人生にゲームをプラスするメディア

サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定

数々のゲームのサウンドトラックのレコード販売を試みるレーベル「Data Discs」がこの度、『シェンムー』と『ベア・ナックル』のレコードを販売します。

その他 音楽
サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
  • サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
  • サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
  • サントラ『シェンムー』『ベア・ナックル』がレコードで発売決定
数々のゲームサウンドトラックのレコード販売を試みるレーベル「Data Discs」より、『シェンムー』と『ベア・ナックル』のサウンドトラックが発売されます。

1999年にドリームキャストで発売された『シェンムー』は、70億にも上る膨大な開発資金を投じ、自由度の高さやリアルな街並みの作り込みなど、当時としては画期的なその発想はオープンワールド系ゲームに強い影響を与えた作品です。そして1991年にメガドライブで発売された『ベア・ナックル』は、『ゴールデンアックス』のシステムを世襲しながらも、当時人気だったカプコンの『ファイナルファイト』の要素を用いた作品で、両作品とも古代祐三氏が音楽を担当しています。

今回発売されるレコードでは、改めてリマスター処理を行い、『ベア・ナックル』については古代祐三氏も協力。レコードは180gの重量盤LPになり、実際のリリースの際にはジャケットと帯がついたものが購入者に送られるそうです。

販売は、5月30日より同社サイトにて予約受付を開始し、発売は9月を予定。価格は一枚19.99で、早期の予約注文者には特典付きの限定版が販売されます。

なぜ今になってレコードなのかという気もしますが、今回のレコード化について古代祐三氏は、自身のTwitterアカウントで以下のように述べています。




ちなみに「Data Discs」のSoundCloudアカウントでは、シェンムーのリマスター音源が視聴でき、懐かしのBGMに耳を傾けることができます。
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 65歳のゲーマーお父さん『オーバーウォッチ』プレイ中の動きが激しすぎる

    65歳のゲーマーお父さん『オーバーウォッチ』プレイ中の動きが激しすぎる

  2. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

    韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

  3. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

  4. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  6. 『風の旅ビト』がお手頃価格なフィギュアに!「POP UP PARADE 旅ビト」のフォトレポートをお届け

  7. 『ららマジ』4周年記念描き下ろしグッズが登場!「東奏学園器楽部応援フェア」グラフアートショップにて2月20日より開催

アクセスランキングをもっと見る