人生にゲームをプラスするメディア

恋の土俵は待ったなし! 同人乙女ゲー『イケメン千秋楽』は、攻略対象が全員「まわし一丁」

その他 フォトレポート

恋の土俵は待ったなし! 同人乙女ゲー『イケメン千秋楽』は、攻略対象が全員「まわし一丁」
  • 恋の土俵は待ったなし! 同人乙女ゲー『イケメン千秋楽』は、攻略対象が全員「まわし一丁」
  • 恋の土俵は待ったなし! 同人乙女ゲー『イケメン千秋楽』は、攻略対象が全員「まわし一丁」
女性キャラクターを主人公に据え、イケメンな男性キャラクターと育む絆や恋愛などが楽しめる乙女ゲーム。既に20年以上の歴史を誇る、根強い支持を受けるジャンルです。

かつて数多くのクリエイターが様々な乙女ゲームを生み出していきましたが、これまでにないユニークな切り口により一部で話題を呼んでいるのが、「相撲」を題材としたPC向け同人ゲーム『イケメン千秋楽』です。

キャッチコピー「上がろう、恋の土俵に」を掲げている公式サイトでは、イケメン男子たちがその身体を惜しげもなく披露。攻略対象は全員「まわし一丁」という男気溢れた特徴には、清々しさすら感じます。しかも一部キャラのまわしは、鎖だったり一万円札を巻き付けているように見え、「コメディ&シリアス&ポジティブ」な恋愛ノベルゲームとの表記も納得の一言です。

本作は「相撲が超絶流行っている世界」が舞台となっており、主人公「有栖川 恋詠(ありすがわ こよみ)」が相撲部のマネージャーへ就任したことをきっかけに物語が動き始めます。なお彼女は、本当はマネージャーではなく力士として土俵に立ちたいと思うほどの闘争心を秘めているとのこと。そんな主人公が如何なる恋の一番勝負を繰り広げるのか、気になるばかりです。

どうしてもユニークな面に目が行きがちな『イケメン千秋楽』ですが、ゲームデザインなども疎かにしていません。公式ブログでは、快適に遊べる環境を構築する姿勢を垣間見ることができます。例えば決定ボタンひとつをとっても、テンポを重要視する場面では「押した瞬間に決定」、重要な場面では咄嗟のやり直しがきく「離した瞬間に決定」と、2種類の仕様を盛り込むこだわりぶりを明かしています。

ユニークな部分はとことん突き詰め、システム面に関しては丁寧に積み上げられている『イケメン千秋楽』。本作は鋭意制作中ですが、興味が湧いた方は現在公開中の体験版を遊んでみてはいかがでしょうか。ゲーム内時間の4月とキャラルート分岐後の5月を楽しむことが可能です。こちらをプレイしながら、続報を待ちましょう。

◆『イケメン千秋楽』ストーリー


―――国技「相撲」が絶大な人気を誇るようになった日本。道を歩く人の半数以上が廻し姿、トップアイドルも相撲の力量が必要とされる時代。

舞台は、全国でも有数の進学校である八卦宵(はっけよい)高校の相撲部。とある事情から、マネージャーとして入部することになった主人公、有栖川恋詠(ありすがわこよみ)。

11月の全国大会で優勝するのを目標として、日々活動に励む八卦宵高校相撲部。彼女は部員と練習の日々を過ごしながら、彼らの内面に少しずつ触れていく……。

「どうして相撲は流行り始めたの?」

ふいに抱いた彼女の疑問。それは、この世界に隠された物語の始まりに過ぎなかった――

「さぁ、土俵に上がろう。物語の千秋楽を、君と迎えるために」

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 声優・石塚運昇さん死去―「ポケモン」オーキド博士、「ペルソナ4」堂島刑事など

    声優・石塚運昇さん死去―「ポケモン」オーキド博士、「ペルソナ4」堂島刑事など

  2. コミケ3日目の美女コスプレイヤーまとめ 酷暑を吹き飛ばす圧倒的美しさ!【C94】

    コミケ3日目の美女コスプレイヤーまとめ 酷暑を吹き飛ばす圧倒的美しさ!【C94】

  3. 【コミケ94】これは撮らずにはいられない! 最終日に会場を沸かせたネタ系コスプレイヤーまとめ

    【コミケ94】これは撮らずにはいられない! 最終日に会場を沸かせたネタ系コスプレイヤーまとめ

  4. 毎週ゲストを招待!バーチャルレポーター・インサイドちゃんの定期配信番組がスタート

  5. ガンダムシリーズ最新作「NT」11月30日劇場公開! 新キービジュアル&特報映像が到着

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. 圧倒的な透明感!中国屈指の人気コスプレイヤー・小柔SeeUに訊く中国と日本のコスプレの違い

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. 『アークザラッド』シリーズで一番好きな作品は?結果発表ー圧倒的差をつけて『II』が1位に【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る