人生にゲームをプラスするメディア

恐怖もバージョンアップする映画「青鬼 ver.2.0」に、中川大志や平祐奈などが出演決定

その他 全般

恐怖もバージョンアップする映画「青鬼 ver.2.0」に、中川大志や平祐奈などが出演決定
  • 恐怖もバージョンアップする映画「青鬼 ver.2.0」に、中川大志や平祐奈などが出演決定
  • 恐怖もバージョンアップする映画「青鬼 ver.2.0」に、中川大志や平祐奈などが出演決定
  • 恐怖もバージョンアップする映画「青鬼 ver.2.0」に、中川大志や平祐奈などが出演決定
  • 恐怖もバージョンアップする映画「青鬼 ver.2.0」に、中川大志や平祐奈などが出演決定
  • 恐怖もバージョンアップする映画「青鬼 ver.2.0」に、中川大志や平祐奈などが出演決定

AMGエンタテインメントは、映画「青鬼 ver.2.0」に出演するキャストを発表しました。

多くのユーザーに恐怖を与えたPC向けフリーゲーム『青鬼』は、AKB48の入山杏奈さんを主演に昨年映画化を果たし、高い関心と多くの来場者を記録しました。その第2弾であり更なる劇場展開となるのが、今夏公開予定の映画「青鬼 ver.2.0」です。

本作の主演は、TVドラマ「家政婦のミタ」の長男・阿須田翔役をはじめ、「水球ヤンキース」や「地獄先生ぬ~べ~」など、立て続けにレギュラー出演を果たした若手俳優・中川大志さん。なお中川さんは、本作が映画初主演となります。

また、「奇跡」や「紙の月」といった名監督の映画に多数出演し、CMや雑誌でも大活躍中の平祐奈さんがヒロイン役に、そして「仮面ライダードライブ」のブレン役や中国で放送中の歴史ドラマ「武媚娘伝奇」にて支持を得ている松島庄汰さんが、主人公ひろしの相棒となる卓郎を演じます。

このほかにも、CanCam専属モデルの久松郁実さん、第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト ファイナリストの勧修寺玲旺さん、「ガリレオ」や「超能力研究部の3人」などに出演を果たしたタモト清嵐さんら、フレッシュな新世代キャストが集結しています。


キャスト陣の一新を迎え、新たな風が注がれる映画「青鬼 ver.2.0」。本作への注目も高まるばかりですが、今回の発表を受けてニコニコ生放送での青鬼イベントも決定。本日2月3日は前作「青鬼」の特別上映会を開催、明日2月4日には映画「青鬼 ver.2.0」撮影現場密着生中継を実施し、刺激的な展開を遂げる『青鬼』の魅力をオンライン上で味わうができます。

中川さん、平さん、松島庄汰さん、そして前川英章監督からのコメントも到着しているのでこちらも見逃さずチェックし、今日と明日のニコニコ生放送に備えておいてください。

◆ニコニコ生放送 ニコニコ生放送


・2月3日節分特別上映 映画「青鬼」 みんなでマメコメをぶつけよう!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv208622913
(有料配信となります。視聴にはネットチケット 600ポイント(円)が必要です)

・2月4日映画「青鬼 ver.2.0」全世界初公開!撮影現場からの生中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv208584683

◆コメント


■中川大志さん コメント

大人気ゲーム青鬼の映画に、主演ひろし役で参加させて頂くということで、プレッシャーはありますが、それ以上に楽しみな気持ちでいっぱいで、今からワクワクしています。

自分自身、小さい頃からホラーが苦手で、こういった作品をあまり見てこなかったので、少し不安はありますが、出演する側になったからには、観ていただく方に、ハラハラドキドキ、最高に怖がって頂けるような作品にしたいと思います! スタッフ、キャストの皆さんと一丸となって、撮影に挑みたいと思いますので、楽しみに待っていて下さい!

■平祐奈さん コメント

今回「青鬼 ver.2.0」ヒロイン・安奈役をさせて頂けること、とても光栄に思います。前回の青鬼を見てドキドキハラハラとっても怖く目を瞑る程でした。この恐怖の世界へ私も挑ませて頂けるんだなぁ~とワクワクしています。

出演者の皆さんと楽しんで撮影に励みたいと思います。大きなスクリーンから青鬼があなたを引っ張りますよぉ~。ご期待ください。

■松島庄汰さん コメント

今回「青鬼」という作品に参加させて頂くことを心から楽しみにしている反面、素晴らしい原作の映画化ということや、青鬼とのお芝居(VFX)に正直不安はありますが、考え過ぎず役者として「青鬼」の世界観を感じて、全力で挑んで行きたいと思います。

原作を愛する多くのファンの方を裏切らないように、「青鬼」の持つパワーをしっかり映画で表現し、ご覧になる皆さんに感じて頂ける様に頑張ります!!

■前川英章監督 コメント
本作は、part2ではなくver.2.0。つまり続編ではなく、バージョンアップです。今度はフワッティーも参戦し、膨れ上がった恐怖に、ひろしたちはどう立ち向かうのか。一新したキャストにも期待ください。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


映画「青鬼 ver.2.0」は、今夏全国ロードショーです。

(C) 2015 noprops・黒田研二/「青鬼 ver.2.0」製作委員会
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

    佐賀県庁公式サイトに「ロケット団」の求人案内が出現―詳細は10月25日の生中継にて明らかに

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 【昨日のまとめ】『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは?、『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず…など(10/17)

    【昨日のまとめ】『FGO』×「ローソン」キャンペーン開催決定、『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』最初のパートナーは?、『PUBG』新規パッチリリースは次回以降正式版まで行わず…など(10/17)

  4. 【特集】ゲーマーがイライラする10の要素

  5. 【総力特集】『可愛い洋ゲー女子に萌えー!』10選

  6. 『DARK SOULS』アストラの上級騎士スタチューの工場製作版ビジュアルが公開!

  7. インパネ液晶で『テトリス』をプレイできるロシア製トラックの映像が海外で話題に

  8. 最新作『新甲虫王者ムシキング』ロケテレポ!進化した筐体やバトルシステムをチェック

  9. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  10. 【特集】「無性に殴りたくなるゲームキャラ」10選

アクセスランキングをもっと見る