人生にゲームをプラスするメディア

新作タクティカルRPG『グランキングダム』プレイレポ―手ごわい戦闘と深みある育成要素にドップリ

2015年11月19日、スパイク・チュンソフトよりPS4/PS Vita向けに発売されたタクティカルRPG『グランキングダム』のプレイレポートです。

ソニー PS4
新作タクティカルRPG『グランキングダム』プレイレポ―手ごわい戦闘と深みある育成要素にドップリ
  • 新作タクティカルRPG『グランキングダム』プレイレポ―手ごわい戦闘と深みある育成要素にドップリ
  • 新作タクティカルRPG『グランキングダム』プレイレポ―手ごわい戦闘と深みある育成要素にドップリ
  • 新作タクティカルRPG『グランキングダム』プレイレポ―手ごわい戦闘と深みある育成要素にドップリ
  • 新作タクティカルRPG『グランキングダム』プレイレポ―手ごわい戦闘と深みある育成要素にドップリ
  • 新作タクティカルRPG『グランキングダム』プレイレポ―手ごわい戦闘と深みある育成要素にドップリ

2015年11月19日、スパイク・チュンソフトよりPS4/PS Vita向けに発売されたタクティカルRPG『グランキングダム』。出口智彦氏の率いるモノクロが開発する本作は、4つの大国がひしめき合う乱世の大陸を舞台に、自分だけの傭兵団を結成し、各国の依頼をこなすオフラインクエストやオンライン専用の戦争に参加、報酬で傭兵団を強化していくゲームです。部隊の編成や育成方法、アクションと戦略性の融合したターン制バトル、仕掛けの多いすごろくのようなフィールド─など、プレイヤーを考えさせる歯ごたえのある作りとなっているのが特徴。その魅力やゲームの詳細、プレイフィールをお届けします。

■個性豊かな能力を持ったユニット編成を考える



ゲームをスタートしてまずプレイヤーを考えさせるのが、部隊編成です。各ユニットには4つのタイプに分かれた13のクラス(うち1つは初回特典ユニット)があります。攻守に優れた近接タイプ、射程の広い射撃タイプ、詠唱に時間のかかる魔法タイプ、独特の技を操る特殊タイプ─それぞれに攻撃範囲や方法、特殊能力が異なるため、どのような組み合わせにするのかが悩みどころ。例えば、近接タイプの「ローグ」は姿を消す特殊なスキルを持つ一方で防御力に難あり、射撃タイプの「ガンナー」は弾を使い分けることで様々な効果が期待できますが弾数制限があったりと、一筋縄ではいきません。敵のユニットもこれらのタイプを編成して登場するため、どんな相手にもバランスの良い部隊編成を考える必要があります。

さらに、各ユニットのパラメーターは個体差があり、名前や外見、ボイスのカスタマイズが可能で、同じクラスでも雰囲気を大きく変えられます。能力を重視してどんどんステータスが良いユニットを雇用するもよし、愛着を持って1人のユニットをコツコツ育てていくもよし。最大4人のユニットで部隊は編成できるので、近接タイプばかりを集めてごりごり攻めたり、異なるタイプをバランスよく配置したり─クラスごとに個性が強いので、まずは色々と試してみて自分にとってベストな組み合わせを探すのも楽しいです。

■フレンドリーファイアがあるバトルは、アクションと戦術が重要



クエストに参加すると、傭兵団はまず各フィールドのスタート地点に配置されます。フィールドはすごろくのようになっており、プレイヤーの部隊が1回行動すると敵も1回行動し、制限ターン内に目的を達成しなければなりません。フィールドには強敵だけでなく、回避するためにアイテムやターンが必要となる竜巻や川の氾濫などの災害があり、宝箱や資源を集めるためあちこち歩きまわっているとあっという間に制限ターンがきてしまうことも。さらに回復スキルやアイテムには限りがあるので、欲張らずに無駄な戦闘を回避することも重要な戦術となります。

バトルは、3つのラインが存在する横スクロール型ターン制バトルです。本作のバトルで重要な要素が、フレンドリーファイアがあること。ウィッチが放った魔法、ランサーが振り回した槍は攻撃対象の近くにいる味方キャラクターもダメージを受けてしまうため、攻撃のタイミングや方向には慎重を期す必要があります。慣れないうちは味方の攻撃で瀕死になることもしばしばで、筆者はよくメディックのボトル投げ攻撃でファイターが犠牲になっていました。さらに、攻撃にはボタン連打や対象を狙ってタイミングを合わせるといったアクション要素があり。障害物やトラップなどのギミックも配置されているので、効率よく敵を倒していくためにターンごとに変わる状況に対応する柔軟性も求められます。

■ストーリーを楽しむオフライン、みんなで戦うオンライン戦争モード



本作にはプレイ目的のちがう2つのモードがあります。1人専用のオフライン「クエストモード」では、メインシナリオを楽しむキャンペーン、各国からの依頼をこなすシングル、COMの操作する他のプレイヤーの傭兵団と戦うバーサス、自由にフィールドを探索するトラベルがあります。オフラインでは自分のペースで傭兵団を育てつつ、物語を楽しむことができるので、まずはここでしっかりとゲームに慣れていきましょう。

オンライン専用の「戦争モード」では、4つの国のいずれかと期間を決めて契約を行いスタート。リアルタイムで進行し一定時間に達すると終結となり、その時点で該当エリアの制圧ポイントの多いほうが勝利となります。戦争モードには各プレイヤーの精鋭傭兵団が集うので苦戦を強いられますが、倒せたときの喜びはひとしおです。また、戦争で契約国の侵攻するエリアや戦争中のルールである条約は投票によって決められるので、プレイヤーの1票が次の戦争の報酬を左右するといった要素もあります。2つのモードでは同じ傭兵団を登用できるので、戦争を部隊の実力試しの場として使うこともでき、自分が操作しない部隊は部隊派遣を行うことも可能です。


育成やバトルを中心に、プレイヤーを深く考えさせれる要素が多い『グランキングダム』。戦略性も非常に高く、敵も歯ごたえがある強さ。コツコツとキャラクター育てる楽しみもあるため、しっかりと腰を据えてプレイするゲームが好きなじっくり派プレイヤー向けのタイトルに仕上がっていると感じました。気になっている読者は、現在PSストアにて本作の一通りの要素をプレイできる体験版が配信中となっているので、一度触れてみてはいかがでしょうか。


記事提供元: Game*Spark
《まいたこ》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『グラブル ヴァーサス』射撃が得意な「ユーステス」参戦!既存8キャラのバランス調整や不具合修正も実施

    『グラブル ヴァーサス』射撃が得意な「ユーステス」参戦!既存8キャラのバランス調整や不具合修正も実施

  2. 『大神』本日4月20日で15周年─「アマテラス」と「イッスン」の名コンビが“筆しらべ”でナカツクニを救う! 水墨画のような美麗デザインも見惚れるばかり

    『大神』本日4月20日で15周年─「アマテラス」と「イッスン」の名コンビが“筆しらべ”でナカツクニを救う! 水墨画のような美麗デザインも見惚れるばかり

  3. 『NieR Replicant ver.1.22474487139...』原作の海外版『NIER』演出を完全再現!もう1つの「アトラクトムービー」公開

    『NieR Replicant ver.1.22474487139...』原作の海外版『NIER』演出を完全再現!もう1つの「アトラクトムービー」公開

  4. 今どこで買える? 販売方法は? 「PS5」の販売情報まとめ【4月20日】─「ドン・キホーテ」が新たな抽選受付を開始

  5. PS3/PS Vita向けのPlayStation Storeサービスの継続が決定―「判断を誤っていた」

  6. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  7. 『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』炭治郎の師匠「鱗滝左近次」が参戦決定!元水柱として老練な技の数々を繰り出す

  8. 『Horizon Zero Dawn』『Paper Beast』など10作品が期間限定無料配信!SIEの「Play At Home」イニシアチブ第3弾が3月26日より開始

  9. 『原神』日本がモチーフとされる新エリア「稲妻」のコンセプトアート初公開!『崩壊3rd』の「八重桜」に似たキャラも…

  10. 『モンハン:ワールド』俺たちの相棒「受付嬢」のかわいい姿を見よう! “全DLC衣装”でじっくり楽しむ受付嬢フォトコレクション【ワールド編】

アクセスランキングをもっと見る