人生にゲームをプラスするメディア

CC2新作『ニューワールド』は“.hackの世界観・コンセプトを踏襲しつつ、一から再構築したRPG”に!ゲーム画面も多数公開

先ほど発表された、“貞本義行×サイバーコネクトツー×バンダイナムコ”という製作体制で開発が進むiOS/Androidアプリ『ニューワールド』に関する続報が到着しました。

モバイル・スマートフォン iPhone
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
先ほど発表された、“貞本義行×サイバーコネクトツー×バンダイナムコ”という製作体制で開発が進むiOS/Androidアプリ『ニューワールド』に関する続報が到着しました。


その製作体制や、一足早く公開された映像で確認できるキーワードなどから、『.hack』を連想する方も多かった本作ですが、早速続報が届きました。明かされた最新情報によれば、『.hack』の世界観・コンセプトを踏襲しつつ、一から再構築する新規プロジェクトとなる「Project N.U.」によるひとつの展開とのこと。


このたび発表された新作RPG『ニューワールド』は、同プロジェクトの1stプロダクト。ですが本作は、プロジェクトが内包する世界の一側面に過ぎず、ゲームとしての『ニューワールド』だけでなく「Project N.U.」としての新たな展開も予定しているとのことです。


一大プロジェクトの先陣として登場した『ニューワールド』のキーキャラクターデザインを務めるのは、すでに名前が挙がっている貞本義行氏。今回の発表と共に、貞本氏の美麗なタッチによって描き出された魅力的なキャラクターの画像が到着しています。また、数多くの代表作と実績を持つサイバーコネクトツーが手がける3D演出を捉えたゲーム画像も公開に。


『ニューワールド』の特徴の一つが、リアル頭身で表現される迫力の3D演出です。爽快なバトル演出や美麗な「街」の表現など、『ニューワールド』の持つ世界観・物語・キャラクターが、リッチな3Dグラフィックで表現されています。その説得力は、公開されている画像でぜひお確かめください。



さきほど公開を迎えた公式サイトでは、PVやゲーム画像などがお披露目に。また、事前登録キャンペーンや装備デザインコンテストの受付も開始。動き始めた新プロジェクトの今後にも、要注目です。なお明日から開催される「東京ゲームショウ 2015」のバンダイナムコブース「876TV inTGS」にて、9月19日の15時頃より『ニューワールド』が紹介されます。世界観、やームシステムなどの追加情報が明らかになるので、まずはそちらをお見逃しなく。

■生放送URLhttp://live.nicovideo.jp/watch/lv232753299

◆闇の中の少女、世界に降り立つあなたの物語



「アナタハ ワタシヲ ミツケタ──」

復興都市「マク・アヌ」で生きる主人公は、闇の中で白銀の瞳を持つ一人の少女と出会う。その少女の声は、この世界に隠された秘密を呼び起こし、禁じられし力を主人公に授けることとなる・・・。

キミが持つ、世界。キミを持つ、世界。それが「ニューワルド」。
この世界に、もう一人の君がいる。


◆事前登録キャンペーン&装備デザインコンテスト


■事前登録キャンペーン開始、期間限定アイテムでスタートダッシュ!

公式サイトのオープンにあわせ、事前登録者の数に応じて、配信開始直後の全員プレゼントアイテムが増えていくキャンペーンを開始しています。本キャンペーンは、アプリ配信開始直後から全員プレゼントのアイテムが期間限定で付与されるため、配信されたことをユーザーがメールまたはTwitterで直接知ることができる「事前登録」がオススメです。また、Androidをご利用のユーザーに向けて、アプリ配信前に実施予定のクローズドβテストへの抽選応募も受付中です。

■装備デザインコンテスト受付開始!

ユーザーがゲーム内の装備品を自由にデザインできる「装備デザインコンテスト」の受付も開始しています。優秀賞受賞作品は、ユーザーがゲーム内で実際に使える装備品として配信予定です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『ニューワールド』は2015年配信予定。価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C).hack Conglomerate
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
※画面は開発中のものです。
《臥待 弦》

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『コードギアス』新作アプリの「ログボ画面」が怖い…原作愛に溢れすぎた“ブラックジョーク”が話題に

    『コードギアス』新作アプリの「ログボ画面」が怖い…原作愛に溢れすぎた“ブラックジョーク”が話題に

  2. 『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

    『FGO』現在登場している疑似サーヴァントを改めて確認―「司馬懿」&「アストライア」の登場でその数は11騎に!【特集・UPDATE】

  3. 『魔界戦記ディスガイア』シリーズ最強は誰だ!?編集部とVTuberがプレゼン大合戦

    『魔界戦記ディスガイア』シリーズ最強は誰だ!?編集部とVTuberがプレゼン大合戦

  4. 「フィギュア」はどうやって作られる? トップメーカーに密着したら、進化し続ける“職人技”がスゴかった!【フィギュア作り】

  5. 即完売となった『ブルアカ』初のオフィシャルアートワークスが緊急重版!出来予定日は10月下旬

  6. レイド続きで回復アイテムが少なくなってない?知っておくと得する補充術【ポケモンGO 秋田局】

  7. コミュディ期間中にわざマシンを使えば限定技を覚えるのか、徹底検証!【ポケモンGO 秋田局】

  8. 『FGO』アニメ化するなら何章がいい?結果発表―2つの章が大接戦!【読者アンケート】

  9. 『ウマ娘』のたづなさんって一体何者?「ウマ娘説」「トキノミノル説」の根拠となっているのは…

  10. 『アクション対魔忍』日本版がサービス終了に…対魔忍を愛する世界中のユーザーがつながり、楽しんでもらうため―今後はグローバル版へ統合

アクセスランキングをもっと見る