人生にゲームをプラスするメディア

ネプロジャパンがトライエースの株式を取得、子会社化へ ― グループ内のゲーム開発体制を強化

ゲームビジネス その他

ネプロジャパンは、トライエースの株式を取得し、子会社化すると発表しました。

携帯電話やスマートフォンの販売事業を中心としてきたネプロジャパンは、現在、モバイルゲーム事業および人材コンサルティング事業の強化・拡大に努めています。

トライエースは、会社設立以来、あらゆる分野およびプラットフォームに対応するゲーム開発会社として豊富な実績を有し、『スターオーシャン』シリーズや『ヴァルキリープロファイル』シリーズなど、数々のヒットタイトルを手掛けてきました。大手ゲームメーカーやパブリッシャーからも高い評価を得ており、安定した顧客基盤を有し、近年では、市場拡大するスマホゲームの制作にも積極的に取り組んでいます。

トライエースをネプロジャパングループに合流させることで、モバイルゲーム事業の売上及び人員規模はほぼ倍増。ネプロジャパンの子会社であるモバイル&ゲームスタジオとともに「規模・質ともNO.1のゲームクリエイター集団(グループ)」にしていきたいとしています。

ネプロジャパンは、グループ内での開発体制の強化と顧客基盤の拡大の実現だけでなく、トライエースとモバイル&ゲームスタジオは主力顧客が重複しておらず、トライエースはコンシューマゲーム、モバイル&ゲームスタジオはアーケードゲームでの実績・評価がそれぞれ高く、相互補完性も高いことから、両社とも昨今市場拡大するスマートフォン向けゲームへの展開を志向している中でも同じグループに属することでのシナジー効果の発揮や事業リスクの軽減が可能であるとの考えを示しています。

トライエースの経営陣と協議を重ねた結果、経営基盤の強化を図ることで、これまで以上に新たなゲームタイトルへのチャレンジを行い、顧客およびゲームユーザーの満足度を向上させる制作を目指したいとの考えに至り、ネプロジャパングループに合流することについて、合意に至ったとしています。

今後の日程や見通しは以下の通りです。

■2015年2月20日
 取締役決議日、株式譲渡契約締結日
■2015年3月1日(予定)
 トライエース連結子会社化、株式譲渡実行日 1,000株(55.6%)
■2015年3月9日(予定)
 株式譲渡実行日 240株(13.3%)
《津久井箇人 a.k.a. そそそ》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  2. メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

    メサイヤ、全ゲーム著作権をエクストリームに譲渡 ― 『超兄貴』『重装機兵』『ラングリッサー』シリーズなど

  3. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  4. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  5. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  6. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  7. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  8. シンガポールが新しいゲームレーティング制度を導入

  9. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  10. 今週発売の新作ゲーム『World of Warcraft: Battle For Azeroth』『The Walking Dead: The Final Season』他

アクセスランキングをもっと見る