賛成したのが鳥越氏だったという。

「例えば、中古の機械を入れて、当時の需要に規模を合わせれば、10億円程度の予算で新しい工場ができたかもしれません。でも、それは今までの延長線上でしかないわけです。もっと勝負に出て、誰もが作ったことのない工場を建てて、自分たちのつくりたいお豆腐をつくる。それが、当時私たちが一番やりたいことだったんです」

 豆腐づくりに携わる中で、鳥越氏にはずっと悔しい思いをしていたことがある。それは、出来立てのおいしさを、そのまま提供できないこと。その日の作りを調整するために味見をすると、アツアツの豆腐は本当に美味しかった。それをパックに手で詰めるため、人肌で触れられるように冷やして出荷する。完成した豆腐からは、本来の美味しさが失われていた。

 そこで思いついたのが、出来立ての豆腐を熱いままパッケージに入れ、それを急激に冷やすこと。試しにつくった豆腐は、これまでの製品より確かに美味しかった。とはいえ、高温な状態のままの豆腐は、従来のように人の手ではパック詰めできない。産業機械のメーカーや展示会を回る中で、鳥越氏がたどり着いたのがロボットだった。

 高温多湿で水を多く使う豆腐工場は、ロボットにとって決して相性の良い環境ではない。さらに、出来立ての豆腐を熱いままパックに詰めるには、かなりのスピードでラインを動かすことになる。ラインの作業速度が上がれば、豆腐の生産量はあがるが、それだけの原料や生産力も必要だった。これらを一つ一つ解決するには、実際かなりの苦労があったという。


 また、大量の豆腐を作る一方で、その売り先については当初決まっていなかったという。しかし、たまたま縁のあった日本生活協同組合連合会(生協)の担当者が工場を訪れ、その価値が高く評価された。これまでに経験のない大規模な工場のこと、品質管理については手が届かないところもあったが、ノウハウについてかなりアドバイスを得ることができたという。

 こうして、05年に第三工場が稼働し、これを機に相模屋食料の売り上げは急激な成長を遂げていく。当時41億程度だった売り上げは、以降9年間で5倍以上に伸びていった。その中心に立って指揮を取った鳥越氏は、07年に社長に就任している。

■社長、なんか凄いことになっていますよ
 第三工場の立ち上げに成功した一方で、相模屋食料では今までと変わらない体質で、豆腐の製造が続いていた。スーパーの要望に応じて新商品を開発。業界的にもそれが慣例だったという。

 そんな会社に転機が訪れたのが10年のことだった。当時はモチモチとした食感が流行っていたこともあり、相模屋食料でもこれに合わせて、何か新商品を開発できないかと話が持ち上がる。食感の改良と言えば、定番なのがデンプンと寒天。さっそくデンプンを入れた厚揚げをつくってみると、それが抜群に旨かった。

 こうして発売された「焼いておいしい絹厚揚げ」は、年間30億円を売り上げる、業界でも異例のヒット商品となる。とはいえ、豆腐は大豆と水だけでつくるのが常識だったため、デンプン入りの豆腐は邪道だと、同業者から叩かれることもあったようだ。

「でも、そんなことはお客様には全く関係ありませんよね。もちろん、最低限のマナーはありますが、業界の慣習だからと批判されても、やりたいことは貫く。その頃からですかね、お豆腐で何かイノベーションができないかと考えるようになったのは」


 そんな鳥越氏だからこそ開発できた製品がある。12年に発売された「ザクとうふ」。子供の頃からガンダムが好きで、ただ自分の夢を叶えるためにつくった製品だった。そこには、豆腐業界を活性化したいという狙いもない。プラモデルを作って、それをどうですかと見てもらうような気分だったという。

 そのため、ザクとうふの開発は社長業の空いた時間を使い、鳥越氏一人の手で進められた。豆腐は機体のカラーに合わせて枝豆風味に仕上げ、それをザクの頭部を模るパッケージに入れる。モノアイ(単眼)に貼るシールについても、造形的に美しい半月形になるよう、何度もメーカーにリテイクさせた。

「別に隠していたわけじゃないので、社内の人間も開発のことは知っていましたけど、みんな微笑ましい目で見ていましたね。当時の営業部長に『シールは貼るのではなく、同封した方が喜ぶんじゃないですか?』と言われたこともありましたけど、全然わかってねぇなって(笑)。そんな感じで自分の世界に入って、一人でちまちま作っていました」

 12年3月に秋葉原で行った記者発表会も、アニメに登場するキャラの声優に会いたいという、ほとんどその一心から開いたものだったという。握手をしてもらい、「見せてもらおうか!相模屋のザクとうふの性能とやらを」と決め台詞を言ってもらい、ホクホク顔で降壇した鳥越氏に、同席していた社員が声をかけた。「社長、なんか凄いことになっていますよ」。

 そこで見せられたのが、スマホに表示されたツイッターだった。画面上ではザクとうふのことが呟かれており、それがほんの数秒のうちに次々と更新されていく。その日の夕方にはYahoo!ニュースのトピックスにも掲載された。

 プロモーション活動を一切行わなかったにも関わらず、ザクとうふは売れに売れた。今まで豆腐売り場に近づいたこともない、30代から40代の男性が初めて足を運んだ話もあったという。

「お豆腐というのは老若男女、誰もが食べられるのが前提でした。でも、ザクとうふのようにターゲットを絞っても、商品として成立することに、その時はじめて気づきましたね」(つづく)

【地方発ヒット商品の裏側】ガールズコレクションで大人気の豆腐!…相模屋食料(1)

《丸田鉄平/H14》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【コミケ94】これは撮らずにはいられない! 最終日に会場を沸かせたネタ系コスプレイヤーまとめ

    【コミケ94】これは撮らずにはいられない! 最終日に会場を沸かせたネタ系コスプレイヤーまとめ

  2. コミケ3日目の美女コスプレイヤーまとめ 酷暑を吹き飛ばす圧倒的美しさ!【C94】

    コミケ3日目の美女コスプレイヤーまとめ 酷暑を吹き飛ばす圧倒的美しさ!【C94】

  3. 「スプラトゥーン2 イカすカードウエハース」発売開始―3時のおやつにイカが?

  4. 可愛いやカッコいいだけがコスプレじゃない!コミケ1日目のネタ系コスプレまとめ【C94】

  5. 2日目も美女コスプレイヤーが集結! 『FGO』「はたらく細胞」人気キャラも続々【C94】

  6. お盆に帰ってきてほしいキャラクターは? "また会わせたい人がいる”キャラが続々ランクイン【お盆】

  7. 3日目を盛り上げた男性コスプレイヤーまとめ イケメン男子から筋肉男子まで勢揃い!【C94】

  8. コミケ会場にビーチハウスが出現!? ニトロプラスブースは夏全開【C94】

アクセスランキングをもっと見る