人生にゲームをプラスするメディア

アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」

24日にお台場で開催されたスタートアップのピッチイベント「Slush Asia」。ゲームに関連する企業も多数登壇がありました。その中でも注目を集めたのが、アイトラッキングを融合したVRヘッドセット「FOVE」です。

ゲームビジネス その他
アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
  • アイトラッキングで低負荷を実現したVRヘッドセット「FOVE」
24日にお台場で開催されたスタートアップのピッチイベント「Slush Asia」。ゲームに関連する企業も多数登壇がありました。その中でも注目を集めたのが、アイトラッキングを融合したVRヘッドセット「FOVE」です。

「FOVE」を開発するFOVE, Inc.を率いるのは元ソニー・コンピューターエンタテインメントの小島由香氏とエンジニアのロックラン・ウィルソン氏。2014年に設立された同社は、マイクロソフトベンチャーズロンドンのアクセラレータープログラムを経て、現在はRothenberg VenturesのVRアクセラレータープログラムの支援を受けています。

アイトラッキングをVRヘッドセットに融合


「FOVE」は5.6インチ(WQHD/2560*1440px)の液晶に方位センサー、ヘッドトラッキング、そしてアイトラッキングを組み合わせたVRヘッドセット。アイトラッキングで、ユーザーの視点方向をトラックすることで、目の向いている方向だけを詳細にレンダリングするような処理が可能となり、結果的に処理性能の低いデバイスでもVR体験が可能になるとのこと。現在のVRヘッドセットはスペックの高いPCでしか事実上動かないという問題があり、それを解決するものです。

同社では来月からKickstarterのキャンペーンを開始することを目指して作業を進めていて、その後開発キットの提供を行う計画。まずはゲーマーに対して訴求していく、とのことでしたが以後は医療関係にも力を入れたいとのことでした。プレゼンテーションでも、障害者が「FOVE」を使ってコミュニケーションを取る様子が紹介されていました。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

    VR空間でSAO世界を体験!「ソードアート・オンライン エクスクロニクル Online Edition」開催決定

  2. プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

    プログラミングに自信のある小学生「でてこいや!」―夏休み課題にぴったりな「プログラミングスタジアム」開催決定!

  3. 令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

    令和に新作ファミコンカセットを自作!その知られざるテクニック&80年代カルチャーを「桃井はるこ」「なぞなぞ鈴木」らが語る【インタビュー】

  4. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  5. 壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に

  6. 崩壊した宇宙ステーションから地球を目指すVR対応サバイバルゲーム『ADR1FT』PC版は3月28日発売、Oculusローンチタイトルへ

  7. 海外ゲーマーが選ぶゲームの悪役ベスト25−栄光のトップは一体だれ?

  8. 「転職したい会社」ランキング、グーグルが初の首位、任天堂は4位

  9. アーケード版『リズム天国』を触ってきました

  10. サイバーエージェントグループのeStream、中国のフィギュア市場拡大で中国支社を設立―2023年には1541億円規模を見込む

アクセスランキングをもっと見る