人生にゲームをプラスするメディア

初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視

黎明期のゲームには欠かせなかった「ドット絵」。限定されたリソースの中で如何にキャラクターなどを描くかセンスが問われると共に、完成度の高いドット絵には多くの賞賛が集まり、語り継がれています。

モバイル・スマートフォン iPhone
初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視
  • 初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視
黎明期のゲームには欠かせなかった「ドット絵」。限定されたリソースの中で如何にキャラクターなどを描くかセンスが問われると共に、完成度の高いドット絵には多くの賞賛が集まり、語り継がれています。

技術の進歩により、実写かと見まごうようなゲーム画面が次々と飛び出していますが、ドット絵という表現に対する人気は衰えておらず、敢えてその雰囲気を活かしたゲームやアプリなどが今も登場しています。また、Tシャツやアクセサリーのデザインにドット絵を盛り込むといった、ゲームの枠を飛び出しての活躍も見られます。

常に多くの人々を惹きつける「ドット絵」。見ていても十分楽しいものですが、自分でも描いてみたいと思ったことはありませんか。もしドット絵を生み出すことに興味があるならば、このiOS/Androidアプリ『PixelTweet』は、第一歩を踏み出すのに最適な1本です。


この『PixelTweet』は、「楽々モノクロドット絵エディタ」です。パレットやレイヤー、選択ツールといった描画ツールの定番とも言える機能の数々は極力省かれており、難しい操作はありません。ドット絵に慣れた方にとっては少々物足りないかもしれませんが、本アプリは「ドット絵を打つ楽しさ」をひたすら目指しているのです。


ツールとしては珍しいスタイルとも言える『PixelTweet』ですが、早くも多くのユーザーがこのアプリに触れ、その手応えと楽しさを実感しています。しかも本アプリはドット絵を作成できるだけでなく、完成した作品を即ツイートすることも可能。作る楽しさだけでなく、見せる楽しさ、共有する楽しさも提供してくれます。


配信が始まってからまだ日は浅いものの、すでに1万ダウンロードを記録。『PixelTweet』を通じて、ドット絵の輪が今も広がり続けています。興味を持った方は、まず触れてみてはいかがでしょうか。


(C)2015 m7kenji / HANDSUM.inc
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で『ポケモン ピカ・ブイ』発売記念イベントが開催決定!―カントー地方のポケモンが大量出現

    『ポケモンGO』で『ポケモン ピカ・ブイ』発売記念イベントが開催決定!―カントー地方のポケモンが大量出現

  2. 驚きの性能!特性「ふしぎなまもり」ヌケニン徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

    驚きの性能!特性「ふしぎなまもり」ヌケニン徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  3. 『FGO』「復刻:冥界のメリークリスマス ライト版」が11月14日より開催決定!イベ限サーヴァント再入手時のレアプリズム付与機能も登場

    『FGO』「復刻:冥界のメリークリスマス ライト版」が11月14日より開催決定!イベ限サーヴァント再入手時のレアプリズム付与機能も登場

  4. ローソン、「からあげクン FGO味」の販売をスタート!“人類悪”が顕現した商品紹介動画も公開中

  5. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  6. 『PUBG MOBILE』過去最大数のBANを記録―不正行為に対して今後も対策を強化

  7. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  8. 『Sdorica』×『DEEMO』コラボイベント開催!「アリス」や「Deemo」と共に不思議な冒険へ…

  9. 『ポケモンGO』新機能「いつでも冒険モード」がゲーム内に実装!現在はレベル35以上のトレーナーのみが使用可能

  10. 『オルサガ』新イベント「ブラックローズと古の双剣」開催―新フォーメーション「ドラグーン★1」が登場!

アクセスランキングをもっと見る