人生にゲームをプラスするメディア

「RED ASH」アニメ制作決定で、日本でも資金集め開始

STUDIO4°Cが企画する『Red Ash -Magicicada-』の制作が決定した。Kickstarterでの成功を受け、国内でもMotion Galleryでファンドレイジングがスタートした。

その他 アニメ
 
  •  
  •  
  •  
アニメーション制作会社STUDIO4°Cが企画する新作アニメ『Red Ash -Magicicada-』の制作が決定した。8月4日に米国のKickstarterで実施されていたクラウンドファインディングが終了し、当初の目標である15万ドルの資金調達に成功した。
その成功を受けてアニメ制作が正式決定し、さらに日本国内でも新たにMotion Galleryでファンドレイジングがスタートした。日米両国をまたにかけた企画となる。

『Red Ash -Magicicada-』は集まった支援金額によって、冒険ステージと呼ばれるアニメ本編の長さが延びるという新たな制作スタイルを取り入れた。最終金額は3億円、これを集め、90分の劇場作品として世界中の観客に観てもらうことを目指している。
Kickstarterでは、まず1stステージの製作費である150000ドルを募集した。最終的に1869人から162882ドルの支援を受けてプロジェクトは終了した。

今後は追加支援を募ることでさらなる冒険ステージの制作に繋げ、アニメ本編をより充実させていく方針である。その第1弾が8月4日からは日本のユーザーに向けたMotion Galleryでの企画である。
その特設ページではイメージボードが多数掲載されており、本作の世界観を確認することができる。支援は500円から可能。1000円で声優のキャスティングを決める投票権が得られるなど、ユニークな内容となっている。その後、8月14日からはSTUDIO4°Cが運営するクラウドファンディングサイト「STUDIO4°CFUN&」を通じて、さらに海外ファンへ継続的に支援を募る。

本作はゲーム企画制作会社comceptとタッグを組んだプロジェクトであり、同時進行でゲーム『RED ASH 機鎧城カルカノンの魔女』も制作されている。多彩な動きを見せるメディアミックス企画の今後に要注目だ。
[高橋克則]

「Red Ash -Magicicada-」STUDIO4°C×comcept アニメ制作決定で、日本でも資金集め開始

《高橋克則》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

    『ファイナルファンタジー』などの音楽を手がけた植松伸夫氏が療養のため一時活動休止へ

  2. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

    『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  3. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  6. 『デレマス』×「カレーメシ」コラボがスタート!特設サイトやスペシャルムービーも公開

  7. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  8. 【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

  9. 「TGS2018」SNK物販ブースの情報が公開―限定ステッカー付きの『NEOGEO mini』や、品薄が続く『PAD』なども販売!

アクセスランキングをもっと見る