人生にゲームをプラスするメディア

編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ

11月13日、東京は原宿・竹下通り交差点にある「NB BETA STADIUM」で行われた『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦「ウイニングイレブン 2016 NB BETA STADIUM CUP」。Game*Spark/インサイド編集部も本大会に参加したので、その模様をフォトレポートでお届けします。

その他 フォトレポート
編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ
  • 編集部も出場!白熱『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦フォトレポ


11月13日、東京は原宿・竹下通り交差点にある「NB BETA STADIUM」で行われた『ウイニングイレブン 2016』メディア対抗戦「ウイニングイレブン 2016 NB BETA STADIUM CUP」。Game*Spark/インサイド編集部も本大会に参加したので、その模様をフォトレポートでお届けします。


ニューバランスの最新アイテムも展示


MCの平野智一さんが実況・解説


Game*Spark/インサイド編集部員もイベントに参戦

本大会は各メディアから1人ずつが参加し、抽選により2人のチームを結成。合計8チームでトーナメント戦を戦います。なお、試合で使用する『ウイニングイレブン 2016』は、New Balance仕様の特別バージョン。各メディアチームは、ポルト、セビージャの他、フェライニや小笠原満男ら世界各国の選手たちによる混合チームNew Balance FCが選択可能でした。


ゲーム画面とプレイヤーの顔が大画面に映される


いよいよ出番


準備時間

抽選でCチームに振り分けられたGame*Spark/インサイド編集部は第2回戦で登場。中盤に押される展開があったものの、目の覚めるミドルシュートでの得点もあり、2-1で勝利。


前半、順調に試合を運ぶ


後半ピンチ


ゴールを決めてカメラパフォーマンス

続く準決勝では、得点の匂いを感じさせたものの、あえなく先制点を献上。ダメ押しの追加点も奪われ、0-2で惜しくも敗退となりました。優勝の栄光に輝いたのは、滑らかなチームワークを見せ、敵を寄せ付けなかったAチーム。優勝賞品として、New Balance Football ShoesとPS4版『ウイニングイレブン 2016』が贈呈されました。


2試合目はなすすべもなく敗退


敗戦後、準勝戦を見守る


編集部も負けてしまったAチームが見事優勝


コナミとニューバランスから賞品が贈呈



なお、11月14日(土)15日(日)には「NB BETA STADIUM」にて一般ユーザー参加型の『ウイニングイレブン 2016』大会も開催予定。10:00~13:00、14:00~16:30、17:00~19:00に行われ、時間内であれば随時参加可能とのこと。迫力ある大きなスクリーンでプレイできるので、興味のある方は参加を検討してみてはいかがでしょうか。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

    フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

  2. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

    【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  3. インサイドちゃんMark2が離島の高校生にVTuberの可能性を示す―なんてキレイなつーちゃんなんだ

    インサイドちゃんMark2が離島の高校生にVTuberの可能性を示す―なんてキレイなつーちゃんなんだ

  4. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  5. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る