人生にゲームをプラスするメディア

【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け

その他 アーケード

【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
  • 【レポート】最終版『艦これアーケード』が前と全然違う!深化したシステムや仕様をお届け
先日予告したとおり、7月24日に開催されたセガ・インタラクティブのプライベートショー「SEGA PRIVATE SHOW 2015 SUMMER」に出展されていた、最終版『艦これアーケード』のレポート記事をお届けします。

【続報】
AC『艦これアーケード』ロケテ開催日決定! 秋葉原にて12月18日から20日まで

『艦これアーケード』は、筐体から払い出される「艦娘カード」を集めて自艦隊を編成し、敵艦隊の潜む海域に挑む「艦隊型育成カードゲーム」です。艦娘たちは3DCGで登場し、迫力の戦闘を展開。艦娘たちを操舵輪と船速レバーで自由に操作し、リアルタイムに戦闘が行われる「砲雷撃戦システム」や、リアルなカードと3Dで表現される魅力満載の艦娘たちが魅力です。



稼動は今秋を予定。プレイ料金はまだ発表されていませんが、予め「GP」と呼ばれるゲーム内クレジットを購入し、ゲームをプレイすると「GP」が消費していく仕組みになっています。

会場で撮影した写真はこちら

今回出展されていた筐体は、今秋の稼動に向けて開発が進められている最終版で、公式サイトいわく「操作性とクオリティを大幅に向上!さらに深化したシステムで現在開発最終段階」なのだとか。なんとも期待が膨らむ表記ですが、その実情は「前とは別物」でした。

◆ファーストインプレッション




「JAEPO 2015」版は「ブラウザ版をベースにアニメ演出を入れた」という印象でしたが、今回プレイしてみたところ、「ブラウザ版をベースにアニメ演出を入れ、さらにシミュレーション要素を強めた」という印象に。詳細は後述しますが、前回プレイした時とは比べ物にならないほど“ゲームとして面白い”内容になっており、まさにシステムが深化しています。



また、映像表現や細かな操作性のクオリティも確かに向上。ぱっと見の印象こそ変わっていませんが、ロケテストや「JAEPO 2015」時の『艦これアーケード』とは別物でした。

◆ブラウザ版のシステムを追加




新たに「建造」「開発」「入渠」「装備変化」が追加されました。各機能はブラウザ版と同じですが、「建造」が追加されたことにより、出撃しなくても艦娘を手に入れることが可能に。各機能で使用する資材は、「GP」の購入で補充されるほか、ログインボーナスの様な形でも補充される予定。資材の貯蔵上限は、司令部Lvによって変化します。

なお、レシピなどはブラウザ版とそれほど変わらないそうで、今までブラウザ版で培ってきた知識は、アーケード版でも活かすことができそうです。

◆プレイ料金の変化




「GP」の消費部分が一部変更され、海域への出撃のみ時間消費ではなく、買い切りに変更されました。例えば「カムラン半島」に出撃するには200GPが必要で、出撃後は「GP」を消費せず、制限時間である4分間プレイすることができます。



ただし、提督室では従来どおり1秒につき1GPを消費するため注意が必要……なのですが、「操舵輪」を回転させることで、提督室のカメラを回すことが可能に。つまり、3DCGとなった艦娘を様々な角度から見ることができるのです。ゲーム攻略とは直接的に関係ありませんが、この機能は脅威です。

◆戦闘システム




今回もっとも変化したのが戦闘システムです。「JAEPO 2015」版ではRPGのアクティブターンバトルのような印象を受けましたが、今回はリアルタイムストラテジーのようなシステムに。本稿では、その基本概要を「位置関係」と「攻撃」の2項目に別けて説明します。

■交戦形態



「操舵輪」と「船速レバー」で自由自在に移動できるシステムは変わりませんが、ブラウザ版と同じく“反航”“T字”“同航”といった「交戦形態」が追加され、「陣形」変更も可能に。さらに攻撃方法が「主砲」「副砲」「魚雷」「航空攻撃」の4種類になり、各攻撃には「射程距離」の概念があるため、位置関係が重要になりました。



また敵攻撃の弾着地点が表示されるようになったため、移動して回避することも可能に。ただし、移動速度によって艦隊の「疲労度」が上がってしまうため、状況に応じてスピードを調整する必要があります。

■攻撃



「砲撃」ゲージのUIが見直され、画面中央右側に各艦娘の状況が表示されるように。ここのゲージが溜まると、「主砲」で攻撃することができます。また、各攻撃の着弾位置を大まかに指定することも可能になり、敵の行動を先読みして指定すると、命中率が向上します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『艦これアーケード』は2016年春稼動予定です。

(C)SEGA (C)2014「艦これ」連合艦隊司令部
(C)2015 DMM.com POWERCHORD STUDIO /
C2 / KADOKAWA All Rights Reserved.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】『PSO2』にルツやアリサが登場! 技術で彩るセイバーコスプレや『BLAZBLUE』『RWBY』『ペルソナ4』などのクロスオーバー格闘ゲーにも注目集まる

    【週刊インサイド】『PSO2』にルツやアリサが登場! 技術で彩るセイバーコスプレや『BLAZBLUE』『RWBY』『ペルソナ4』などのクロスオーバー格闘ゲーにも注目集まる

  2. 【クイズ】GAMEMANIA!:『FF』特集 ― 『FF III』で初登場したのは?

    【クイズ】GAMEMANIA!:『FF』特集 ― 『FF III』で初登場したのは?

  3. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

    【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  4. 【特集】マフィア梶田がフリーライターになるまでの軌跡、エヴァと杉田智和との出会いが人生を変えた

  5. 【Inside Of Company】「お洒落すぎる」と話題の株式会社アカツキを見学、受付から想像を超えた世界が……!

  6. 『魔界戦記ディスガイア』史上最弱キャラ“プリニー”が「ゆるキャラグランプリ」初参戦!

  7. 日本BGMフィル始動!大谷智哉氏、下村陽子氏もゲスト出演の「アンサンブルコンサートI」レポート

  8. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  9. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  10. 『刀剣乱舞』「JINS」とのコラボモデル第2弾の情報を公開、8月3日から予約受付開始!

アクセスランキングをもっと見る