人生にゲームをプラスするメディア

【60秒アプリタッチ】『PAC-MAN 256』-あの名作が新しくアプリになって帰ってきた

モバイル・スマートフォン iPhone

【60秒アプリタッチ】『PAC-MAN 256』-あの名作が新しくアプリになって帰ってきた
  • 【60秒アプリタッチ】『PAC-MAN 256』-あの名作が新しくアプリになって帰ってきた
60秒アプリタッチ」は、インサイドとGame*Spark編集部が気になるスマホ向けゲームアプリをピックアップして、60秒の動画で紹介するコーナーです。今回は、名作『パックマン』をリメイクして新しい要素を組み込んだ『PAC-MAN 256』をご紹介。開発にはバンダイナムコエンターテイメントに加えて、『クロッシーロード』でお馴染みのHipster Whaleも携わっています。



PAC-MAN 256』は下から迫りくる英数字のバグに飲み込まれることのないように、できる限り上を目指しながらハイスコアを狙うゲームです。パックマンでお馴染みの色ごとに行動パターンの異なるモンスターたちが行く手を阻んでおり、それらの動きを予測しながらポイントとなるドットを食べていきます。ステージに配置されているパワークッキーを取るとモンスターは"イジケ"状態となり、パックマンが食べられるようになるところも原作そのままです。

原作と大きく異なるところは"パワーアップアイテム"(現在16種類)が用意されているところです。パワーアップアイテムにはパックマンがレーザーを発射する、パックマンが巨大化する、敵の動きを鈍らせるなど様々なバリエーションが用意されています。ゲーム開始前に一定時間ごとに回復する"クレジット"を消費することで、選択した3種類がマップ上にアイテムとして出現するようになります。また、ゲーム内マネーのコイン(上記のクレジットとは別物)を使用することでパワーアップアイテムのレベルを上げることも可能となっています。

ちなみにアプリタイトルに含まれている"256"という数字は、原作『パックマン』の256面にて画面が英数字で乱れてしまうバグから取られています。また、ゲーム内で256個連続でドットを食べると"256ドットコンボ"なるものが発動します。かつてのオリジナルにあるバグをゲームの中に組み込んでいる、遊び心あるゲームデザインですね。


「60秒アプリタッチ」コーナーへのご意見・ご感想、今後取り上げて欲しいアプリがある方は、お気軽にコメント欄にお寄せください。
《LayerQ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

    『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  2. 『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

    『少女前線』日本版の正式タイトルが『ドールズフロントライン』に決定―名称の変更は、商標所有者による悪質な違約と妨害のため

  3. Google Playストアにて障害が発生中―アプリ各社が一時的に購入を控えるよう呼びかけ

    Google Playストアにて障害が発生中―アプリ各社が一時的に購入を控えるよう呼びかけ

  4. 『FGO』第2部第2章「無間氷焔世紀 ゲッテルデメルング 消えぬ炎の快男児」を考察【特集】

  5. 『アークザラッド』新作のティザーサイトが公開!気になる詳細は7月30日に解禁

  6. 『バンドリ!』×『ペルソナ』コラボの開催日やメンバーイラストが明らかに!公式生放送「@ハロハピCiRCLE放送局」まとめ

  7. 『ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ』2018年配信決定!公式サイトでは主題歌の試聴も

  8. 『D×2 真・女神転生 リベレーション』7月19日に「Ver 1.4.0」へのアップデートが決定!

  9. 黄金の田んぼジムを拝むために通い続けた、30日間のノンフィクションドラマ【ポケモンGO 秋田局】

  10. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

アクセスランキングをもっと見る