最速ゲーム情報メディア: インサイド
follow us
日米巨大ロボ対決が実現!?クラタス VS メガボットMk-2…決戦は1年後

日米巨大ロボ対決が実現!?クラタス VS メガボットMk-2…決戦は1年後

2015年7月7日(火) 13時56分

日本の水道橋重工が手がける巨大ロボット「クラタス」と、アメリカ西部の最先端ロボット研究所MegaBotsが手がける巨大ロボット「メガボットMk-2」の対決が1年後に行われます。

事の発端は、MegaBotsがYouTubeに公開した1本の動画です。MegaBotsは、5400kgの重量を誇り、1kgの砲弾を160キロの速度で発射することのできる二人乗りのロボット「MegaBot Mk-2」を“世界初の歩行ロボット”として開発。ところが、水道橋重工が自分たちよりも先に歩行可能なロボット「クラタス」を開発していたことを知り、優位性を示すために挑戦状をYouTube上に公開したのです。


当初より、水道橋重工は明確な反応を示していませんでしたが、つい先日これに答える形でクラタスの責任者件社長の倉田光吾郎氏が、YouTube上でアンサー動画を公開。油圧の力強い文字が書かれた日の丸を背負いながら「ぶん殴って倒して勝つ」と挑戦を受ける決意を述べました。


対戦内容も詳しい日程もまだ公開されていませんが、決戦の日は一年後とのこと。それまでにお互い、対ロボット戦に向けたチューンナップや作戦を整えるということになるようです。



気になるのは「MegaBot Mk-2」と「クラタス」のスペック。分かっているかぎりでは、「MegaBot Mk-2」はキャタピラ歩行の二人乗りパイロット式となっており、工業的なデザインの装甲は完全な鉄を使い、目標確認にはパイロット席から直接視認するタイプとなっています。高さは4メートルほどで、動力はエンジンから得ます。また、装備はオートリロード可能なガス式ランチャーが二門あります。



対する「クラタス」は四脚で支えるタイヤ走行を可能にしており、一人乗りのパイロット式となっていますが、内蔵プログラムによりスマートフォンによる操作で内部に人がないなくてもある程度の操作が可能。デザインはボトムズに影響を受けた80年代的な“いたく”を持ち、装甲はプラスチックと鉄。目標確認にはロボットの頭部の前後方に備えられたカメラで映像を捉え、パイロット席にそなえつけられたモニターで視認するタイプとなっています。

また、ドローン4機による俯瞰した映像も扱うことができるとのこと。高さは3.8メートルの重量5トンとなっており、動力はディーゼルエンジンから得ます。こちらの装備は六連装ランチャーに二門のガトリングの他、パイルバンカーや油圧式カッターなど各種が装備可能となっています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

この戦いがきっかけに各国のロボット開発チームが名乗りを上げ、大きなムーブメントになったら面白いですね。

  • 日米巨大ロボ対決が実現!?クラタス VS メガボットMk-2…決戦は1年後の画像
  • 日米巨大ロボ対決が実現!?クラタス VS メガボットMk-2…決戦は1年後の画像
  • 日米巨大ロボ対決が実現!?クラタス VS メガボットMk-2…決戦は1年後の画像
  • 日米巨大ロボ対決が実現!?クラタス VS メガボットMk-2…決戦は1年後の画像
  • 日米巨大ロボ対決が実現!?クラタス VS メガボットMk-2…決戦は1年後の画像
(Article written by scarecrow)

その他アクセスランキング