人生にゲームをプラスするメディア

初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視

モバイル・スマートフォン iPhone

初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視
  • 初心者向け「ドット絵エディタ」アプリ『PixelTweet』配信…あえて機能を削り、打つ楽しさを重視
黎明期のゲームには欠かせなかった「ドット絵」。限定されたリソースの中で如何にキャラクターなどを描くかセンスが問われると共に、完成度の高いドット絵には多くの賞賛が集まり、語り継がれています。

技術の進歩により、実写かと見まごうようなゲーム画面が次々と飛び出していますが、ドット絵という表現に対する人気は衰えておらず、敢えてその雰囲気を活かしたゲームやアプリなどが今も登場しています。また、Tシャツやアクセサリーのデザインにドット絵を盛り込むといった、ゲームの枠を飛び出しての活躍も見られます。

常に多くの人々を惹きつける「ドット絵」。見ていても十分楽しいものですが、自分でも描いてみたいと思ったことはありませんか。もしドット絵を生み出すことに興味があるならば、このiOS/Androidアプリ『PixelTweet』は、第一歩を踏み出すのに最適な1本です。


この『PixelTweet』は、「楽々モノクロドット絵エディタ」です。パレットやレイヤー、選択ツールといった描画ツールの定番とも言える機能の数々は極力省かれており、難しい操作はありません。ドット絵に慣れた方にとっては少々物足りないかもしれませんが、本アプリは「ドット絵を打つ楽しさ」をひたすら目指しているのです。


ツールとしては珍しいスタイルとも言える『PixelTweet』ですが、早くも多くのユーザーがこのアプリに触れ、その手応えと楽しさを実感しています。しかも本アプリはドット絵を作成できるだけでなく、完成した作品を即ツイートすることも可能。作る楽しさだけでなく、見せる楽しさ、共有する楽しさも提供してくれます。


配信が始まってからまだ日は浅いものの、すでに1万ダウンロードを記録。『PixelTweet』を通じて、ドット絵の輪が今も広がり続けています。興味を持った方は、まず触れてみてはいかがでしょうか。


(C)2015 m7kenji / HANDSUM.inc
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. ゼロから始める『マギレコ』生活―アニメ「まどマギ」との違いは?みたま目当てに90連もしてみる

    ゼロから始める『マギレコ』生活―アニメ「まどマギ」との違いは?みたま目当てに90連もしてみる

  2. ラティアス3人撃破に挑戦!少人数レイドの攻略ポイントとは【ポケモンGO 秋田局】

    ラティアス3人撃破に挑戦!少人数レイドの攻略ポイントとは【ポケモンGO 秋田局】

  3. 『オルサガ』“オルタンシア国営放送”の第33回が4月20日に放送決定―「3周年記念放送」を公開生放送でお届け!

    『オルサガ』“オルタンシア国営放送”の第33回が4月20日に放送決定―「3周年記念放送」を公開生放送でお届け!

  4. 『コトダマン』「ウルトラマン」コラボの全キャラ(進化前)を初公開! ─ゼロやセブン、ダイナなども参戦

  5. 『オルサガ』「もっと教えて!エドヴァルド先生祭!!」の詳細が明らかに―公式生放送は4月20日20時から

  6. 『ウマ娘 プリティーダービー』プレイ映像―歌って踊るウイニングライブって何!?

  7. 『アズールレーン』軽巡洋艦・川内のプロフィールが公開―「睦月」改造実装後のビジュアルも

  8. Rayark初のRPG『Sdorica(スドリカ)』の正式サービスが開始! 全世界の事前登録数200万人超えの注目作が始動

  9. 『FGO』「永久凍土帝国アナスタシア」ネタバレ有!編集部ライター座談会【特集】

  10. 「今、強化するべきポケモン」12選―今後のレイドが楽になるかも…?【ポケモンGO 秋田局】

アクセスランキングをもっと見る

1