人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2015】『エアシップQ』プレイレポ ― 面白さと革新性が同居する新しいモノつくり

東京ゲームショウ2015のSCEブースに出展されていたCygamesのPS Vita用タイトル『エアシップQ(AirshipQ)』を体験プレイする機会を得ましたので、そのプレイレポートをお届けします。

ソニー PSV
【TGS2015】『エアシップQ』プレイレポ ― 面白さと革新性が同居する新しいモノつくり
  • 【TGS2015】『エアシップQ』プレイレポ ― 面白さと革新性が同居する新しいモノつくり
  • 【TGS2015】『エアシップQ』プレイレポ ― 面白さと革新性が同居する新しいモノつくり
  • 【TGS2015】『エアシップQ』プレイレポ ― 面白さと革新性が同居する新しいモノつくり
  • 【TGS2015】『エアシップQ』プレイレポ ― 面白さと革新性が同居する新しいモノつくり
東京ゲームショウ2015のSCEブースに出展されていたCygamesのPS Vita用タイトル『エアシップQ(AirshipQ)』を体験プレイする機会を得ましたので、そのプレイレポートをお届けします。


日本初のサンドボックスアクションRPGと銘打たれた本作では、猫の姿にされてしまった主人公を操作。自分の姿を元に戻すため、そしてさらわれた弟を取り戻すために翔船と呼ばれる空飛ぶ船を操って魔女を探しに行きます。


体験プレイがスタートすると、プレイヤーが目覚めたのは空中に浮かぶ監獄でした。まずはここから脱出することを目指すようです。最初はブロックの削り方や設置方法、クラフト要素など、チュートリアルが随所にかつ丁寧に挿入されるので、戸惑うことはありませんでした。

今作にはRPG要素が入ってるため、材料を持っていても物を作れるわけではありません。マップのいたるところに散らばっている大きな石像を見つけてレベルアップする必要があります。造船や生活、武器などカテゴリー別にクラフトできるアイテムが異なるため、それぞれの石像を探さなくてはなりませんが、段階的にやれることが増えていくのは、純粋にワクワクしました。


序盤から手に入る土のブロックは空中に1マスだけ置くと、すぐに壊れてしまううえ、自分の真上、もしくは真下には置けないので移動は常に考えながら動かなければなりません。ただし、すぐに壊れると言っても、飛び移って次のマスを置く、という行動を迅速に行えば上に登っていけるので高いプレイスキルがあれば、やれることは格段に増えるでしょう。


本作のタイトルにもある「エアシップ(翔船)」は重要な役割を果たします。空中を移動できる唯一の手段であるため、絶対に行けない場所にある石像や、ほかの島に行くためには必要不可欠。操作方法は右スティックのみの簡単操作なので、面倒な操作は要求されません。クラフトには帆をはじめとする造船アイテムも豊富にあるので自身の思うままに船を拡張できます。また、船の形そのものを自由に設計できるようなので、クリエイティブ精神のおもむく通りに改築してみるのも一興かもしれません。

様々な要素が絡み合い、複雑なのに単純明快な本作は、『Minecraft』や『テラリア』といった先達の面白さをしっかりと継承。さらに、ロケーションを空に移し「エアシップ(翔船)」を導入することでその面白さをさらに昇華させ、革新性を伴わせた作品だと感じました。今回はオフラインのソロプレイでしたが、アドホック4人協力プレイもできるそうなので、そちらもプレイしてみたいです。

『エアシップQ』はPS Vitaを対象に、11月19日発売予定。価格はパッケージ版が2,500円(税込)、ダウンロード版が2,000円(税込)です。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』フィッシュル、ディルックに「新コスチューム」登場!攻撃エフェクトにも変化あり

    『原神』フィッシュル、ディルックに「新コスチューム」登場!攻撃エフェクトにも変化あり

  2. 『原神』Ver.2.8で「★4 鹿野院平蔵」新登場!キレッキレの“近接格闘風なバトルシーン”は必見

    『原神』Ver.2.8で「★4 鹿野院平蔵」新登場!キレッキレの“近接格闘風なバトルシーン”は必見

  3. 『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

    『Fall Guys』ガチで勝ちたいあなたにおくる12のテクニック!ショートカットやID表示で差をつけよう

  4. 葛葉曰く特級呪物…「ストリーマーRust」で最大級の爪痕を残した「おいすタクシー」

  5. 『原神』新たな国「スメール」公開か!?まもなく開放予定とされる「新地域」の紹介映像公開

  6. 『FF7R』には幻のティファパートが存在した!開発秘話で明かされた、実際に遊べるまで開発されていた内容と未収録の理由とは?

  7. 「無人島開拓」新情報も!『FF14』パッチ6.2は8月下旬公開予定─「第71回PLL」ひとまとめ

  8. 『原神』懐かしき「金リンゴ群島」再び!イベント満載の「Ver.2.8」新情報ひとまとめ

  9. 『原神』なぜ?「八重神子」から2日連続で誕生日メールが届く―垣間見えた「雷電将軍」とのエモすぎエピソード

  10. 「PS5」の販売情報まとめ【7月2日】─「ヤマダデンキ」が抽選販売開始! 明日7月3日までなので要注意

アクセスランキングをもっと見る