人生にゲームをプラスするメディア

【姫子さんのゲーム本能寺!】第10話:モーションデザイナーの日常

この物語はとある宇宙の片隅のゲーム会社「天守閣ゲームズ」のひとたちが織り成す、ゲーム業界のゆるふわな日常を赤裸々に描いた物語である。

その他 全般
この物語はとある宇宙の片隅のゲーム会社「天守閣ゲームズ」のひとたちが織り成す、ゲーム業界のゆるふわな日常を赤裸々に描いた物語である。

◆登場人物



■有栖川さん

モーション担当のデザイナーさん。わりといつもイライラしてる。

■千夜原さん

総務部受付のひと。

■ニノ倉さん

えらくないひと。プランナー。

◆有栖川さん、キャラのモーション作成でイライラする





◆今週のいいわけ


といったかんじです。

ゲームのモーションは手に武器を持ったアクションをすることがおおいので、
モーション担当のひとの机には動きを確認するために結構普通に「武器」がデスクに置いてあったりします。

ただの棒だったり、しないだったりそんなのどこで買ってきたの?って思うような本格的なロングソードやバトルアックス、ライトセイバーだったりロトのつるぎだったり……

かわいいお人形やるいぐるみのなかに無骨なロングソードが置いてあったりしてちょっとシュールな状況になってたりすることもあるけど、それらを持って自分でポーズや動きを確認しながらあーでもない、こうでもないと考えるからかっこいいモーションができるんですよ!
それではー。

■著者紹介:ううたん

ゲーム業界の人です。 「姫子さんのゲーム天守閣!」というブログやっています。ささやかながらポジティブに業界貢献したいされたいです



ブログ:姫子さんのゲーム天守閣!
Twiter:uutan_go
《ううたん》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

    古のゲーム情報がまた消えてしまう…ベクターのソフトウェア作者向けホームページサービスが2024年12月20日に終了

  2. もし、ローデリカが円卓の面々と話していたら…?NPCたちの「もしも」を“ほのぼのコメディ”で描く「ELDEN RING 遠き狭間の物語」連載開始

    もし、ローデリカが円卓の面々と話していたら…?NPCたちの「もしも」を“ほのぼのコメディ”で描く「ELDEN RING 遠き狭間の物語」連載開始

  3. 任天堂に約20億円の損害賠償を支払う「クッパ」海外インタビューでいろいろ語る…起きたらライフルを突きつけられていたことや時給1ドルの仕事など

  4. 『ダンガンロンパ2』をアニメ化しない理由とは? 小高和剛「あのキャラ達の物語はあれでお終い」

  5. 「Cygames 背景美術展 2024-2025」をコンビニで手軽にプリント!公式ブロマイド第2弾が「エンタメプリント」新コンテンツとして販売開始

  6. 【今日のゲーム用語】「芋スナイパー」とは ─ 歓迎されることはあまりない、プレイスタイルのひとつ

アクセスランキングをもっと見る