人生にゲームをプラスするメディア

元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す

その他 フォトレポート

元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
  • 元任天堂社員がデジタル窓「Atmoph Window」を発表、世界中の景色を4Kで映し出す
アトモフは、世界初のスマートなデジタル窓「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」を開発し、米国のクラウドファンディグサイト「Kickstarter」にて先行予約を開始しました。

かつて任天堂にてネットワークサービスやユーザインターフェイスなどのシステム開発を行っていた元社員2人が2014年に同社を設立。そしてこのたび、家で過ごす時間の質を向上させるべく、4K撮影の映像とサウンドで世界の美しい風景を届ける世界初のスマートなデジタル窓「Atmoph Window」のクラウドファンディグをスタートさせました。


「Atmoph Window」は、独自に4Kで撮影された映像とリアルなサウンドが流れる27インチの縦型ディスプレイ。このデジタルな窓を部屋にセッティングするだけで、そこから多彩な世界中の風景を楽しむことができます。映像のラインナップは200本以上を予定しており、さらに世界各地からリアルタイムに配信されるライブストリーミング映像も選択可能。遠い異国の地の「今」を眺めるという贅沢も味わえます。


この他にも、時計にカレンダー、天気予報といった基本的なものから、Googleカレンダーに入力した予定をWi-Fi経由で自動同期、鳥の声などのアラーム機能や時間に合わせて映像が自動に切り替わるといった、便利な機能も充実しています。

「Atmoph Window」のクラウドファンディングは、2015年5月12日(米国時間)よりKickstarterにてプロジェクトを公開、また先行予約を開始しています。目標金額は10万USドルでキャンペーン期間は30日間、製品出荷は2016年3月頃を予定。更に詳しく知りたい方は、下記のサイトをチェックしてください。


■日本からのKickstarterで支援・予約の仕方
URL:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000013724.html

■「Atmoph Window」仕様
・27インチディスプレイ (1920x1080、ノングレア)
・1.5GHz クアッドコア ARM Cortex-A5
・H.265ハードウェアデコーダ
・1GB DDR3メモリ
・32GBストレージ
・近接/明るさセンサー
・Wi-Fi 802.11b/g/n (2.4 GHz)
・3Wフルレンジスピーカー
・サイズ: 640x380x55mm
・重量: 4.9kg
・電力: 30W(白熱電球1個の約半分)
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

    20周年を迎えた『センチメンタルグラフティ』に想いを馳せる─発売前からファンディスクが高騰した注目作

  2. サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

    サウンドノベル第3弾『街 -machi-』が20周年! 実写を導入する英断で注目を集めた名作を繰り返る

  3. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】ゲームのプロデューサーを呼び捨てして罵倒するという悪意

  4. 【特集】お手軽にファンタジーな地図を作れるサイトがすごい

  5. バンダイナムコが新事業を発表─動画配信サービス「&CAST!!!」を立ち上げ、アニメ化プロジェクトを始動

  6. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  7. 「ポプテピピック」ポプ子&ピピ美のねんどろいどが再販決定! あの名シーンも再現可能

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 【週刊インサイド】『スプラトゥーン2』注目ブキや前作との違いが話題に―PS4『GRANBLUE FANTASY Re: LINK(仮)』プレイ映像にも興味津々

アクセスランキングをもっと見る