人生にゲームをプラスするメディア

大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
  • 大型アップデートとプラットフォーム統合を控える『ブラウザ三国志』の2015年について訊いた
昨年5周年を迎えた、マーベラスのシミュレーションRPG『ブラウザ三国志』。本作でプレイヤーは乱世を生きる君主となり、約4ヶ月を1ゲームとして期間中に戦争や外交により自分の都市や領地を拡大し、大陸の統一を目指します。

今年はプラットフォーム間の大型統合や新拠点が登場するなど、様々なアップデートが予定されています。そこで今回は、プロデューサーの五味一郎氏とディレクターの勝木洋輔氏に、昨年の振り返りと今年の展望についてお話を伺いました。

「ブショーデュエル」や「大阪王将」とのコラボなど、2014年度の振り返り



ブショーデュエル

大阪王将とのコラボキャンペーンも実施


―――「ブショーデュエル」リニューアル後のユーザーの反応はいかがでしたか?

五味:リニューアル直後は、新しいカードの育成法やテクニックが必要で「難しい」という声をたくさんいただきましたが、2月にイベントを開催したことをキッカケにデュエルの面白さや専用のデッキを育てるなどとても良い反応をいただけるようになりました。

勝木:「L(レジェンド)呂布」という強いカードがデュエルのイベントの報酬でのみ獲得できるという仕様にしたことも、ユーザーさんが注目する要因になったのかもしれません。次回開催時はユーザーさん同士の対戦レベルもさらに上がるかなと思っています。

ディレクターの勝木洋輔氏


―――直近で行われた「大阪王将」さんとのコラボレーションは意外でしたが、どういった経緯で実施する運びとなったのですか?

五味:「大阪王将」さんがゲームとのコラボに熱心だったことと、私たちもリアル店舗との企画をやりたいと思っていたことがマッチした結果になります。リアル店舗に足を運ぶことはハードルが高いかと心配だったのですが、シリアルコードは想定以上に使用されていて驚きました。

勝木:ユーザーさんによっては、毎日3食通ってもこんなにいかないのでは・・・?という数ほどシリアルコードを入力している方もいらっしゃいましたね(笑)。

五味:もちろん新規ユーザーさんを獲得したいという狙いもありますが、既存ユーザーさんにもメリットがあり、お祭りのような感覚で楽しんでいただきたいので、またこうしたコラボはやっていきたいと考えています。

プロデューサーの五味一郎氏


―――アップデートとして準備をしていた「装具システム」は開発中止になりましたが、理由を教えてください。

五味:ボリューム過多になってしまったのが一番の理由です。本システムは1つの武器の育成に膨大な時間がかかってしまい、新しいカードやスキルが続々と登場する中で、さらにシステムを加えるのはユーザーさんへの負担が多いと考え開発中止となりました。試行錯誤をして検討したのですが、リリースできないという結果は期待されていたユーザーさんにとても申し訳ない気持ちです。

2015年度に行われる、4つの大きなアップデート



―――今年行われるアップデートについて教えてください。

五味:主に4つのことを鋭意開発中です。

5月:プラットフォームの統合
8月:GUI(グラフィカルユーザーインターフェース)の大幅なリニューアル
11月:既存の戦争システムのバランス調整
2月:新しいマップや拠点が登場

などを予定しております。

※GUIとは
マウスやタッチパネルなどで画面上の位置や動きを指示することにより主要な操作を行なうことができ、文字による情報表示や入力は、補助的に用いることが多いインターフェース


▼プラットフォームのサーバー統合

―――まずは、プラットフォームの統合についてお話ください。

勝木:mixi、Hangame、公式版の3つのプラットフォームの統合を実施します。これは3つのプラットフォームのユーザーさん同士で戦争ができるようにすることや、より円滑な運営を行うのが目的です。また、6年目に突入するタイトルなので、同じメンバーで戦っているとどうしても熱量が上がらない。そこで異なるプラットフォームのサーバーと統合することによって、今まで戦うことのなかったユーザーさん同士が相まみえ、またやりたいという気持ちを喚起したいと思っています。

―――プラットフォーム同士のチーム対抗戦イベントについて教えてください。

五味:イベント用に用意する新ワールドに事前登録をして、抽選で各ワールドのプラットフォームの代表として戦っていただきます。勝敗の結果に応じて、所属する全プラットフォームの全ユーザーさんが報酬を獲得できるというものになります。

―――どこのプラットフォームが有利・不利というのはありますか?

勝木:プラットフォームごとに登録人数に差があるので、イベント用ワールドでは事前登録制によって人数調整をしようと思っています。そこで有利不利の差を減らしたいですね。

五味:既存のワールドの中では、特に公式版の1-16ワールドとHangameの1-8ワールドの統合は、一番初めにスタートしたサーバーとHangameのトップのサーバーが一緒のワールドになるので、どのような戦場が展開されるのかは私たちも読めないので楽しみです。なお、今回のプラットフォーム統合では、まず既存のワールドがmixiはm、Hangameはh、公式版はsとそれぞれ名称が変更されます。そして各プラットフォームの既存のワールド同士の統合やゲーム開始のタイミングでワールド名がw1~w11に変更されます。また、新規ワールドとしてワールド12・13がオープンする予定となっています。



▼GUIアップデート

―――では次に、GUIのアップデートについて教えてください。

勝木:遠征の連携がしやすくなるツールや、同盟内で誰が何をしているのか分かりやすくなるようにチャット機能も拡充したいと考えています。同盟員を集めたり、共有範囲を絞ったり、同盟員同士の何気ない会話も促していきたいですね。

五味:長い間プレイされている方も多いので、ボタンの配置など基本的なGUIは変わらないようにします。

▼戦争システムのバランス調整

―――バランス調整はどのようになりますか?

勝木:現在は、一部で外部ツールに頼らないと敵味方が分からない状態があったので、味方や敵の数やステータスがひと目で見やすくなるなど、直感的に戦争情報の理解ができるように整理する予定です。同盟員の人数も調整をするかもしれません。

▼新しく登場するマップや拠点

―――それでは、新しいマップや拠点について教えてください。

勝木:平地が基本となっていますが、川や海といった水に関する地形を導入したいと考えています。また、現状では拠点として砦と村が作れるのですが、そこにも全く新しい拠点を導入したいと思っています。

五味:村を発展させて楽しんだり、同盟員でわいわいするのが楽しいユーザーさんたちにも、何か一発逆転ができるようなアイディアも検討しています。例えば、農民で天下統一ができたら面白いなど(笑)。

勝木:新しいプレイや攻略方法が生まれたら、ユーザーさんにとっても良い刺激になりますよね。

五味:以前にも重盾兵を導入する際、テストワールドを作ってユーザーさんから生の声をいただいてチューニングをしてきたので、今回もそのようにできればと思っています。

直近もイベントが盛りだくさん



―――Yahoo!mobage内では『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁』とのコラボレーションが始まりましたね。

五味:今回のサーバー統合は、Yahoo!mobageだけ技術的な問題があって実施できなかったので、こうしたコラボレーションなど別のイベントで楽しんでいただけるようにしています。見所は妖怪のコスプレしたキャラクターですね。

勝木:『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪横丁』をプレイしたユーザーが、鬼太郎のコスチュームを着た趙雲を獲得できるようになっています。このカードは、既存のユーザーさんにとっても戦力になるものになっているので是非手に入れてくださいね。

鬼太郎コラボも実施


―――ゴールデンウィークのイベントも実施の予定がありますか?

五味:「ブショーデュエルイベント」の第2回目を行いたいと考えています。前回報酬が物足りないという意見もありましたので、今回はたくさん用意していますよ。

勝木:お正月、桃の節句―――と昨年に引き続いてイベントを実施してきましたが、端午の節句の新カードも用意しています。作中のキャラクターが子どもになったようなデザインですが、見た目は可愛くてもとても強力なカードになっているのでご期待ください。



まとめ―――2015年度の目標は?



―――いよいよ6年目に突入となりますが、昨年1年間はどのような年でしたか?

勝木:実現できなかったこともありましたが、一方で実現できたこともあり、そうした状況の中でユーザーさんは1年前と変わらずに本作を楽しんでくださっているので、前向きに改修や新しい驚きを与えていきたいと思います。

五味:昨年は5周年という節目の年だったのでキャンペーンを毎月行いましたが、カムバックしていただいたユーザーさんが多かったのが印象的でした。今年はそうした遊んでいただいているユーザーさんへの施策だけでなく、異業種とのコラボレーションなど日常で本作に目に触れる機会も作っていきたいと考えています。

―――最後に本作のアップデートを楽しみにしているユーザーさんに一言お願いいたします。

勝木:昨年7月にインサイドさんで掲載された前回のアップデートに関するインタビューで伝えたことは、5割ぐらいのことしか実現できなかったので、今回はしっかり10割を目指していきたいと思っています。暖かく見守っていただけると嬉しいです。また、お問い合わせのメッセージも募集しておりますので、本作に関しての要望がありましたら是非送ってください!

五味:昨年に引き続き、今まで遊んでくれた方で、今は遊んでいないユーザーさんにアプローチをかけていきたいと考えています。本作は現在進行形でパワーアップしていく自信があります!最近ログインしていなかったユーザーさんにもう一度戻ってきて遊んでいただけたら幸いです。

―――本日はありがとうございました。
《まいたこ》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 東方第16弾『東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.』Steam配信開始!―Steamクラウドにも対応

    東方第16弾『東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons.』Steam配信開始!―Steamクラウドにも対応

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. 【特集】トランプ大統領(っぽい人)が登場するSteamゲーム5選!

    【特集】トランプ大統領(っぽい人)が登場するSteamゲーム5選!

  4. SUDA51が贈る殺し屋ACT『Killer is Dead - Nightmare Edition』期間限定無料配布中

  5. 【TGS2017】『DOAX Venus Vacation』ステージイベントレポ!セクシーなシャワーシーンも登場

  6. PC版『デスティニーチャイルド』の事前登録受付が開始─PC版はちょっぴりセクシーに

  7. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  8. 20周年記念であの『Ultima Online』が基本無料化へ

  9. PC版『beatmania IIDX』発表、急遽αテストがスタート…9月2日20:00まで

アクセスランキングをもっと見る