人生にゲームをプラスするメディア

Steamでトレードホールド機能が運用開始―Valveが導入経緯を説明「毎月77000アカウントが被害」

世界最大級のPCゲーム配信プラットフォームSteamで、12月9日より導入されたセキュリティ強化策のトレードホールド。本機能についてValveが導入の経緯を説明しています。

PCゲーム その他PCゲーム
Steamでトレードホールド機能が運用開始―Valveが導入経緯を説明「毎月77000アカウントが被害」
  • Steamでトレードホールド機能が運用開始―Valveが導入経緯を説明「毎月77000アカウントが被害」
世界最大級のPCゲーム配信プラットフォームSteamで、12月9日より導入されたセキュリティ強化策のトレードホールド。本機能についてValveが導入の経緯を説明しています。

説明では、アカウントハッキングによるトレード被害は近年増加傾向にあり、現在は毎月約77000アカウントが被害にあっていると報告。また、ハッキングを受けているのは、「怪しいリンク」をクリックするようなセキュリティに乏しいユーザーに留まらず、ハッカーが利益を得られる全てのアカウントがターゲットにされていると伝えています。

Valveはアカウントハッキングによるトレード被害に対して、これまではアカウントとアイテムを復元させる方法で補償していましたが、ハッキングの阻止は出来ておらず、根本的な対策にはなっていませんでした。

Steam トレードホールド機能
12月9日より、トレードでアイテムを失うユーザーは最低で7日間 Steam ガードモバイル認証機器を有効化していることが必要となります。 そうでない場合には、不正なトレードによるアイテム流出を防ぐ為に、受け渡しまで最大で3日間Steam がアイテムをホールドします。


今回導入されたセキュリティ強化の主眼となっているのは、ハッキングの被害を防ぎ、ハッカーに利益を与えないこと。投稿ではセキュリティを強化するべく様々な試行錯誤を行ったと伝えており、最終的にマーケットに大きな影響を与える可能性をトレードオフとしながらも、本セキュリティシステムの導入に踏み切ったと説明しています。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

    暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

  2. 『センチメンタルグラフティ』クラウドファンディングを達成し2019年1月、イベント実施が決定!

    『センチメンタルグラフティ』クラウドファンディングを達成し2019年1月、イベント実施が決定!

  3. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

    スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  4. 『Undertale』50%オフ!「GameMaker」で制作された人気作品がSteamでセール中

  5. このブーム、何事!?まだ間に合う『刀剣乱舞-ONLINE-』講座…その魅力を徹底解説

  6. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  7. 【今どきゲーム事情】杉山淳一:『WCG2008』日本代表決定! 板橋ザンギエフが語る格闘ゲームの魅力

  8. 『クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声』公式サイト公開! タイムリミットやメンバー入れ替えなどが前作から大きく変更

  9. 『ゼネピック オンライン』「Q Online」に運営移管、データは引継可能

  10. 叫ばないと前が見えない扁桃腺視点ホラーゲーム『Tonsil Terror』登場! 音声入力対応

アクセスランキングをもっと見る