人生にゲームをプラスするメディア

サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定

数々のゲームのサウンドトラックのレコード販売を試みるレーベル「Data Discs」がこの度、『シェンムー』と『ベア・ナックル』のレコードを販売します。

その他 音楽
サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
  • サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
  • サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
  • サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
数々のゲームサウンドトラックのレコード販売を試みるレーベル「Data Discs」より、『シェンムー』と『ベア・ナックル』のサウンドトラックが発売されます。

1999年にドリームキャストで発売された『シェンムー』は、70億にも上る膨大な開発資金を投じ、自由度の高さやリアルな街並みの作り込みなど、当時としては画期的なその発想はオープンワールド系ゲームに強い影響を与えた作品です。そして1991年にメガドライブで発売された『ベア・ナックル』は、『ゴールデンアックス』のシステムを世襲しながらも、当時人気だったカプコンの『ファイナルファイト』の要素を用いた作品で、両作品とも古代祐三氏が音楽を担当しています。

今回発売されるレコードでは、改めてリマスター処理を行い、『ベア・ナックル』については古代祐三氏も協力。レコードは180gの重量盤LPになり、実際のリリースの際にはジャケットと帯がついたものが購入者に送られるそうです。

販売は、5月30日より同社サイトにて予約受付を開始し、発売は9月を予定。価格は一枚19.99で、早期の予約注文者には特典付きの限定版が販売されます。

なぜ今になってレコードなのかという気もしますが、今回のレコード化について古代祐三氏は、自身のTwitterアカウントで以下のように述べています。




ちなみに「Data Discs」のSoundCloudアカウントでは、シェンムーのリマスター音源が視聴でき、懐かしのBGMに耳を傾けることができます。
《scarecrow》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

    『メガドライブ ミニ(仮)』の発売が2019年へ延期―海外ファンからの反響を受けてモデルチェンジを実施

  2. 【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

    【コスプレ】美人レイヤーが夜景バックに魅了! 「ラグコス2018」“夜の部”フォトレポート【写真98枚】

  3. 悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

    悪い事は言わん…ゲーマーとガノタは「ガンダムビルドダイバーズ」観とけ!【コラム】

  4. 『NBA 2K19』20周年記念エディションが発売決定!ーカバーはレブロン・ジェームズに

  5. 【コスプレ】「ラグコス2018」昼の部で出会った美女レイヤーさんまとめ 「FGO」ほか人気キャラ目白押し!

  6. 【読者の皆さまへ】東京ゲームショウの後に編集部と交流会しようぜ!『ULTRA BLACK SHINE』inumoto先生描き下ろしイラストTシャツがお土産

  7. タイトー、TGSで小型アーケード筐体『ARCADE1UP』を出展─『スペースインベーダー』『パックマン』が当時の姿で復活!

  8. 『プロジェクトイーブイ』最後の9人目「リーフィア」のオリジナルトレーナーが公開!ミステリアスな王子様系“男装女子”

  9. セガハード3種がモチーフになった「microSDHCカードセット」10月29日発売!予約受付は本日13日から

アクセスランキングをもっと見る