人生にゲームをプラスするメディア

『METAL GEAR SOLID』訴訟の可能性もあった ― ジョン・カーペンター監督が語る

小島監督の代表的作品のひとつ『METAL GEAR』シリーズ。その主人公であるスネークのモデルとなったスネーク・プリスキンが登場する映画「ニューヨーク1997」の監督ジョン・カーペンター氏が、『METAL GEAR SOLID』に対する訴訟の可能性があったと語りました。

その他 全般
 
  •  
小島監督の代表的作品のひとつ『METAL GEAR』シリーズ。その主人公であるスネークのモデルとなったスネーク・プリスキンが登場する映画「ニューヨーク1997」の監督ジョン・カーペンター氏が、『METAL GEAR SOLID』に対する訴訟の可能性があったと語りました。

これは海外の映画系メディアHollywood Reporterのインタビューでカーペンター監督が、リュック・ベッソン監督が脚本を担当した映画「ロックアウト」訴訟に関連して語ったもの。「ロックアウト」は「ニューヨーク1997」と余りにも似ているとして、フランスにて訴訟に発展しており、裁判の結果「ロックアウト」側に8万ユーロの支払いが命じられていました。

関連した質問で「他にもこうした問題はありますか?」と投げかけられたカーペンター監督は、『METAL GEAR SOLID』もその1つだったと語りました。フランスのテレビ局Canal Plusが『METAL GEAR』訴訟をカーペンター監督へと打診したものの、小島監督と面識がある上に「私にとってナイスガイな人物」と評価しており、訴えることはしなかったと振り返っています。

ちなみに過去の海外報道では、カーペンター監督に『METAL GEAR』シリーズを認めてもらうよう小島監督が手紙を送ったことが報じられていました。また、『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』ではカーペンター監督からのコメントも寄せられており、2人の監督の良好な関係がうかがえます。

UPDATE: 記事初出時、映画名を誤っていたため訂正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。

『METAL GEAR SOLID』訴訟の可能性もあった―ジョン・カーペンター監督が語る

《水京》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

    コンパイルハート、とても「H」なカウントダウンサイトを公開!クリックで服が透け…

  2. 【コスプレ】人気レイヤー七雄の母性あふれる眼差しと笑顔にハートがつかまれる!【インタビュー】

    【コスプレ】人気レイヤー七雄の母性あふれる眼差しと笑顔にハートがつかまれる!【インタビュー】

  3. 【週刊インサイド】『ポケモン GO』伝説レイドバトルウィークの開幕が話題に─『アズールレーン』新衣装や『デスチャ』「リバースラビリンス」実装も要注目

  4. タイトー、アーケードゲーム『電車でGO!!』の大型アップデートを2月下旬に実施─初の私鉄路線として阪神電鉄が登場

  5. 「ネット流行語 100」2018年のノミネート単語を一挙公開!年間大賞は12月14日の生放送にて発表

アクセスランキングをもっと見る