人生にゲームをプラスするメディア

iOS『リア充爆発しろ!』表現規制で「爆発」禁止に

モバイル・スマートフォン iPhone

iOS『リア充絶滅しろ!』画面(改変後)
  • iOS『リア充絶滅しろ!』画面(改変後)
  • iOS『リア充絶滅しろ!』(改変後)
  • App Storeのアップデート通知画面
  • Android『リア充爆発しろ!』画面(改変なし)
  • Android『リア充爆発しろ!』画面(改変なし)
UeharaLaboのiOS版『リア充爆発しろ!』が、表現の規制に対応したとして、『リア充絶滅しろ!』にタイトルを変更し、ゲーム内容も刷新しました。

その理由についてUeharaLaboは、アップデート説明に「“リア充爆発しろ”な行為はテロ行為だと判断されたため、その表現の規制に対応しました」と記載。これにより、「バージョン1.0.1」よりタイトルが『リア充絶滅しろ!』に変更されているほか、ゲーム内の文章やエフェクトも「爆発」を連想させるものはすべて差し替えられている模様です。

■ゲーム内の変更点の例(変更なしAndroid版と変更後iOS版との比較)
・セリフ「リア充を爆発してくるのじゃ!」→「リア充に天罰を下しに行くぞ!」

・エフェクト“爆発”→“亜空間への吸い込み”

「リア充爆発しろ」という言葉は、もともと匿名掲示板から生まれた、主に恋愛面などで現実の生活が充実している人に対して嫉妬していることを表すスラングで、“ネタ”として用いられてきた“決まり文句”のようなものです。SNSなどでも気軽に使われ、ネット上では“ネタ”として広く浸透していました。

その状況をゲーム的に表現したのがアプリ『リア充爆発しろ!』だったわけですが、アップルの審査では「テロ行為」的であると判断された模様。一度配信されたアプリが、差し戻される形で、タイトルやゲーム内の表現を変更させられることになったようです。

また、UeharaLaboのTwitterでは、以下のように経過を報告しています。





インサイドでもプレイレポートが掲載されていますが、嫌味のないジョークとして落とし込まれた「爆発」は、ゲーム性やゲームの面白みそのものにも大きく関わっています。今回の表現規制がはたして適切なものであるか、今後の配信アプリにも影響を与える一例となりそうです。

『リア充絶滅しろ!』および『リア充爆発しろ!』は、好評配信中で価格は無料です。



(C) UeharaLabo
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【読者アンケート】『FGO』どのアルトリアが一番好き?

    【読者アンケート】『FGO』どのアルトリアが一番好き?

  2. 『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、各種コラボグッズやマシュの店内放送も登場

    『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、各種コラボグッズやマシュの店内放送も登場

  3. 『ダンボール戦機』のLBXを身にまとう『装甲娘』に実績豊かなクリエイターが参加─事前登録報酬も追加

    『ダンボール戦機』のLBXを身にまとう『装甲娘』に実績豊かなクリエイターが参加─事前登録報酬も追加

  4. 【TGS2017】たまごを割る時が来た!『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』をスマホ向けに「今」出す理由とは? 新要素はあるの? 時田貴司に直撃インタビュー

  5. 『FGO』メンテナンス終了、次回のハロウィンイベントの予告も登場!

  6. 『FGO』英霊剣豪七番勝負は10月14日22時から配信!新たなサーヴァントもお披露目

  7. 『少女前線』にいったい何が?運営と開発に亀裂、元運営が語る真相とは

  8. 『FGO』「エネミーの消滅演出を自動短縮」「ADVパートのテキスト自動送り」などの機能を追加─10月下旬のアップデートで実施

  9. 『デレステ』総額2,222万円のプレゼントキャンペーンを実施─スタージュエルも抽選でプレゼント

  10. 『FGO』と劇場版「Fate/stay night[HF]がコラボ、来場者に描き下ろし“概念礼装”をプレゼント! 新★4サーヴァント「パールヴァティー」を含めたピックアップ召喚も開始

アクセスランキングをもっと見る