人生にゲームをプラスするメディア

日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う

日本の水道橋重工の手がける「クラタス」と一年後に対決を控える「MegaBot Mk.2」を手がけるアメリカのロボット開発企業MegaBotsはクラウドファンディングサイトKickstarterにて改造費用の募集プロジェクトを開始しました。

その他 全般
日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
日本の「クラタス」との対決を一年後に控えるアメリカのロボット開発企業MegaBotsは、Kickstarterにて「MegaBot Mk.2」の改造費用募集プロジェクトを開始しました。

そもそもの始まりは、世界初の歩行ロボットとして制作した「MegaBot Mk.2」よりも先に、水道橋重工のロボット「クラタス」が制作されていたことを知ったMegaBotsが、「MegaBot Mk.2」の優位性を示すため挑戦状をYouTube上に公開。それを水道橋重工が受諾したという流れです。

◆「MegaBot Mk.2」の現状




MegaBotsはバッカーとなる“愛国者”に向けて現状を報告するとともに、白兵戦を含む挑戦に対応すべく必要とされる資金500,000ドルと、そのアップグレードの内訳を公開。プロジェクトページによれば、「MegaBot Mk.2」は射撃戦に特化しており白兵戦には不向きであることを訴え、問題解決には追加装甲の必要性と、強力な武器の追加、動力と油圧のアップグレードを始めとした「MegaBot Mk.2」のテスト運用、バランサーやパイロット保護システムや塗装の追加の必要性を説明しています。

◆資金の内訳


500,000ドル以上の資金が集まった場合は、格闘性能の向上と高性能トラックをベースにした機動力のアップグレードが行われ、その機動力はクラタスの二倍になるとのこと。750,000ドル以上の資金で、新たな遠距離火器の追加やパイルバンカー、空気圧駆動のパンチングアームといった近接武装が実装されます。



1,000,000ドル以上では壮絶な殴り合いになることを踏まえ、米国防高等研究計画局DARPAのヒューマノイドロボットコンテンストで、米国トップチームとして活躍したIHMC Roboticsからバランス制御システムの提供を受け、1,250,000ドル以上ではNSAから搭乗者を守る耐衝撃システムを求めるそうです。

さらに1,500,000ドル以上では、常々不満であったらしい「MegaBot Mk.2」のペイントをハリウッド映画のデザインやアートを手がけるFonCo Creative Servicesへ依頼する予定です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

なお、9月20日時点で既に260,000ドル以上の金額が集まっており、恐ろしいほどの好調ぶりを見せています。
《》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「とらのあな」8月いっぱいで秋葉原店Aなど5店舗が閉店―池袋店は運営を継続

    「とらのあな」8月いっぱいで秋葉原店Aなど5店舗が閉店―池袋店は運営を継続

  2. 『Ghost of Tsushima』の宿敵が父親と瓜二つ!爆笑ツイートに「どう見ても本人」と17万いいね

    『Ghost of Tsushima』の宿敵が父親と瓜二つ!爆笑ツイートに「どう見ても本人」と17万いいね

  3. グラボ盗難の次は店舗BAN。新大久保「e-sports cafe」でチーターへの鉄槌が思わぬ形で降り注ぐ

    グラボ盗難の次は店舗BAN。新大久保「e-sports cafe」でチーターへの鉄槌が思わぬ形で降り注ぐ

  4. NFT取引が可能なブロックチェーン対応ゲーム機が発表―既視感のあるロゴには指摘の声も

  5. “山に登りながら” 高難度ACT『Cuphead』スピードランに挑戦!休憩を挟みつつも何とか完遂

  6. 『League of Legends』『原神』…スタイリッシュビューティーな中国コスプレイヤー・花甲conchの超絶美麗ショットに大注目!

  7. 空中に浮かぶフィギュア!?「バック・トゥ・ザ・フューチャーPartII」のデロリアンが8月に発売

  8. 市長は双剣使い!?『モンハンライズ:サンブレイク』と横須賀市がコラボしたので、街中を見て回ってきました【フォトレポ】

アクセスランキングをもっと見る