人生にゲームをプラスするメディア

日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う

日本の水道橋重工の手がける「クラタス」と一年後に対決を控える「MegaBot Mk.2」を手がけるアメリカのロボット開発企業MegaBotsはクラウドファンディングサイトKickstarterにて改造費用の募集プロジェクトを開始しました。

その他 全般
日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
  • 日米“巨大ロボ”対決続報…米国「MegaBot Mk.2」がKickstarterで改造資金を募集、パイルバンカーやパンチングアームの実装を狙う
日本の「クラタス」との対決を一年後に控えるアメリカのロボット開発企業MegaBotsは、Kickstarterにて「MegaBot Mk.2」の改造費用募集プロジェクトを開始しました。

そもそもの始まりは、世界初の歩行ロボットとして制作した「MegaBot Mk.2」よりも先に、水道橋重工のロボット「クラタス」が制作されていたことを知ったMegaBotsが、「MegaBot Mk.2」の優位性を示すため挑戦状をYouTube上に公開。それを水道橋重工が受諾したという流れです。

◆「MegaBot Mk.2」の現状




MegaBotsはバッカーとなる“愛国者”に向けて現状を報告するとともに、白兵戦を含む挑戦に対応すべく必要とされる資金500,000ドルと、そのアップグレードの内訳を公開。プロジェクトページによれば、「MegaBot Mk.2」は射撃戦に特化しており白兵戦には不向きであることを訴え、問題解決には追加装甲の必要性と、強力な武器の追加、動力と油圧のアップグレードを始めとした「MegaBot Mk.2」のテスト運用、バランサーやパイロット保護システムや塗装の追加の必要性を説明しています。

◆資金の内訳


500,000ドル以上の資金が集まった場合は、格闘性能の向上と高性能トラックをベースにした機動力のアップグレードが行われ、その機動力はクラタスの二倍になるとのこと。750,000ドル以上の資金で、新たな遠距離火器の追加やパイルバンカー、空気圧駆動のパンチングアームといった近接武装が実装されます。



1,000,000ドル以上では壮絶な殴り合いになることを踏まえ、米国防高等研究計画局DARPAのヒューマノイドロボットコンテンストで、米国トップチームとして活躍したIHMC Roboticsからバランス制御システムの提供を受け、1,250,000ドル以上ではNSAから搭乗者を守る耐衝撃システムを求めるそうです。

さらに1,500,000ドル以上では、常々不満であったらしい「MegaBot Mk.2」のペイントをハリウッド映画のデザインやアートを手がけるFonCo Creative Servicesへ依頼する予定です。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

なお、9月20日時点で既に260,000ドル以上の金額が集まっており、恐ろしいほどの好調ぶりを見せています。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『スマブラSP』小ネタ8選に読者の関心が集中!─『アズールレーン』加賀の新たな姿や『FGO』新サーヴァントも要注目

    【週刊インサイド】『スマブラSP』小ネタ8選に読者の関心が集中!─『アズールレーン』加賀の新たな姿や『FGO』新サーヴァントも要注目

  2. 優勝賞金100万ドル『シャドバ』世界大会2018!五木あきら含む公式コスプレイヤー10人が会場を彩る【写真107枚】

    優勝賞金100万ドル『シャドバ』世界大会2018!五木あきら含む公式コスプレイヤー10人が会場を彩る【写真107枚】

  3. フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

    フォロワー数110万!中国プロコスプレイヤー夏美の圧倒的な“美の顕現”【インタビュー】

  4. インサイドちゃんMark2が離島の高校生にVTuberの可能性を示す―なんてキレイなつーちゃんなんだ

  5. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  6. 中国人気コスプレイヤー黒川の大きな瞳に乾杯!シャッター押すのを忘れるほどkawaii【インタビュー】

  7. 「モンスターボールPlus使ってみてどうだった?」結果発表─雰囲気は最高!でも改善点も…?【読者アンケート】

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

アクセスランキングをもっと見る