人生にゲームをプラスするメディア

VR技術を用いたテーマパークを米企業が計画中…FPSも思いのままに?

アメリカはユタ州に居を構える企業が、VR技術を用いたテーマパーク「THE VOID」を計画中であることが判明しました。併せて、プロモーション映像が公開されています。

その他 全般
 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
アメリカはユタ州に居を構える企業が、VR技術を用いたテーマパーク「THE VOID」を計画中であることが判明しました。併せて、プロモーション映像が公開されています。

映像では、Raptureと呼ばれるヘッドセットとベストを装着した人物たちが施設内で遊ぶ様子が収録されています。一人称の作品であれば、様々な形のジャンルに対応が可能なようで、銃型コントローラーを使用すればSFチックなシューター、薄暗いダンジョンではランタン型のアイテムを持ってアドベンチャー作品のようなプレイができます。



また、通常のプレイ以外にも、航空機を操縦する際に用いるモーション・シミュレーターを搭載。果ては、雨や風などを発生させる4D環境まで用意されているとのこと。

このテーマパーク「THE VOID」の詳細は不明で、オープン日なども明らかになっていませんが、昨今隆盛を極めるVR技術を応用した遊戯施設として今後、注目を集めていくかもしれません。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

    アメリカ在住の中国コスプレイヤーが魅せる『FGO』マシュの可愛さの破壊力【インタビュー】

  2. 【週刊インサイド】可愛さ満点のアメリカ在住・中国コスプレイヤーへのインタビューが人気!『FGO』お勧め星4サーヴァント特集や『RDR2』善人プレイレポも話題に

    【週刊インサイド】可愛さ満点のアメリカ在住・中国コスプレイヤーへのインタビューが人気!『FGO』お勧め星4サーヴァント特集や『RDR2』善人プレイレポも話題に

  3. ロックマンが“翼”を授かった!? レッドブルがコラボを実施─特設サイトでは「R缶」を駆使するレースゲームを公開

  4. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  5. 『FGO』のディライトワークスがオリジナルボードゲーム2作品を発表!カナイセイジ氏が協力

  6. バンナム、新作タイトルのカウントダウンサイトを公開―11月15日発売の「月刊コロコロコミック」にて詳細発表!

アクセスランキングをもっと見る