人生にゲームをプラスするメディア

コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート

その他 アーケード

『ポッ拳』ロケテ
  • 『ポッ拳』ロケテ
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート
  • コントローラーでプレイする『ポッ拳』の基本システムをお届け!その奥深さを感じたロケテレポート


バンダイナムコゲームスは、アーケードゲーム『ポッ拳 POKKE'N TOURNAMENT』のロケーションテスト(以下ロケテ)を1月30日~2月1日の3日間、namcoラゾーナ川崎店とnamco梅田店で実施します。



インサイドでは、ロケテ初日となる1月30日のnamcoラゾーナ川崎店を取材。筆者が到着した時には整理券配布が終了しており、早くも長蛇の列が。残念ながらプレイすることはできませんでしたが、現地で配布されたパンフレットと参加者の感想をもとに、基本システムなどをお届けします。

◆基本システム




アーケードゲームではありますが、コンシューマーゲーム機に似たコトンローラーを使用します。そのためプレイ感覚はアクションゲームに近く、カメラ操作を必要としないため、『大乱闘スマッシュブラザーズ』や『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』をプレイする感覚に近いかもしれません。



バトルの特徴としては、特定の行動を取る事で操作や動きが変わる「フェイズ」と呼ばれるシステムが採用されています。フェイズには2種類あり、特定の攻撃を当てると、近距離攻撃特化の「デュエルフェイズ」へ。その後、一定以上攻撃がヒットすると、遠距離攻撃特化の「フィールドフェイズ」に交代します。



また、攻撃は「通常攻撃→つかみ攻撃→ブロック攻撃→通常攻撃」という3すくみになっており、フェイズによる“バトルスタイルの切り替え”と“攻撃の読み合い”がバトルを熱くしそうです。

この他のシステムとしては、一定時間パワーアップする「共鳴バースト」、共鳴バースト中に1度だけ使える強力な攻撃「バーストアタック」、複数のポケモンから選べる「サポートポケモン」というシステムを確認することができました。

詳しくは次のページでご紹介します。

《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

    【昨日のまとめ】Steam版『ニーア オートマタ』半額セール、『PUBG』バランス調整/アタッチメント改善を予告、『FGO』リリース1000日突破キャンペーンがを4月24日に実施…など(4/23)

  3. テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

    テンセント、『フォートナイト』中国向け提供を正式発表ー約16億円を投じて違法コピー規制、e-Sports展開を目指す

  4. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  5. 「平成の海援隊」が提案する“ゲームによる地域の活性化”─DeNA Games Tokyoと尾崎知事がその狙いを語る

  6. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  7. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  8. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  9. サバイバルゲームは現代人に飢えを思い出させてくれる ─ そしてその楽しみは“一瞬のきらめき”【コラム】

  10. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

アクセスランキングをもっと見る

1