人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック

2015年9月17日から開催されている「東京ゲームショウ2015」にて、ニンテンドー3DS『モンスターハンター ストーリーズ』の試遊版を体験プレイしてきました。今回はそのレポートをお届けします。

任天堂 3DS
【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
  • 【TGS2015】モンハンでRPGって結局どうなの?3DS『モンハン ストーリーズ』先行プレイ!三すくみバトルや雰囲気をチェック
2015年9月17日から開催されている「東京ゲームショウ2015」にて、ニンテンドー3DS『モンスターハンター ストーリーズ』の試遊版を体験プレイしてきました。今回はそのレポートをお届けします。

『モンスターハンター ストーリーズ』は、『モンスターハンター』シリーズ初となるRPGです。モンスターと絆を結びともに戦う「モンスターライダー」が主人公になっており、さまざまな“オトモン”を集めて冒険するといった物語が展開されていきます。


カプコンの『モンスターハンター ストーリーズ』試遊コーナーでは、本作に登場する「ナビルー」が出迎えてくれます。


また、ブース背景のイラストだけでなく、椅子や机もどことなく『モンスターハンター』風になっているうえ、ゲーム試遊後には“卵に入ったオリジナルタオル”がもらえたりと、こだわりが見て取れます。

◆体験レポート



さて、本作をプレイした感想を一言で表現すると「とてもわかりやすいRPG」でしょうか。しかしながら、『モンスターハンター』らしい雰囲気はきちんと存在します。


まず、プレイヤーは一人前のモンスターライダーとなるため、ナビルーとともにモンスターの卵を探しにいくことになります。


そして、イャンクックの卵を見つけ、追われながらもなんとか持ち帰ることに成功。卵を孵化させ“オトモン”をゲットすると、洞窟の奥にいるモンスターを討伐して欲しいとのクエスト依頼が舞い込みます。村で準備を整えたら、いざ相棒とともに冒険の旅に出発です。


本作はシンボルエンカウントとなっており、敵モンスターの近くに行くと自動で戦闘が発生します。また、フィールド上ではオトモンに乗ることができ、移動は快適そのもの。あたりに落ちている素材なども、乗ったまま入手することができます。


バトルはターン制システムが採用されており、基本的にはライダー側の行動を選択するだけでOKです(モンスターの行動も選択できますが、選ばなくても自動で行動します)。


また、通常攻撃には「パワー」「スピード」「テクニック」という3種類のアタックが存在し、それぞれが三すくみになっています。モンスターごとにどの攻撃をするかといった傾向があるため、それを知ることが勝利への近道となるでしょう。


そして、オトモンに乗ることはバトルでも重要な要素。絆ゲージが溜まると、強烈な「絆技」が発動可能に。この技を発動すると、オトモンに乗り込み強烈な技を繰り出します。


絆技はそれぞれモンスターごとに違ったものになっているようで、イャンクックの技はなかなかユニークなものになっていました。しかし威力は高く、さらに発動するとオトモンのHPが全回復する模様。よって、いかに絆ゲージを溜めるかもバトルのポイントとなるようです。

試遊版では、最奥部にいるリオレウスとのバトルが待ち受けています。強烈な攻撃を仕掛けてくるため、回復薬や砥石といったアイテムを使い、戦いを有利に進めていきましょう。こういったアイテムや、メニュー画面なども『モンスターハンター』シリーズらしく仕上がっています。

◆まとめ


バトルの基本システムは三すくみでわかりやすく、バトル中にモンスター同士が連打して戦う場面が発生することもあり、そして絆技の派手さなどを見ると、どことなく低年齢層向けのアーケードゲームに似た雰囲気を感じます。

『モンスターハンター ストーリーズ』はTVアニメ化が行われることも発表されていることから、低年齢層にも向けた作品であることも間違いないのでしょう。しかしながらRPGとしての出来に期待できないわけではなく、そのあたりの調整がうまくいけば、より幅広い層に受け入れられる作品になるかもしれません。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『モンスターハンター ストーリーズ』は2016年発売予定です。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
《すしし》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチの2018年ソフトDL数ランキングが公開―年末に登場したあの作品が1位に!

    ニンテンドースイッチの2018年ソフトDL数ランキングが公開―年末に登場したあの作品が1位に!

  2. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  3. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  6. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  7. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  8. スイッチ『Travis Strikes Again: No More Heroes』本日18日発売!『ゼルダ』とのコラボや7日後に配信されるパッチの存在が明らかに

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る