人生にゲームをプラスするメディア

11ハード対応のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」登場(UPDATE)

据え置きから携帯機まで幅広いゲーム機のアクセサリーや関連書籍を手がけているサイバーガジェット。実用性の高いものはもちろん、デザインに肉球をあしらったりと可愛らしいアイテムもリリースしており、多様化するニーズに応える姿勢でも知られています。

その他 全般
11ハード対応のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」登場(UPDATE)
  • 11ハード対応のレトロゲーム互換機「レトロフリーク」登場(UPDATE)
据え置きから携帯機まで幅広いゲーム機のアクセサリーや関連書籍を手がけているサイバーガジェット。実用性の高いものはもちろん、デザインに肉球をあしらったりと可愛らしいアイテムもリリースしており、多様化するニーズに応える姿勢でも知られています。

そんな同社が、至高のレトロゲーム互換機を謳う「レトロフリーク」の公式サイトを公開しました。このサイトによれば、「レトロフリーク」は1台で11種類ものゲーム機用ソフトウェア(カートリッジ)に対応しており、ソフトを接続することでゲームが遊べるレトロゲーム互換機です。

■対応リスト
1.ファミリーコンピュータ
2.スーパーファミコン
3.Super Nintendo Entertainment System(NTSC/PAL)
4.ゲームボーイ
5.ゲームボーイカラー
6.ゲームボーイアドバンス
7.メガドライブ(NTSC/PAL):メガアダプタ使用時はセガ・マークIII対応
8.GENESIS(北米版メガドライブ)
9.PCエンジン
10.TurboGrafx-16(海外版PCエンジン)
11.PCエンジン スーパーグラフィックス

※一部のゲームで動作しない場合があります。


ゲームブームを大きく躍進させたファミコンはもちろん、携帯ゲームハードの火付け役となったゲームボーイ各シリーズや、黄金期を支えたスーファミ・メガドライブ・PCエンジンなどの各ソフトに対応しており、当時ゲームにハマッた世代にとってはまさに夢のようなハードと言えます。

さらにレトロフリークは、HDMIケーブルでTVに接続することができます。ゲーム画面は自動的に720pにアップスケーリングされるため、当時遊んだ環境よりも遥かに高品質な映像と音声で懐かしのタイトルを遊べます。

当時の思い出深いゲームの数々を、より綺麗に楽しめる「レトロフリーク」。ですがこのハードは同社のオリジナル製品であり、「各社のライセンス製品ではありません」との表記も確認できます。

果たして権利関係などの問題はクリアされているのでしょうか。その点に関して編集部が独自に問い合わせてみたところ、「各ハードメーカー様のチップやプログラムは一切使用していないので、法律的には問題ありません。」との返答が同社より寄せられました。

なお、こちらの公式サイトは毎週更新される予定ですので、機能面などの続報が気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

■レトロフリーク 公式サイト
URL:http://www.cybergadget.co.jp/retrofreak/

【UPDATE】
3/10 16:00:追加の返事をメーカーからいただいた為、情報を追加しました。


(C) 2015 CYBER Gadget Corporation. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『Apex』渋谷ハルさん主催「VTuber最協決定戦 SEASON.03」出場チーム・メンバーまとめ

    『Apex』渋谷ハルさん主催「VTuber最協決定戦 SEASON.03」出場チーム・メンバーまとめ

  2. 『ゼルダの伝説 BotW』マップ全体を『マイクラ』で再現するプロジェクトが進行中―ゲルド高地やヘブラ山脈が細部まで再現

  3. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る