人生にゲームをプラスするメディア

【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?

アニメやゲーム、そして「妖怪メダル」をはじめとする様々なグッズでも高い人気を集めている「妖怪ウォッチ」。今や国民的な注目度を浴びる一大コンテンツと言えるでしょう。

その他 アーケード
【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
  • 【JAEPO2015】AC『ジバニャン/コマさんといっしょ』プレイレポ!カメラを構えたくなるのも妖怪のせい?
アニメやゲーム、そして「妖怪メダル」をはじめとする様々なグッズでも高い人気を集めている「妖怪ウォッチ」。今や国民的な注目度を浴びる一大コンテンツと言えるでしょう。

そんな「妖怪ウォッチ」の新たなアミューズメントマシン『妖怪ウオッチ ジバニャンといっしょ』『妖怪ウォッチ コマさんといっしょ』が今年の春から稼働を開始します。特に人気の高い「ジバニャン」と「コマさん」をデザイン取り入れたこの専用筐体では、色んな妖怪たちを見つけるゲームを楽しむことができます。

この『妖怪ウオッチ ジバニャンといっしょ/コマさんといっしょ』が、稼働に先駆け「JAEPO 2015」に出典されたので、早速『ジバニャンといっしょ』をプレイしてきました。まずは難易度的に優しめの「ジバニャンを探そう」に挑戦。これは、画面中に登場するたくさんの妖怪の中から、ジバニャンを見つけてタッチするというものです。


みんな大好きジバニャンを見間違えるわけがない…と思いつつも、時間制限も設けられているためちょっと焦ってしまう場面も。特に赤い色の妖怪が多い時は、一瞬「ひゃっ!?」と迷うことも。

とはいえ小さな子供でも遊べる設計なので、流石に問題なくクリア。すると、ジバニャンにあげるアイテムを3種類の中から選ぶことができ、このチョイス次第で画面に表示されるジバニャンの反応が変わるとのこと。「これはどうだろう」と思ったアイテムを選択してみると、目を輝かせて喜んでくれました。


しかもこのリアクションはしばらく表示されているので、可愛いその反応をカメラに収める時間も十分にあります。友達や親子連れならば、ツーショット写真を撮ってもらう余裕もあるほど。実際に会場でも、多くの方がスマホやデジカメを構え、ジバニャンやコマさんの嬉しそうな表情を切り取っていました。

ちなみにゲームモードはもう一つあり、「みんなを探そう」では毎回異なるお題の妖怪を探す内容になっています。しかも登場する妖怪は基本的にシルエットで、判別しにくい状態。ただし、画面下にある妖怪ウォッチから直線上にいる妖怪は照らし出すことができるので、この妖怪ウォッチを左右に動かしながら妖怪を見つけるというゲームになります。


難易度だけでなく手応えも一段階増すこのモード。一人で遊ぶのもやり甲斐がありますが、みんなで協力しあってどこにいるかを探すのも楽しそうです。操作自体はタッチパネルに触れるだけなので、小さな子供でも問題なく遊べそうなのも嬉しいポイント。

妖怪を見つけるゲームを遊ぶだけでなく、最後はジバニャンやコマさんをカメラに収め、思い出を手元に残せる『妖怪ウォッチ ジバニャン/コマさんといっしょ』。アミューズメント施設にてこの春稼働予定なので、どうぞお楽しみに。


(C)LEVEL-5 Inc.
(C)BANDAI NAMCO Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 「コナン」最新刊で

    「コナン」最新刊で"黒ずくめの組織"ボスの正体判明! 灰原哀、TVCMで24年越しの真実語る

  2. 「もっとちこう寄ります?」『FGO』酒呑童子を“現界させた”中国コスプレイヤーw百合欧皇子wインタビュー

  3. 再挑戦で成功したツインスティック開発! 20年前のギャルゲーの新企画も決定! クラウドファンディングとゲームの関係がもたらす新たな展開

  4. 爆弾背負った「藤崎詩織」がフィギュア化決定!―プライズ景品として登場予定

  5. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  6. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  7. 【漫画でわかる】ゲームメディアで活躍するVTuberのインサイドちゃんって?

  8. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】「○○がおもしろくない」って言っちゃいけないの?

アクセスランキングをもっと見る