人生にゲームをプラスするメディア

【60秒アプリタッチ】『PAC-MAN 256』-あの名作が新しくアプリになって帰ってきた

60秒で気になるスマホ向けゲームアプリを紹介していくコーナー「60秒アプリタッチ」。今回はかつての名作であるパックマンが新しくスマホ向けアプリにリメイクされた『PAC-MAN 256』をご紹介します。

モバイル・スマートフォン iPhone
【60秒アプリタッチ】『PAC-MAN 256』-あの名作が新しくアプリになって帰ってきた
  • 【60秒アプリタッチ】『PAC-MAN 256』-あの名作が新しくアプリになって帰ってきた
60秒アプリタッチ」は、インサイドとGame*Spark編集部が気になるスマホ向けゲームアプリをピックアップして、60秒の動画で紹介するコーナーです。今回は、名作『パックマン』をリメイクして新しい要素を組み込んだ『PAC-MAN 256』をご紹介。開発にはバンダイナムコエンターテイメントに加えて、『クロッシーロード』でお馴染みのHipster Whaleも携わっています。



PAC-MAN 256』は下から迫りくる英数字のバグに飲み込まれることのないように、できる限り上を目指しながらハイスコアを狙うゲームです。パックマンでお馴染みの色ごとに行動パターンの異なるモンスターたちが行く手を阻んでおり、それらの動きを予測しながらポイントとなるドットを食べていきます。ステージに配置されているパワークッキーを取るとモンスターは"イジケ"状態となり、パックマンが食べられるようになるところも原作そのままです。

原作と大きく異なるところは"パワーアップアイテム"(現在16種類)が用意されているところです。パワーアップアイテムにはパックマンがレーザーを発射する、パックマンが巨大化する、敵の動きを鈍らせるなど様々なバリエーションが用意されています。ゲーム開始前に一定時間ごとに回復する"クレジット"を消費することで、選択した3種類がマップ上にアイテムとして出現するようになります。また、ゲーム内マネーのコイン(上記のクレジットとは別物)を使用することでパワーアップアイテムのレベルを上げることも可能となっています。

ちなみにアプリタイトルに含まれている"256"という数字は、原作『パックマン』の256面にて画面が英数字で乱れてしまうバグから取られています。また、ゲーム内で256個連続でドットを食べると"256ドットコンボ"なるものが発動します。かつてのオリジナルにあるバグをゲームの中に組み込んでいる、遊び心あるゲームデザインですね。


「60秒アプリタッチ」コーナーへのご意見・ご感想、今後取り上げて欲しいアプリがある方は、お気軽にコメント欄にお寄せください。
《LayerQ》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

    7kmタマゴから地域限定ポケモンが欲しい人必見!隠された秘密を徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  2. 『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

    『FGO』「バトル・イン・ニューヨーク 2018」詳細発表! ピックアップ召喚には「ギルガメッシュ(アーチャー)」が

  3. 「『FGO』現状何個の強化クエストをクリアしていた?」結果発表―半数以上のマスターがクリア数40個を超えず【読者アンケート】

    「『FGO』現状何個の強化クエストをクリアしていた?」結果発表―半数以上のマスターがクリア数40個を超えず【読者アンケート】

  4. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 『アークザラッド R』の世界を救った勇者アークと聖女ククル!伝説ではなく年齢相応の素顔と出会いを紐解く

  7. 【無駄な本気】アヒルボードでしか行けない湖のド真ん中に、ポケモンは出現するのか【ポケモンGO 秋田局】

  8. 童話を舞台とした新作RPGプロジェクト『Project Echoes』の正式タイトル名が『グリムエコーズ』に決定!

  9. 『アズールレーン』どこに投資するのがベスト!?―貴重なダイヤの使い道5選

  10. 【CEDEC 2017】グリー『アナザーエデン』開発における課題の解決術...円滑な開発は失敗から?

アクセスランキングをもっと見る