人生にゲームをプラスするメディア

東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も

ソニー PS4

東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
  • 東方「例大祭12」にSCE、コナミ、セガ、タイトー、バンナムが集結!未公開作品の試遊も
5月10日に行われる「十二回 博麗神社例大祭」の東3ホールにて、「東方Project」と関わりを持つ様々なゲームがプレイアブル出展される「東方ゲームショウ」が開催されます。

「博麗神社例大祭」とは、「上海アリス幻樂団」が制作している同人作品群「東方Project」をモチーフとした同人誌即売会のひとつ。オンリーイベントとしては最大級を誇っており、東方Projectに対する人気の高さと支持の厚さを窺い知ることができます。

そんな博麗神社例大祭の十二回目が、東京ビッグサイトにて5月10日に実施されますが、その一角とある東3ホールにて、「東方ゲームショウ」が開催されます。この東方ゲームショウには、コナミデジタルエンタテインメントやセガ・インタラクティブなどが、それぞれ東方Projectとコラボレーションしたアーケードゲームなどをプレイアブル出展します。
また、ソニー・コンピュータエンタテインメントとメディアスケープが共同で行っている「Play,Doujin!」プロジェクトは、二次創作ゲームをプレイアブル展示。「Play,Doujin!」参加作品が、実機で一般向けに試遊を行うのは今回が初めてで、未公開タイトルも出展されるとか。この貴重な機会を味わいたい方は、第十二回 博麗神社例大祭の東方ゲームショウへと足を運んでみましょう。なお東方ゲームショウへの入場も、博麗神社例大祭の目録(カタログ)が必要となるのでご注意ください。

■十二回 博麗神社例大祭 開催概要
・内容:東方Projectオンリー同人誌即売会
・開催日:2015年5月10日(日)10:30 ~ 15:30
・会場:東京ビッグサイト 東ホール


◆東方ゲームショウ コラボ企業出展情報


■コナミデジタルエンタテインメント
●BeatStream
「はいぱぁ電波これくしょん!-フリーダム★東方編-」から、オリジナルムービー付きを先行解禁。

●SOUND VOLTEX III GRAVITY WARS
「東方ジェネシスカード」先行GETのチャンス。豪華描き下ろし東方ジェネシスカードイラストも大公開。

■セガ・インタラクティブ
●maimai
「東方Project」映像付き曲の無料プレイ。遊んだ方には、全国のゲームセンターで使用できるAimeカードをプレゼント。

■タイトー
●グルーヴコースター 2 ヘヴンリーフェスティバル
先行体験曲を含む東方アレンジ曲の無料プレイ。

■バンダイナムコエンターテインメント
●太鼓の達人
「NAMCO SOUNDS×東方Projectアレンジ」企画から制作された新曲の先行無料プレイ。

◆Play,Doujin! 例大祭出張所


■AQUA STYLE(アクアスタイル)
・タイトル:『不思議の幻想郷 THE TOWER OF DESIRE』
・プラットフォーム:PlayStation Vita
・発売予定日:6月25日
・ジャンル:ダンジョン探索RPG



ランダム生成の迷路を踏破するローグライクゲーム。戦略と運とスペルカードを駆使し迷宮の最奥を目指す。2009年にシリーズ第一作が頒布されてから多くのファンに愛され続け、合計15作品ものシリーズ作品が出ている同サークルの看板タイトル。PS Vita版はPC版の携帯機向け移植にとどまらず、多くの新要素をひっさげて登場。さらにPC版『不思議の幻想郷3』からアイテムデータの引き継ぎが可能。

■領域ZERO(りょういきゼロ)
・タイトル:『東方スカイアリーナ・幻想郷空戦姫-MATSURI-CLIMAX』
・プラットフォーム:PlayStation 4、PlayStation Vita(予定)
・ジャンル:ハイテンションスペルバトルアクションゲーム



空中を華麗に飛びながら、弾を撃ち合い、斬り結ぶ高速バトルアクション。最大4人での対戦プレイが可能。BGMの展開とキャラクター性能が同期するユニークなシステム「テンションシステム」を搭載。バトルBGMの歌の盛り上がりに合わせてキャラクターのテンションが変わり、キャラの性能や使える技が変化する。

BGMは、豚乙女・SOUND HOLIC・Tsukasa(Sound Online)ほか有名アーティスト陣が提供。PlayStationR移植にあたっては完全HD化(PS4)、新曲追加などを予定。

■CUBETYPE(キューブタイプ)
・タイトル:『幻想の輪舞』
・プラットフォーム:PlayStation 4
・発売予定日:6月11日
・ジャンル:弾幕アクション



「こっちもボス、あっちもボスの弾幕バトル」をコンセプトとした見下ろし画面の弾幕アクション。 通常攻撃、近接攻撃、スペルカードを組み合わせて自分だけの弾幕バトルを組み立てろ! 移植にあたってゲームバランスのチューニングおよび画面のフルHD化、一人用モードの拡充など様々な追加要素を用意。さらにPlayStation Networkを経由したオンライン対戦にも対応。

■souvenir circ.(スーベニア)
・発売予定タイトル:『舞華蒼魔鏡(まいはなそうまきょう)』(仮題)
・プラットフォーム:PlayStation 4(予定)
・ジャンル:体当たり弾幕シューティングゲーム



2015年3月にPS4に鮮烈なデビューを果たしたsouvenir circ.が、今度は東方創作ゲームで“Play,Doujin!”に登場。敵弾に取り囲まれるピンチをチャンスに転化する「弾幕渡り」システムが特徴の横スクロールSTG。ワイド画面を目一杯に使った美しいグラフィック・エフェクト・迫力のカットインが見所。PS4 版はフルHD対応を予定。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

(C) Mediascape Co.,Ltd. (C) 上海アリス幻樂団
(C) AQUA STYLE
directed by area-zero
(C) CUBETYPE Licensed by G.rev Ltd.
(C) souvenir circ.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. お台場「肉フェス」でプロゲーマーと対戦できる『FIFA 17』エキシビジョンマッチが開催

    お台場「肉フェス」でプロゲーマーと対戦できる『FIFA 17』エキシビジョンマッチが開催

  2. 【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

    【特集】『FFXIV』で行われた親孝行「光のお父さん計画」達成記念!親子2人を突撃インタビュー

  3. 『ドラゴンクエストXI』最新PVを公開! 真の勇者の物語を演出する3種の画面に迫る

    『ドラゴンクエストXI』最新PVを公開! 真の勇者の物語を演出する3種の画面に迫る

  4. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  5. 【特集】今から始める『ダークソウル』シリーズガイド…君はどれから死にに行く?

  6. 日本一インディースピリッツ第4弾『The Sexy Brutale』6月8日配信決定

  7. 『FF15』無料アプデが4月27日より配信―PS4 Pro専用の「安定モード」が追加予定

  8. 【総力特集】最新作発売間近!『バイオハザード』シリーズ20年の軌跡を振り返る

  9. 【特集】オススメ!『PS4の基本プレイ無料ゲーム』10選

  10. 【特集】『蒼天のイシュガルド』から始める『ファイナルファンタジーXIV』…新米冒険者におくるアドバイス

アクセスランキングをもっと見る